【年代別名作紹介!】1983年~1985年発売の名作スポーツゲーム(FC編)の画像

最新のゲーム機がどんどん発売される時代になりました。最近ではスマホでもアプリをインストールすれば外にいてもゲームをプレイする事が可能です。スマホアプリでは最新のゲームから懐かしいゲームが揃っておりとても便利です。しかしやはり時々、懐かしいゲーム機でゲームをしたいと思う事はありませんか?特にファミコンが発売された時は世の中に衝撃を与えるものがありました。今回はそんな懐かしいファミコンの名作スポーツゲームを、年代別でご紹介していきます。

ベースボール

1983年に任天堂から発売されたベースボールは名前の通り、野球のスポーツゲームです。ファミコン初の野球ゲームなので名前がとても簡単ですし、ゲーム性も最新のものと比べるとかなり劣っています。しかし家にいても野球ができるという点では高評価であり当時は売り切れが多く人気がありました。6チームの中から選ぶ事ができ、これは実際に実在するセ・リーグの球団チーム名です。ジャイアンツ、広島カープ、阪神タイガースなど有名どころを抑えているので野球ファンにとってはかなり嬉しいソフトでした。

ベースボールのジャケット写真

発売日
1983/12/07
ジャンル
スポーツ
発売会社
任天堂株式会社

テニス

1984年に任天堂から発売されたテニスも人気があったスポーツゲームです。名前の通りテニスがプレイできます。これもかなり初期の時代に発売されたものなので、現代のソフトに比べるといたって普通な作品名です。2人プレイが可能ですがプレイヤー同士で対決はできず、相手は常にコンピュータが相手です。2人でプレイしようと思うとダブルスになります。Aボタンで通常ショット、Bボタンでロングショットと当時に比べると2種類のショットがあるというのは貴重で、世をざわつかせた名作スポーツゲームです。

テニスのジャケット写真

発売日
1984/01/14
ジャンル
スポーツ
発売会社
任天堂株式会社

ゴルフ

1984年に任天堂から発売されたゴルフもスポーツゲームです。こちらも名前の通りゴルフをプレイする事ができます。BGMがないという斬新なゲームで、ゴルフならではの緊張感をゲームでも味わえるとゴルフファンからは高い支持を得ていました。全18ホールあるので当時ではかなり優秀であり、風向きや芝目もうまく再現されています。グラフィックこそアナログですがゲーム性は現代でも通用するものがあり、ゴルフゲームの基盤はここで作られたと言ってもいいでしょう。

ゴルフのジャケット写真

発売日
1984/05/01
ジャンル
スポーツ
発売会社
任天堂株式会社

F1レース

1984年に任天堂から発売されたF1レースは名前の通りレースゲームです。レースカーを操作して敵車を避けながらゴールを目指す、いたってシンプルなシステムです。制限時間内に規定回周回る必要があるので、あまりちんたらと走る事はできませんが、普段の車はそこまでスピードを出す事ができないので新鮮味がありました。敵車や障害物があり、それにぶつかってしまうと爆発と同時に停止しタイムロスになってしまうという、今のレースゲームの基盤にもなっているシステムが導入されています。コースアウトする事で失速してしまうのでスポーツゲームの中では結構難しいゲームでした。

F1レースのジャケット写真

発売日
1984/11/02
ジャンル
スポーツ
発売会社
任天堂株式会社

サッカー

1985年に任天堂から発売されたサッカーも、名前の通りサッカーゲームです。現代でこそサッカーは多く普及していますが当時では野球の方が人気であり、サッカーが発売されたのはやや遅めです。その分ゲーム性はしっかりしていて、スタート時にチーム、レベル、ハーフタイムを選択する事ができます。各国の代表チームと戦う事ができ、どの国も実力は同じ設定なので好きな国を選んでも選手の能力に影響しない分、今よりは個人の好みで遊べるゲームです。プレイヤーが操作できるのは選手1人のみで、Bボタンを押す事でその時点で最もボールに近い選手を操作できるようになります。ヘディングが存在しない分、単純にサッカーゲームを楽しめる優秀なソフトです。

サッカーのジャケット写真

発売日
1985/04/09
ジャンル
スポーツ
発売会社
任天堂株式会社

まとめの一言

ファミコンで1983年~1985年に発売された名作スポーツゲームを紹介しました。ファミコン初期のスポーツゲームは当時絶大な人気を誇っていました。子供時代、ファミコンでスポーツのルールを覚えたという方も多いのではないでしょうか。気になる作品があれば、是非チェックしてみてください。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局