ゲームのジャケット写真

ノルマンディー上陸から、ヨーロッパの戦史に残る数々の戦場をプレイヤーは駆け抜ける!「キャンペーンモード」、「マルチプレイヤーモード」、「協力プレイモード」の3つのモードを収録。追加コンテンツも次々リリースされる人気FPS『コール・オブ・デューティ WW2』の裏技・小技・テクニックをまとめました。

ジャンル:シューティング、発売日:2017/11/03、発売会社:株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

ジャンプ撃ちのコツ

BO3やIWのような飛べることが前提になっているゲームでは、とりあえず飛んで敵の攻撃が当たりにくいようにした上で撃つ、というのは常套手段でした。しかし、コール オブ デューティではそうはいきません。ひらけた場所でジャンプし続けても、走るのが遅くなるばかりか敵軍に見つかりやすくなってしまうので、いいことなしです。では、どのようなシーンでジャンプ撃ちを使えばよいのでしょうか?

本作品でジャンプ撃ちをうまく生かせる場面は、建物の入口や曲がり角といった場所です。ただ走って相手の前に現れるよりもジャンプして飛び出す方が、相手がエイムを合わせにくくなるので、非常に好都合です。また、ジャンプ撃ちの後に伏せを加えるのも効果があります。ジャンプして飛び出してからの伏せうちは、今作では大いに活躍するでしょう。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=1RUcfZY6A3M&has_verified=1

自分に合う感度の見つけ方

操作方法やタイミングは何度もプレイすればつかめてくると思いますが、感度も自分に合った設定にすると快適さがぐんと上がります。最近のコール オブ デューティシリーズでは低感度でプレイする人が増えています。それは、高感度だと遠くの相手の狙い撃ちや、空中の敵に対するエイムの微調整が難しくなってしまうからです。

ただし、低感度が常にいいのかというと、必ずしもそうとは言い切れません。それは、地上戦のときに、入り組んだ土地や複雑な構造の建物に侵入する際にある程度高い感度が必要になるからです。地上戦では、相手の位置や他の戦士の悲鳴、足音など周囲の情報をもとに、正確に敵の位置を予測する能力が求められます。1対1になりやすいゲームとは異なり短時間で複数の敵に応戦する必要があり、さらに空中に逃げる戦法がとれない作品では、ある程度高感度でないと周りの動きについていけません。

このような事情を踏まえた上でおすすめしたい感度は、6〜10の中・高感度です。もちろんこのあたりの感度のデメリットとして、遠くにいる敵に照準を合わせにくくなるということが指摘できますが、低感度の状態では、至近距離の敵に遭遇した場合に対応できなくなる可能性が高いです。おすすめの感度を参考に、自分に合った設定を見つけてくださいね。

エイムの合わせ方のコツ

敵が建物内にいることが見えれば、入口や窓などからクロスヘアを合わせて敵に狙いを定めましょう。クロスヘアとは、L1ボタンを押さずに武器を構えている状態のときに画面中央に出ている白い十字のことです。

発砲までの手順は基本的に、クロスヘアを合わせる、L1でエイム、Rスティックで照準を合わせる、R1で撃つという流れになります。敵が現れそうな所にあらかじめクロスヘアを置いておくことで、照準を合わせるときの距離をできる限り狭めることができます。エイムを合わせるのが苦手な方は、このようにしてエイムを合わせる距離を削ってみましょう。

分かれ道など、どちらから敵が向かってくるかわからない場合は、ちょうどその中間地点にクロスヘアを合わせておき、敵が出現した瞬間に合わせるという戦法が効果的です。

相手の思考を読むのが鍵!

空中に逃げたり特殊能力を使ったりできない本作品では、移動距離や手段が限られているため、狭いスペース、短い時間で多くの敵に対応できるように準備しておく必要があります。エイムを上達させることはもちろんですが、相手がどこからどのように攻撃してくるかを予測する能力も大切です。相手が出てきてから応えるのではなく、相手の行動を常に予測するクセをつけておくようにしましょう。

いかがでしたか?今回は、コール オブ デューティ WW2のコツをご紹介しました。この記事を参考に、自分に合った感度やクロスヘアをうまく使って地上戦に素早く対応できるように、テクニックを磨いてみてください。

コール・オブ・デューティ WW2の作品情報

コール オブ デューティ ワールドウォー2のジャケット写真

発売日
2017/11/03
ジャンル
シューティング
開発会社
株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
GEOで購入!
コール・オブ・デューティ WW2のユーザ評価

評価数:372件
評価 :★★★★☆(4.2/5)

クチコユーザのコール・オブ・デューティ WW2の評価
  • やはりCoDといったら地上戦!
    今作は第二次世界大戦が背景なだけあって、泥臭いリアルで生々しい戦争が如実に描写されています。
    BO3等のような未来戦ならではのスタイリッシュ差やファンタジー感は皆無ですが、近年の作品には無かった緊張感のある戦闘が楽しめると思います。
  • 安定した面白さ。
    原点回帰したCODはまさに面白いの一言。
    洗練されたマルチプレイや濃厚なストーリーはあたかも自分が主人公になった気分にさせてくれる
  • アクティビジョンがこの3年間の、3作品のcodは自信持って売れると宣言したうちの第1作目、WW2。近未来FPSを捨てて原点回帰した今作は私が知る限りここ最近では1番の出来だと感じている。

参考URL
・youtube.com