【年代別名作紹介!】1983年~1985年発売の名作RPGゲーム(FC編)の画像

最新のゲーム機がどんどん発売される時代になりました。最近ではスマホでもアプリをインストールすれば外にいてもゲームをプレイする事が可能です。スマホアプリでは最新のゲームから懐かしいゲームが揃っておりとても便利です。しかしやはり時々、懐かしいゲーム機でゲームをしたいと思う事はありませんか?特にファミコンが発売された時は世の中に衝撃を与えるものがありました。今回はそんな懐かしいファミコンの名作パズルゲームを、年代別でご紹介していきます。

麻雀

1983年に発売された麻雀は、わざわざ机を出さなくても麻雀をできるという事で人気がありました。通常麻雀は4人で楽しむものですが、これはコントローラーの数もあり2人で対戦という事で新感覚でもあります。ただ麻雀ファンからすると2人での麻雀は微妙、という声もあり好き嫌いが分かれる事もありました。

麻雀のジャケット写真

発売日
1983/08/27
ジャンル
テーブル
発売会社
任天堂株式会社
GEOで購入!

パチコン

1985年に発売されたパチコンはいわゆるパチンコです。釘がしっかりと目視できるので当時では性能がよく人気がありました。現代のような演出はなく、昔ながらの当たりはずれが一目で分かるパチンコを楽しめます。パチコンは人によって好き嫌いが分かれるゲームでしたが、当時は世を賑わせていた事は間違いありません。

パチコンのジャケット写真

発売日
1985/11/21
ジャンル
パチンコパチスロ
発売会社
株式会社EMIミュージック・ジャパン
GEOで購入!

ルナーボール

1985念に発売されたルナーボールはボールゲームですが、ほぼビリヤードです。現代でもビリヤードが家にある家庭がほとんどないので、当時もビリヤードが家にない家庭ばかりです。家でもビリヤードを楽しめるという事でビリヤード好きにはたまらないゲームのひとつです。

ルナーボールのジャケット写真

発売日
1985/12/05
ジャンル
テーブル
発売会社
株式会社ポニーキャニオン
GEOで購入!

ピンボール

1984年に発売されたピンボールは古いながらも玉の動きが鮮明で、今でもプレイ可能だと思います。パズルゲームは終わりがないゲームなので一定時間プレイすると飽きてくるものですが、ピンボールは放つ場所によって毎回変わるので、そういった意味では長く遊べるゲームです。跳ね返りスピードも2種選べるので、簡単な子供向きと難易度の高い大人向きと、1家庭で一緒に楽しめるゲームです。

ピンボールのジャケット写真

発売日
1984/02/02
ジャンル
テーブル
発売会社
任天堂株式会社
GEOで購入!

フラッピー

1985年に発売されたプラッピーもパズルゲームです。青い岩を青い床へと運ぶ、という単調なゲームですが当時は人気がありました。単調ですが青い岩を運ぼうとすると、邪魔をしてくる敵も登場するのでパズルゲームというよりはアクションゲームに近い感覚があります。グラフィックは当時でもきれいだったので今でもまだプレイする事は可能です。

フラッピーのジャケット写真

発売日
1985/06/14
ジャンル
パズル
発売会社
デービーソフト株式会社
GEOで購入!

本将棋 内藤九段将棋秘伝

1985年に発売された本将棋も将棋がベースで作られたパズルゲームです。当時は将棋、というものは身近な遊びであり今でもやりごたえがあるものですが、それをファミコンで実現させる事でさらに将棋の人気が上がりました。内藤九段の実力がそのまま詰まっているのも特徴的です。

本将棋 内藤九段将棋秘伝のジャケット写真

発売日
1985/08/10
ジャンル
テーブル
発売会社
株式会社セタ
GEOで購入!

ロットロット

1985年の年末に発売されたロットロットは2本のスティックを使ってボールを誘導するピンボールに近いパズルゲームです。感覚的にはピンボールですが、ピンボールと違うのは玉の移動方法が違うという点です。ただピンボールの方が人気があったので、現代ではロットロットのようなゲームはあまり見かけません。しかし当時は人気があり名作と言えます。

ロットロットのジャケット写真

発売日
1985/12/21
ジャンル
パズル
発売会社
株式会社徳間書店
GEOで購入!

まとめの一言

ファミコンで1983年~1985年に発売された名作パズル(ボード)ゲームを紹介しました。当時は比較的シンプルなゲーム性の作品がほとんどで、作品名も「麻雀」「ピンボール」などのストレートなものも多いのが特徴です。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局