【年代別名作紹介!】1986年~1990年発売の名作アクションゲーム(FC編)の画像

最近はFPSやオープンワールド型ゲームなどのさまざまなジャンルのゲームが人気ですが、昔は主にアクションゲームが人気を博していました。ファミコン世代の方であれば、やりごたえのあるアクションゲームを繰り返し繰り返し遊んでいたという人も多いでしょう。そこで今回は1986年から1990年の間に発売された名作と呼ぶのにふさわしいファミリーコンピューター専用のアクションゲームをご紹介します。

アトランチスの謎

1986年にサン電子より発売された横スクロールタイプのアクションゲーム。プレイヤーは主人公の「ウィン」を操作し、小型爆弾を使って敵を倒しながら進みます。面クリアタイプのアクションゲームになりますが、ひとつの面を順番にクリアしていくのではなく、フィールド上の扉の出入によって他の面に移動していくのが特徴。1面から2面と順番にクリアしていくのではなく、飛び番で移動していくという変わったシステムになっています。

アトランチスの謎のジャケット写真
発売日
1986/04/17
ジャンル
アクション
発売会社
サンソフト
GEOで購入!

マイティボンジャック

1986年にテクモから発売された横スクロールタイプのアクションゲーム。プレイヤーは主人公の「ジャック」を操作しながらステージをクリアしていきます。地面から天井まで届くほどのジャンプをおこなえるのもこのゲームのアクションの特徴。全256面で構成されており、横スクロールタイプの通路面と固定画面の王家の間によってステージが構成されています。王家の間で火のついた爆弾を最後に取ると、次の通路面を飛ばして王家の間にワープすることができますが、ミスをしてしまうと最後に通常通りにクリアしたステージに飛ばされるといった要素もあるため、手に汗握るプレイを楽しむことができます。

マイティボンジャックのジャケット写真
発売日
1986/04/24
ジャンル
アクション
発売会社
テクモ株式会社
GEOで購入!

魔界村

1986年にカプコンから発売された横スクロールタイプのアクションゲーム。数あるファミコンのアクションゲームのなかでも高い難易度で有名なゲームのため、ストイックな難しさを求める人には現在でも高い人気を誇っています。プレイヤーは主人公のアーサーを操作して、迫りくる敵と戦いながらさらわれた王女救出を目指します。敵の攻撃を受けると鎧が脱げ、パンツ一丁になり、その状態でさらに攻撃を受けるとワンミスというのがこのゲームのルール。また、最初から装備している槍をはじめ、短剣や斧、たいまつに十字架などのさまざまな武器を使うことができるというのもこのゲームの特徴です。

魔界村のジャケット写真
発売日
1986/06/13
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社カプコン
GEOで購入!
ゲオユーザの魔界村の「絶賛」レビュー・評価
  • とにかく難易度が高いですが1人で魔界を進むという意味では適した難易度なのではないでしょうか。 何よりステージの魔界らしさがよく出ていてこれぞ魔界村!って感じがしますね。

がんばれゴエモン!からくり道中

1986年にコナミから発売されたアクションゲーム。コナミの人気シリーズ「がんばれゴエモンシリーズ」の第一作に当たる作品。プレイヤーは主人公のゴエモンを操作して13面で構成された8つの国を西から江戸に向かって進んでいきます。単純にステージの最後まで進んでいくだけでなく、途中に落ちている通行手形を集めないとクリアにならないのもこのゲームの特徴。敵のダメージを受けるとワンミスというゲームが多かった時代のなか、ダメージを受けるとライフが減少し、ゼロになるとワンミスというライフ制になっています。

がんばれゴエモン!からくり道中のジャケット写真
発売日
1986/07/30
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社コナミデジタルエンタテインメント
GEOで購入!
ゲオユーザのがんばれゴエモン!からくり道中の「絶賛」レビュー・評価
  • これにはまった方々はのちのちいろんな機器から発売されたゴエモンシリーズにはまったはず。当時のファミコンの中では画期的でした。最近やったらあまりの画質の悪さにびっくりしましたが、当時としては、縦横両方に動いたり、あとなんといっても迷路。あれは子供のときは意味がわからず十字キーをおしまくっていましたが、傑作ですね。

熱血硬派くにおくん

1986年にテクノスジャパンから発売されたベルトスクロールアクションゲーム。画面内に現れるたくさんの敵を相手に格闘するというアクションゲームになっており、後にキャラクターがデフォルメされた「熱血硬派くにおくんシリーズ」の元祖とも言える作品。プレイヤーは主人公の正義のツッパリくにおを操作し、不良や暴走族を相手に闘っていきます。全4ステージで構成されていおり、攻撃を受けるとライフが減っていくライフ制。簡単な操作でパンチや蹴りだけでなく、つかみ攻撃や馬乗り攻撃、飛び蹴りなどのさまざまな動きができるというところがこのゲームのおもしろさのひとつになっています。

熱血硬派くにおくんのジャケット写真
発売日
1987/04/17
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社テクノスジャパン
GEOで購入!

ロックマン

1987年にカプコンから発売されたアクションゲーム。発売から30年以上経った今でも最新作が発売されているという人気の「ロックマンシリーズ」の第一作。はじめに6つのステージから攻略するステージを選択することができ、各ステージのボスを倒すことで、そのボスが持つ能力を使うことが可能に。敵の動きを止めたり、足場として活用することができたりと、さまざまな武器が登場するのがこのゲームの最大の特徴になっています。

ロックマンのジャケット写真
発売日
1987/12/17
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社カプコン
GEOで購入!
ゲオユーザのロックマンの「絶賛」レビュー・評価
  • ファミコンの時はコントロールがきかないとかあったけどプレステ3でプレイすればワイヤレスだし快適にロックマンを楽しめます。ロックマンシリーズは外れが少ないと思います。

コナミワイワイワールド

1988年にコナミから発売されたアクションゲーム。プレイヤーは主人公のコナミマンとコナミレディを操作して、大魔王ワルダーを倒すのが目的。このゲームの一番の特徴はなんといっても「悪魔城ドラキュラ」をはじめ、「がんばれゴエモン!からくり道中」や「グーニーズ」、「キングコング2」に「月風魔伝」、「グラディウス」に「ツインビー」などのコナミの人気ゲームが一斉に登場するということろ。各ゲームをモチーフとしたステージが用意されており、各ステージにとらわれたキャラクターを救出することで、そのキャラクターを操作することができるようになります。一度で何度もおいしいファミコンの数あるアクションゲームのなかでも、高い人気を誇るアクションゲームです。

コナミワイワイワールドのジャケット写真
発売日
1988/01/14
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社コナミデジタルエンタテインメント
GEOで購入!
ゲオユーザのコナミワイワイワールドの「絶賛」レビュー・評価
  • コナミの人気作品のキャラクター8人が勢ぞろいした横スクロールアクション。ステージ毎に若干の幅はありますが、何度か繰り返しプレイすれば先に進める適度な難易度で遊びやすい作品になっています。お祭り的なソフトながら、それぞれのキャラクターの世界観に合わせたステージやキャラチェンジ時のBGM変更など細かい所にまで手が届いてる良作。

まとめの一言

ファミコンで1986年~1990年に発売された名作アクションゲームを紹介しました。現行機種でもシリーズ作品が発売されているロックマンシリーズや熱血硬派くにおくんシリーズの原点となったソフトでもありますね。Switchなどでダウンロード販売されているソフトもありますので、気になった方はプレイしてみてください。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局