【プロゲーマーを目指すなら】eスポーツ種目として認定されている格闘ゲームタイトルの画像

最近はビデオゲームが「eスポーツ」として認知され、それを職業とする「プロゲーマー」も増えてきて話題になっています。世界規模の大会では賞金がかなり高額になるので、プロゲーマーを目指したいと思っている方も多いのではないでしょうか。そこで今回はプロゲーマーを目指すなら必ずチェックしておきたい、eスポーツ種目として認定されている格闘ゲームをご紹介します。今回はプレステ4やXboxOneなど、家庭用機でプレイできる作品をピックアップしました。

ストリートファイターV

対戦格闘ゲームというジャンルを確立した伝説的ゲームのシリーズ最新作。eスポーツ種目として世界各所で大会が開かれています。基本システムは前作までと同じですが、スーパーコンボゲージの代わりに「EXゲージ」が登場したり、特殊技を出せる「Vゲージ」など、細かい点で改良が施されています。トッププロがしのぎを削る厳しいゲームですが、腕に自信のある方は小さな大会からでも参戦してみてはいかがでしょうか。

ストリートファイターVのジャケット写真

発売日
2016/02/18
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社カプコン
さらに詳しく見る>

ストリートファイターVのゲオユーザ評価

評価数:453件
評価 :★★★☆☆(3.6/5)

ゲオユーザのストリートファイターVの「絶賛」レビュー・評価
  • アーケードエディションということで、目玉はもちろんアーケードモードですが、これが最高です。ストリートファイターシリーズをなぞっているのでストーリーを知っているとより楽しめます。
ゲオユーザのストリートファイターVの「辛口」レビュー・評価
  • スト6は日本で作ってくれ。とにかく違和感しか無い。これから改善して良くなって行くと思うが、このような完成度で発売したカプコンに不信感を拭えない。せっかく格ゲーがスポーツとして盛り上がってきた矢先に非常に残念でならない。

ザ・キング・オブ・ファイターズXIV

「餓狼伝説」や「龍虎の拳」など、SNKのキャラクターが総登場する対戦格闘ゲームの人気シリーズ。国内大会はもちろん、世界大会も開かれている人気ゲームです。3対3のチーム戦で戦うのがこのゲームの特徴で、先に相手チームを全員倒したほうが勝ちとなります。今作は「シュンエイ」という新キャラクターを主人公にした新シリーズで、この先何作かシリーズ化されていくようです。

ザ・キング・オブ・ファイターズXIVのジャケット写真

発売日
2016/08/25
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社SNKプレイモア
さらに詳しく見る>

ザ・キング・オブ・ファイターズXIVのゲオユーザ評価

評価数:197件
評価 :★★★☆☆(3.5/5)

ゲオユーザのザ・キング・オブ・ファイターズXIVの「絶賛」レビュー・評価
  • 2D格闘ゲームが好きな人には、オススメです。登場キャラとかも、かなり多いので、いろんなキャラを使えば、かなり長期的に楽しめる作品になってます。
ゲオユーザのザ・キング・オブ・ファイターズXIVの「辛口」レビュー・評価
  • コマンド入力の入りが、過去作とぜんぜん違うので過去作のコマンド入力感覚でいると 一部の技が出にくい。 あと弱パンチ連打してたらオートで、 超必殺技がでるというくだらない システムが新規で入ってるのでこれは過去作やってる人からしたら酷い。 あと、追加キャラがいるけど 購入なのが残念。 過去作みたいに条件みたしたらでる 隠しキャラ扱いにして欲しかった。

マーベル VS. カプコン:インフィニット

スパイダーマンやハルクなどマーベルのキャラクターと、リュウやチュンリーなどカプコンのキャラクターが戦う対戦格闘ゲーム。今作は2対2で戦うシステムになっています。大会は世界規模のものも開催されており、世界のトッププレイヤーたちがしのぎを削っています。「オートコンボ」など初心者向けのサポート機能が充実しているので、プロゲーマーを目指す方だけでなく、格ゲー初心者にもおすすめです。

マーベル VS. カプコン:インフィニットのジャケット写真

発売日
2017/09/21
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社カプコン
さらに詳しく見る>

マーベル VS. カプコン:インフィニットのゲオユーザ評価

評価数:76件
評価 :★★★☆☆(3.4/5)

ゲオユーザのマーベル VS. カプコン:インフィニットの「絶賛」レビュー・評価
  • もともとマーベルが好きで購入したのですが、インフィニティストーンとかキャラクターの細かいところとか再現されていてとても興奮しました。
ゲオユーザのマーベル VS. カプコン:インフィニットの「辛口」レビュー・評価
  • キャラ数は前作よりも減っているのに、戦闘前後の掛け合いも少ない。さらに、カプコン側のキャラクターの日本語吹き替えもない。前作よりも劣化していると断言できる。キャラクターのチョイスもなんか微妙だし。千円以下なら購入を考えるレベルのゲーム。

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL

ピカチュウやマリオなど、任天堂の人気キャラたちが熱いバトルを繰り広げる対戦アクションゲーム。ニンテンドー64時代から数えて通算6作目となる最新作で、過去作品のキャラクターが総登場するスペシャル版となっています。相手を倒すのではなく、フィールドから相手をはじき飛ばすと勝ちというのがこのゲーム独自のルール。大会はプロ向けから子供向けまで幅広く開催されています。

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALのジャケット写真

発売日
2018/12/07
ジャンル
任天堂キャラクター
発売会社
任天堂株式会社
さらに詳しく見る>

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALのゲオユーザ評価

評価数:657件
評価 :★★★★☆(4.5/5)

ゲオユーザの大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALの「絶賛」レビュー・評価
  • スマッシュ入ると気持ちいい。ダメージがとても強く、キルしやすい。少しむずかしい感じだったけど、達成感がとても良かった。
ゲオユーザの大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALの「辛口」レビュー・評価
  • スマブラの最新作ずっと待ってたから凄い嬉しいけど、操作方法の映像が初心者には分かりにくいのと、スピリッツモードが作業ゲーかつ、単調過ぎて途中で飽きてくるし、1ヶ所で増えるキャラが少ないのも…。 ストーリー映像が少ないのも減点。

鉄拳7

ストリートファイターなどとともに格闘ゲーム界を支えてきたロングセラーシリーズの最新作。前作のシステムをベースに、「パワークラッシュ」や「レイジアーツ」などの要素が追加されています。「EVO Japan」などの大きな大会だけでなく、各地方でも頻繁に大会が開かれる人気ゲーム。「日本eスポーツ連合」によるプロライセンスも発行されています。

鉄拳7のジャケット写真

発売日
2017/06/01
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
さらに詳しく見る>

鉄拳7のゲオユーザ評価

評価数:209件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

ゲオユーザの鉄拳7の「絶賛」レビュー・評価
  • 最高レベルです。難易度も初心者に配慮した対策もなされてますね オフラインでも楽しめますが、本領はオンラインでしょう。ps4なら、キャラも全出ししてほしかったです。 豪鬼が出たのは、スト2ファンなら大喜びですね。新しいシステムも使いやすく、爽快感あり、 買って損なし。

DEAD OR ALIVE 6

「バーチャファイター」などとともに3D格闘ゲームを引っ張ってきたロングセラーシリーズ。2019年に入ってテスト版がリリースされ、3月1日に正式リリースとなった最新ゲームです。賞金総額1000万円の「DEAD OR ALIVE 6 World Championship」の開催も決定しており、これからどんどん盛り上がっていくでしょう。

DEAD OR ALIVE 6のジャケット写真

発売日
2019/03/01
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社コーエーテクモゲームス
さらに詳しく見る>

ソウルキャリバーVI

武器を使ったバトルが魅力の対戦格闘ゲーム。「EVO Japan」を始めとする大規模な大会が開催されている人気ゲームです。「ソウルチャージ」や「リバーサルエッジ」など、シンプルな操作で高度な戦術が楽しめるのがこのゲームの魅力。格闘ゲームは難しそうという初心者の方でもとっつきやすくなっています。初心者から上級者まで幅広く楽しめるゲームです。

ソウルキャリバーVIのジャケット写真

発売日
2018/10/18
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
さらに詳しく見る>

まとめの一言

今回はeスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)の種目として認定されている作品で、格闘ゲームが得意な方におすすめのタイトルをご紹介しました。ゲーム好きなら、プロゲーマーという職業に憧れを抱くと思います。興味がある方は、自分にあった作品を見つけて、腕を磨いてみてはいかがでしょうか。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局