ゲームのジャケット写真

どこに行くのも、何をするのも、冒険のすべてがプレイヤー次第!『ゼルダの伝説』ならではの「謎解きの楽しさ」、「特徴的なキャラクター」、「重厚なストーリー」はもちろん、「自由度の高さ」や、「広大な世界」などの要素が大きな特徴となっています。

ジャンル:任天堂キャラクター、発売日:2017/03/03、発売会社:任天堂株式会社

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

ストーリーその1.百年の眠りから目を覚ますリンク

今回はオープンワールドで自由度の高い『ゼルダの伝説 ブレス オブ ワイルド(以下、ブレス)』のストーリーを、最も王道的な流れに沿ってまとめてみました。

「目を覚まして」。謎の声に導かれてリンクは祠の中で目を覚まします。だが彼は一切の記憶を失っているのです。祠から出たリンクに謎の老人が現れます。老人の正体はかつてのハイラル王。魂だけの存在になっても、王国を思いこの世にとどまり続けていたのです。ハイラル王はリンクに100年前の「大厄災」について語りはじめます。

ハイラル王国は古来より魔王ガノンの厄災との間で戦いを繰り返してきましたが、100年前の「大厄災」と呼ばれる襲撃によって、ハイラル王国は滅亡してしまいます。なぜなら、魔王ガノンの闇の力によって、4体の神獣(雷の神獣ナポリス・水の神獣ルッタ・風の神獣メドー・炎の神獣ルータニア)と自立無人兵器ガーディアンが乗っ取られてしまったからです。

そしてリンクの仲間であり、神獣を操っていた4人の英傑達も戦いによって命を落としてしまいます。ただひとり生き残ったリンクも深手を負ってしまいますが、ゼルダ姫は治癒させるためにリンクを「回生の祠」に収めると、自らの封印の力でガノンの脅威を抑え込みます。そして100年後の今もゼルダ姫はハイラル城に残り、ガノンの復活を阻止し続けているのです。

ストーリーその2.「記憶探し」の旅としての『ブレス オブ ワイルド』

『ブレス』をプレイする上で忘れてはいけないのが、ガノンに乗っ取られた神獣を取り戻すことと、そして、リンクの記憶を探すことです。この章では後者の点について解説していきます。

リンクの「記憶探し」で重要なのが、まるでスマートフォンのような見た目のシーカーストーンというアイテム。MAPとして使えるだけではなく、各地の祠を巡ることで様々な機能が追加されます。

リンクの「記憶探し」で使うのはアルバム機能です。アルバムの中に「ウツシエの記憶」という12枚の風景写真が入っており、その場所を訪れることでリンクの記憶が回復します。

先を急ぎ過ぎると、つい疎かにしてしまいがちな要素ではありますが、ぜひともコンプリートを目指してください。というのも『ブレス』には真のエンディングがあり、これを見るためには、このミッションの解決が不可欠だからです。

ストーリーその3.4体の神獣の奪還、伝説の剣マスターソードの入手まで

真のエンディングを見るためにもう一つ必要なのが、神獣をすべて解放することです。 ガノンに操られている神獣には、100年前リンクとともに戦った4人の英傑の魂が囚われており、神獣を解放することにかつての仲間と再会を果たすことができます。

また、神獣の奪還とともに、伝説の退魔の剣、マスターソードも手に入れましょう。マスターソードはガノンを倒すのに必要なアイテム。ハイリア森林の奥地、コログの村という場所の中心部に刺さっています。

剣を抜くためには、試練を克服した際にもらえるハートの数が13個以上必要なのでしっかりゲームをやり込んでおきましょう。

ストーリーその4.ガノンとの対決、そしてエンディング

変わり果てたハイラル城を見据えながら、リンクはゼルダ姫のことを思い出します。

ガノンを封印する力が中々開花せず、悩んでいたゼルダ姫、そして彼女や英傑達との修行の旅。ですが修行の成果が出ないまま、ガノンが復活してしまいます。街は壊滅し、英傑達は次々に力尽き、リンクも瀕死の重傷を負ってしまうのです。

その時、ゼルダ姫の封印の力がついに開花します。リンクを回生の祠に運び、マスターソードをコログの森に隠したゼルダ姫は、100年後の今までひとりガノンを封印し続けているのです。

リンクが過去の記憶を思い出すとともに、ガノンの封印が解かれます。二形態に変身するガノンに苦戦するリンク。それでも最後は再会した英傑達と完全に覚醒したゼルダ姫の力によって、ガノンをふたたび封印することに成功するのです。そしてゲームはエンディングを迎えます。

「ありがとうリンク…ハイラルの勇者」。解き放たれたハイラル城を後景に、ゼルダ姫がリンクに静かに語り続けます。そして最後に「私を覚えていますか」。 この台詞の後、「ウツシエの記憶」と神獣の解放。この二つのミッションが達成されていれば、プレイヤーは真のエンディングを見ることができます。

リンクの「記憶探し」に重点を置かなくても、『ブレス』はクリア可能です。それでもリンクの失われた記憶を集めながらプレイすると、最後のエンディングは一層感動的なものになります。これから購入する方は、ぜひこの点を踏まえてゲームをプレイしてみてください。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドの作品情報

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドのジャケット写真
発売日
2017/03/03
ジャンル
アクションRPG
開発会社
任天堂
GEOで割安に購入!
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドのユーザ評価

評価数:1081件
評価 :★★★★☆(4.5/5)

クチコユーザのゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドの評価
  • 間違いなく人生でNo.1のゲームとなりました! きめ細かいオープンワールド。RPGでよくある、建物の隙間や、手前に見えない壁がある。それが全くない!唯一登れない祠の中の遺跡の壁もやり方によっては上まで上がれるし。行けないとこはないんじゃないかな。目的地につく前に気になるものが有りすぎて道草食ってばかり。でもそれが楽しい!毎日発見の連続で、本当に冒険をしているかのようにワクワクします。 リンクは高い所から落ちたり、鹿の体当たりを受けるだけで体力を消費するので、ハートの少ない序盤はすぐ死にますw操作に慣れないうちは、めっちゃ死にますw でも、試練の祠クリア を数こなして行くにつれハートが増え、新しい装備を見つける度にそうそう死ぬことは無くなりますよ。あんなに苦労したボコブリンも遊びながら倒せます。まだクリアはしてません、するのが勿体ない!?まだまだ遊び尽くしますよ!
  • ゼルダシリーズでシームレスなオープンワールド。謎解き要素あり、いつもの戦闘あり、フィールドは広大(洋ゲーと比べないこと!)です。 楽しいですが、寄り道しすぎて飽きたりします! 探索しすぎには注意! ゲーム自体はすごく楽しいのでおすすめします!
  • とても良かったです。 単純にストーリーを進めてもよし、マップをうろうろしてもよしととても自由度の高いゲームでした。一つのゲームをやり込みたいと言う方には特にオススメします。

参考URL
・youtube.com