【もっと評価されるべき】マイナーだけど実は面白いソフト(SFC編)の画像

世の中には数多くの名作と呼ばれるゲームがありますが、その中には日の目を浴びずに埋もれていく作品も。最新機種のゲームであれば、ちょっとしたことがきっかけで一気に人気ゲームになんてことがあるかもしれませんが、レトロゲームの場合はそんなことも期待できません。そこでここではレトロゲーム好きの方のために、スーパーファミコンのソフトのなかでもマイナーだけど実はかなり面白い隠れた名作をご紹介します。

Wizap! ~暗黒の王~

1994年にアスキーから発売されたロールプレイングゲーム。決められたシナリオをクリアしていくというよりは、かなり自由度の高いロールプレイングゲームになっています。プレイヤーは性別や職業を選択しフォートリア王国と呼ばれる国で起こる事件に挑んでいくのですが…。プレイヤーのさまざまな行動でゲーム内の時間が進み、ある一定の時間が進むと世界が滅んでしまう…というゲームのため、気が付けば何もしないまま終わってしまったなんてことも起こりえます。そうならないためには、できるだけ時間をすすめないようにしてクエストなどをクリアしていく必要があります。かなり条件の厳しい難しいゲームですが、試行錯誤しながら難しいゲームを解くのが好きと言う人にとっては中毒性のあるゲームです。

Wizap! ~暗黒の王~のジャケット写真
発売日
1994/09/22
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社アスキー
GEOで購入!

TRAVERSE Starlight&Prairie

1996年にバンプレストから発売されたロールプレイングゲーム。これまでのロールプレイングゲームとは違い、この世界には魔王のような存在がなく、プレイヤーは用意された世界を自由気ままに冒険することができるゲームになっています。マップの移動や戦闘などで時間が経過していき、ゲームのなかで10年たつとエンディングという仕組み。ゲームのなかにはさまざまなイベントが用意されており、どのようにゲームを進めていくかはプレイヤーの自由。ゲームのなかでさまざまな生き方、結末が用意されているゲームになっているため、自由度の高いロールプレイングゲーム好きの方におすすめしたい作品です。

TRAVERSE Starlight&Prairieのジャケット写真
発売日
1996/06/28
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社バンプレスト
GEOで購入!

ザ・ファイヤーメン

1994年にヒューマンから発売されたアクションゲーム。プレイヤーは消防士となり、全6面のステージクリアを目指します。放水機と消化爆弾を駆使しながらビルのなかの火災を鎮火していき、各ステージに用意されたボスのような火を消せばステージクリア。プレイヤーが操作するキャラクター以外にも、プレイヤーが直接操作することができないサポート役のキャラクターが存在するのもこのゲームの特徴。火を消していくだけでも気持ちよさがクセになる中毒性のあるアクションゲームです。

ザ・ファイヤーメンのジャケット写真
発売日
1994/09/09
ジャンル
アクション
発売会社
ヒューマン株式会社
GEOで購入!

ブラックソーン 復讐の黒き棘

1994年にコトブキシステムから発売されたアクションゲーム。このゲームはブリザード・エンターテイメントが開発したゲームで、ブリザード・エンターテイメントと言えば、「ウォークラフト」や「ディアブロ」などのゲームで有名なメーカー。プレイヤーは主人公を操作し、ダンジョンのような場所を敵を倒しながら進んでいくのですが、なによりもアクションが豊富。最初は特殊な操作にとまどうかもしれませんが、馴れてくるにつれてだんだんとはまってしまうゲームです。リアルな挙動が特徴的なプリセスオブペルシャを彷彿とさせるようなゲームです。

ブラックソーン 復讐の黒き棘のジャケット写真
発売日
1995/08/11
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社ケムコ
GEOで購入!

46億年物語 はるかなるエデンへ

1990年にエニックスから発売されたアクションロールプレイングゲーム。主人公は敵を倒すことで出現する肉を食べ、進化していくというゲームです。小さな魚からはじまり、最終的には人類へと進化するのが目標。その過程で、両生類や爬虫類、鳥類などさまざまな進化をたどることができ、進化に応じてさまざまなアクションが可能になるのもこのゲームの特徴です。ゲームは章仕立てになっており、各章をクリアしていくことでゲームが進みます。進化によって少しづつ強くなっていくのがクセになるゲームです。

46億年物語 はるかなるエデンへのジャケット写真
発売日
1992/12/21
ジャンル
アクション
発売会社
その他メーカー
GEOで購入!

BUSHI 青龍伝 ~二人の勇者~

1997年にT&E SOFTが発売したアクションロールプレイングゲーム。フィールド上では自分がひとつ行動することで敵も同じように行動するというシステムは、わかりやすくいうと「トルネコの不思議なダンジョン」や「風来のシレン」に似たシステム。また、敵のシンボルと接触すると横スクロールの戦闘画面に移行するのも特徴。主人公のアクションもかなり豊富で純粋にアクションロールプレイングとしてかなり面白いゲームです。

BUSHI 青龍伝 ~二人の勇者~のジャケット写真
発売日
1997/01/17
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社ティーアンドイーソフト
GEOで購入!

ファランクス

1992年にケムコから発売された横スクロールシューティングゲーム。このゲームの特徴は自機をパワーアップさせることでさまざまな特殊なショットを打てるようになるだけでなく、その特殊武器をボムとして使用できること。一度通常ショットから特殊ショットにパワーアップすると任意で通常ショットに戻れないのですが、このゲームの特殊ショットが本当に特殊過ぎるため、場合によってはかなり使い辛い場面も。そんな時に特殊ショットをボムとして消費することで通常ショットへ戻ることができます。こういった武器の選択という戦略がこのゲームを面白くしています。ちなみにシューティングゲームとしての難易度はかなり高めです。

ファランクスのジャケット写真
発売日
1992/08/07
ジャンル
シューティング
発売会社
株式会社ケムコ
GEOで購入!

まとめの一言

決して人気がないわけではないけど、話題になるほどヒットしなかった作品の中にも、実は面白い、奥深いソフトはたくさんあります。今回は「もっと評価されても良いのでは?」と感じるスーパーファミコン用ソフトをご紹介しました。一風変わったシステムを採用していたり、コンセプトが秀逸だったりと、他のソフトでは味わえないような爽快感を備えたソフトも。プレイ環境を整えられる方には是非いちどプレイしてみて欲しいソフトばかりです。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局