【年代別名作紹介!】1986年~1990年発売の名作シミュレーションゲーム(FC編)の画像

戦争を題材とした「ウォーシミュレーションゲーム」をはじめ、会社や人材を育て発展させる「経営・育成シミュレーションゲーム」、実在する乗り物などの操縦を仮想空間でおこなえる「実機シミュレーションゲーム」など、ひとことでシミュレーションゲームといってもさまざまな種類のジャンルが存在します。最近でもまだまださまざまなシミュレーションゲームが登場しており、未だに人気のゲームジャンルのひとつ。そこでここでは、1986年から1990年に発売された懐かしの名作シミュレーションゲームをご紹介します。

ナポレオン戦記

1988年にアイレムから発売されたシミュレーションゲーム。リアルタイム制で進むのがこのゲームの一番の特徴でプレイヤーはフランス軍を率いて各ストーリーを攻略していきます。部隊は一定時間ごとに一マスずつ進んでいきますので、進行方向を変えたりしながら敵を倒していくのが目的です。途中で兵を補強したり、街で歩兵を増強することも可能。全7ストーリーをクリアすればエンディングとなります。歩兵や鉄砲兵、砲兵に工兵、騎兵などのさまざまな兵種を使い分けていくのが攻略のカギとなっています。

ナポレオン戦記のジャケット写真
発売日
1988/03/18
ジャンル
シミュレーション
発売会社
アイレムソフトウェアエンジニアリング株式会社

信長の野望 全国版

1988年にコーエーから発売された歴史シミュレーションゲーム。日本のシミュレーションゲームのなかでは一番有名だと言っても過言ではないほどの人気作品。織田信長が活躍した戦国時代を舞台としたゲームで、プレイヤーは好きな戦国大名を選び、他の戦国大名の国を奪っていき全国を統一するのが目的です。また、戦争以外にも開墾や治水、町づくりなどをおこない国を繁栄させていくのも重要。これ以降、現在でも続編にあたるゲームが発売されており、コーエー(現コーエーナムコゲームズ)を代表するゲームのひとつとなっています。さまざまな歴史シミュレーションゲームの礎となったゲームと言っても過言ではない作品です。

信長の野望 全国版のジャケット写真
発売日
1988/03/18
ジャンル
シミュレーション
発売会社
株式会社コーエー

ベストプレープロ野球

1988年にアスキーから発売された野球シミュレーションゲーム。これまで発売されてきたプレイヤーが選手を操作して戦う野球ゲームとは違い、プレイヤーは監督となり、代打や継投の指示をはじめ、盗塁や守備シフトなどのさまざまな指示をだしてペナントレースを勝ち進んでいきます。今となっては当たり前のように存在するスポーツシミュレーションゲームですが、当時はかなり画期的だったゲーム。選手の名前や能力を自由にエディットできるというのもこのゲームの特徴です。

ベストプレープロ野球のジャケット写真
発売日
1988/07/15
ジャンル
スポーツ
発売会社
株式会社アスキー

ファミコンウォーズ

1988年に任天堂から発売されたウォーシミュレーションゲーム。兵器の生産をはじめ、敵拠点や都市の占領、敵の壊滅などを目的とした正統派のウォーシミュレーションゲームになっています。登場するユニットや勢力の種類も少なく、簡易的なルールなどシミュレーションゲーム初心者でもとっつきやすいゲーム。全16面をクリアするとエンディングを見ることができます。当時は兵隊さんが「ファミコンウォーズがでーるぞ」と歌いながら訓練をするコマーシャルが印象的でした。

ファミコンウォーズのジャケット写真
発売日
1988/08/12
ジャンル
シミュレーション
発売会社
任天堂株式会社

大戦略

1988年にボーステックから発売されたウォーシミュレーションゲーム。六角形のマスで区切られた戦場を舞台に、さまざまな兵器を駆使しながら都市や空港、最終的には敵の首都を陥落させることが目的になります。14種類の航空機や戦車などの兵器が登場し、兵器同士にはそれぞれ相性が、さらには地形による効果もあるなどかなり本格的なウォーシミュレーションになっています。もとはパソコン版の大戦略の移植版ですが、家庭用ゲーム機ということもあり、かなり簡素化されたつくりにはなっています。

大戦略のジャケット写真
発売日
1988/10/11
ジャンル
シミュレーション
発売会社
株式会社ボーステック

三國志

1988年にコーエーから発売された歴史シミュレーションゲーム。今や「信長の野望」とともにコーエーナムコゲームズの二大巨頭となった大人気歴史シミュレーションシリーズ。魏・呉・蜀の三国が台頭した中国の三国志の時代を舞台に、信長の野望のような敵国の占領、内政をおこないながら中国大陸統一を目指します。信長の野望との大きな違いはどこの勢力にも占領されていない空白地の存在と、配下の人材の有無。プレイヤーは戦争、内政以外にも優秀な人材を登用することでゲームを優位に進めることができ、このシステムはのちの信長の野望にも採用されています。

三國志のジャケット写真
発売日
1988/10/30
ジャンル
シミュレーション
発売会社
株式会社コーエー

半熟英雄

1988年にスクウェアから発売されたリアルタイムシミュレーションゲーム。これまで発売されてきたシミュレーションゲームの多くは、プレイヤーと敵が交互に行動をおこなうターン制が多かったなか、このゲームはプレイヤーと敵が同時に行動するリアルタイム制になっています。このゲームの最大の特徴は「たまご」から「エッグモンスター」を召喚することができるということ。謎のお祈りをすることで、強くてカッコいいエッグモンスターから使えないカッコ悪いエッグモンスターまでさまざまな種類のモンスターが用意されています。見た目のコミカルさとは裏腹に、かなり難易度の高いシミュレーションゲームになっています。

半熟英雄のジャケット写真
発売日
1988/12/02
ジャンル
シミュレーション
発売会社
株式会社スクウェア

まとめの一言

ファミコンで1986年~1990年に発売された名作シミュレーションゲームを紹介しました。この頃はファミコン全盛期といえる時代で多くのソフトが発売されました。シミュレーションゲームのジャンルの幅も広がり、楽しみ方も増えました。お気に入りの作品は見つかりましたでしょうか。気になる作品があれば、是非チェックしてみてください。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局