【傑作RPG】重厚なシナリオが魅力のRPG(Switch編)の画像

ドラクエ11やファイナルファンタジーシリーズの移植が発表されたりと、2019年はSwitchのRPGがにわかに盛り上がってきているようです。そこで今回はNintendo Switchで遊べる、重厚なシナリオが魅力の傑作RPGをご紹介したいと思います。SwitchのRPGは現状そこまで作品数が多くありませんが、今回はその中からストーリーが秀逸なものを6作品ピックアップしました。様々な世界観のゲームが登場しますので、お気に入りを見つけてみてください。

テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTER

2008年にプレステ3とXbox360で発売されたRPGのリメイク。古代技術によって栄える世界を舞台に、正義をテーマにしたストーリーが展開されていきます。テイルズシリーズの魅力であるアニメ調のグラフィックは大幅に進化。今まで以上に美しくなりました。Switch版は当時配信されたダウンロードコンテンツも収録しているので、今遊ぶならこちらが断然オススメです。

テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTERのジャケット写真

発売日
2019/01/11
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
さらに詳しく見る>

テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTERのゲオユーザ評価

評価数:17件
評価 :★★★★☆(4.6/5)

ゲオユーザのテイルズ オブ ヴェスペリア REMASTERの「絶賛」レビュー・評価
  • テイルズシリーズでSwitchが出たということで購入しました。ps3などにくらべてやはり起動が楽です。携帯ゲームということでテレビゲームよりキャラを近く感じれて嬉しいです。

ゼノブレイド2

2010年にWiiで発売されたRPGの続編。世界の中心にそびえ立つ「世界樹」の上にあるという「楽園」を目指す物語です。グラフィックはアニメ調で、シリアスなストーリーながら随所にギャグなどのコミカル要素が入っています。テイルズシリーズあたりが好きな方ならハマる世界観です。ストーリーだけでなく、ムービーやBGMの良さもこのゲームの魅力となっています。

ゼノブレイド2のジャケット写真

発売日
2017/12/01
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
任天堂株式会社
さらに詳しく見る>

ゼノブレイド2のゲオユーザ評価

評価数:224件
評価 :★★★★☆(4.2/5)

ゲオユーザのゼノブレイド2の「絶賛」レビュー・評価
  • ストーリーが楽しく、つい時間を忘れてやり込んでしまってます。最近では珍しいほどの長編ストーリーだったと思います。サブストーリーも豊富でやり込み要素やっぷりなところも良いところ! ただ、、説明書なく、チュートリアルも見直せない!といったところはマイナスでした。 トータルでは満足いく作品だと思います。

オクトパストラベラー

8人の主人公が織りなす重厚なストーリーが魅力のRPG。ドット絵とCGを融合した独自のグラフィックが魅力で、ポリゴンともトゥーンレンダリングとも違うレトロゲームっぽい雰囲気を味わえます。コマンド選択式のバトル、アビリティやジョブのシステムなど、全体的にどこか懐かしい感じがするゲーム。昔のFFやロマサガあたりが好きな方ならハマると思います。

オクトパストラベラーのジャケット写真

発売日
2018/07/13
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スクウェア・エニックス
さらに詳しく見る>

STEEPのゲオユーザ評価

評価数:107件
評価 :★★★★☆(4.4/5)

ゲオユーザのSTEEPの「絶賛」レビュー・評価
  • 主人公が多く、ストーリーも盛りだくさんです。ゲームシステムはよくある2DRPGで新しいのにどこか懐かしさを感じるグラフィックでストーリーにも引き込まれました。

UNDERTALE

2015年にパソコンで発売され大ヒットしたRPGの移植。非常に作り込まれたストーリーで話題になった作品です。モンスターの住む地下帝国に迷い込んだ人間が、モンスターたちと触れ合いながら冒険をし地上への帰還を目指します。ファミコンを彷彿とさせるドット絵のグラフィック、弾幕シューティング風の個性的な戦闘システムなど、シナリオ以外の面でも特筆すべき点が多い作品です。

UNDERTALEのジャケット写真

発売日
2018/09/15
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
ハチノヨン
さらに詳しく見る>

UNDERTALEのゲオユーザ評価

評価数:17件
評価 :★★★★☆(4.5/5)

ゲオユーザのUNDERTALEの「絶賛」レビュー・評価
  • グラフィックに頼らず、ドット絵でここまで心に強く残る作品があるでしょうか…?
    プレイ前に他の方のプレイ動画を何本も見ていたのですが、どうしても自分の手で楽しみたく、購入してしまいました。やり込めばやり込むほど面白く、味のあるキャラクター達が皆愛おしい。
    そして何より、BGMが素晴らしい!!8bitゲームミュージック好きには堪らないはずです。

戦場のヴァルキュリア4

戦場を舞台にした人間ドラマが魅力のシミュレーションRPG。アクション要素のある戦闘システムが特徴で、戦略だけでなくバトルの腕も必要になってきます。手描きの水彩画のような独自のグラフィックも魅力の一つ。戦場という過酷な世界をやわらかく繊細なタッチで描いています。今までのシリーズの経験をもとに、さらに洗練させた集大成といえる良作です。

戦場のヴァルキュリア4のジャケット写真

発売日
2018/09/27
ジャンル
シミュレーション
発売会社
株式会社セガゲームズ
さらに詳しく見る>

戦場のヴァルキュリア4のゲオユーザ評価

評価数:39件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

ゲオユーザの戦場のヴァルキュリア4の「絶賛」レビュー・評価
  • 長らく待ってた続編、期待通りの出来でした。ストーリー性、操作性ともに完成度が高く満足できる作品でした。

ロストスフィア

星の記憶によって作られている世界が、記憶の喪失によって消えていく「ロスト現象」をテーマにしたRPG。やわらかく幻想的な世界観が魅力の作品です。人と触れ合ったり書物を読んだり、モンスターの記憶を手に入れたりすることで失われた世界を取り戻していきます。戦闘はFFなどでおなじみのアクティブタイムバトルを進化させたシステム。「クロノトリガー」あたりのレトロRPGが好きな方ならハマる作品です。

ロストスフィアのジャケット写真

発売日
2017/10/12
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スクウェア・エニックス
さらに詳しく見る>

ロストスフィアのゲオユーザ評価

評価数:30件
評価 :★★★☆☆(3.5/5)

ゲオユーザのロストスフィアの「絶賛」レビュー・評価
  • 昔のスクエニのRPGですが、序盤から先の読めない展開が続き、気付いたら長時間プレイしていました。戦闘のテンポが遅いですが、それ以外は特に悪い点もないです。少し進めば、足が速くなったり、敵のHPが見える様になったりと、どんどん快適になる様に作られています。ストーリーについては触れないので、実際にプレイして自分の目で確かめて下さい。

まとめの一言

Nintendo Switchで遊べる、重厚なシナリオが魅力の傑作RPGを紹介しました。RPGの名作=シナリオが良い!そんなイメージがあります。Switchでは名作の移植、リメイク作品が多く発売しているので、どれもシナリオが魅力的だと思います。これから遊ぶのであればSwitch版がオススメです。気になった作品があればチェックしてみてください。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局