【年代別名作紹介!】1986年~1990年発売の名作パズルゲーム(FC編)の画像

パズルゲームの定番と言えばテトリスやぷよぷよなどを思い浮かべる人も多いかと思いますが、最近ではそういったゲームをやったことがない、もしくは知らないという人も増えてきているかもしれません。確かに最新の家庭用ゲーム機でパズルゲームというジャンルのゲームは少なくなってきてはいますが、まだまだスマホのアプリゲームなどでは人気のジャンルのひとつ。そこでここでは、そんなパズルゲームの先駆けとなった1986年から1990年の間に発売されたファミコン専用のパズルゲームをご紹介します。

アルカノイド

1986年にタイトーから発売されたパズルゲーム。いわゆるブロックくずしというジャンルのゲームで、プレイヤーはバウス(ラケット)を操作してボールをはじき返し、画面内のブロックを壊していきます。画面内のブロックをすべて壊せばステージクリアで、全33ステージ。ボールをはじき返せずに画面の下に落としてしまうとミスというのが、このゲームの基本的なルールです。すごく単純なゲームですが、何度もボールを当てないと破壊できないブロックや、破壊不可能なブロックがあったり、ブロックを壊した際に現れるボールのスピードが遅くなったり、バウスが長くなったりするアイテムの存在がゲームを面白くしています。専用のダイヤル式のコントローラーが付いているの特徴的でした。

アルカノイドのジャケット写真
発売日
1986/12/26
ジャンル
パズル
発売会社
株式会社タイトー

上海

1987年にタイトーから発売されたパズルゲーム。ランダムに積み上げられた合計144枚の麻雀牌のなかから同じ種類の牌を選んで、麻雀牌をどんどん取り除いていくというのが、このゲームの基本的な流れ。ただし、その牌の左右に隣接する牌がある場合や、上に牌が乗っている場合は取り除くことができないため、左右と上が空いた牌を順番に選んでいく必要があります。そうやって144枚すべての牌を取り除くことができればステージクリアとなりますが、牌がまだ残っている状態なのに取り除ける牌がないという状態になるとゲームオーバーになってしまうため、いかに先を読みながら牌を取り除いていくかがカギになってきます。さまざまなゲーム機種で発売され続けている人気のパズルゲームシリーズのひとつです。

上海のジャケット写真
発売日
1987/12/04
ジャンル
パズル
発売会社
サン電子株式会社

テトリス

1988年にBPSから発売されたパズルゲーム。おそらくパズルゲームの代表作と言われると、このゲームを頭に思い浮かべる人が多いのではないかというくらいの人気をはくしたゲームのひとつです。四つの正方形を組み合わせて作られたさまざまな形のブロックが上から落下、それを回転させながらうまく組み合わせ、1つの段をブロックで埋め尽くすとその段のブロックが消滅するというのがこのゲームの基本的な遊び方になっています。同時に多くの段のブロックを消すことで高得点を狙えますので、いかにブロックをためて消すかというのも重要な要素。ただし、ブロックを消せずに最上段までたまってしまうとゲームオーバーになってしまいます。単純ながら奥深い、今でも人気のパズルゲームです。

テトリスのジャケット写真
発売日
1988/12/22
ジャンル
パズル
発売会社
株式会社ビーピーエス

キャデラック

1990年にヘクトから発売されたパズルゲーム。上から次々に落ちてくるトランプのカードでポーカーの役を作って消していくというルールになっており、難易度はかなり高め。5×5マスのフィールドが用意されており、縦横どちらでも役を作ることができます。ただしポーカーの役といっても、必ずしも5枚並べて消す必要があるという訳ではなく、3枚以上揃えることができれば消すことができます。こうして最終的には計52枚のトランプすべてを消すことが目的です。カードを交互に落としていくという対戦プレイも遊ぶことができます。

キャデラックのジャケット写真
発売日
1990/02/02
ジャンル
パズル
発売会社
株式会社ヘクト

ハットリス

1990年にBPSから発売されたパズルゲーム。2個一組で上から落ちてくる帽子を積み重ねていき、同じ種類の帽子を5つ揃えると消すことができるといったパズルゲーム。テトリスと同じように、積み重ねた帽子が最上段まで到達するとゲームオーバーになりますが、帽子の種類によって帽子の高さや積み重ねた時の高さが違うのが特徴です。そのため、同じ帽子を積み重ねることができない状況の場合、いかに高さを抑えて帽子を積み重ねていくかが攻略のポイントになります。名前からもピンときた人もいるかと思いますが。テトリスの開発者と同じ人が考案したパズルゲームです。

ハットリスのジャケット写真
発売日
1990/07/06
ジャンル
パズル
発売会社
株式会社ビーピーエス

ドクターマリオ

1990年に任天堂から発売されたパズルゲーム。テトリスの台頭によって当時大人気だった落ちものパズルゲームを任天堂の人気キャラクターマリオを使って作られたゲームになっています。画面上のビンのなかにいるウイルスを上から降ってくるカプセルを使って退治していくという内容のゲームになっており、3種類の色のなかから二種類の色の入った6通りの組み合わせのカプセルをうまく回転させながら同じ色を組み合わせていきます。ウイルスを含め、同じ色のカプセルを4つ以上つなげれば消すことができ、ビンのなかのすべてのウイルスを消すことでステージクリア。医師の恰好をしたマリオが特徴的なパズルゲームです。

ドクターマリオのジャケット写真
発売日
1990/07/27
ジャンル
任天堂キャラクター
発売会社
任天堂株式会社

まとめの一言

ファミコンで1986年~1990年に発売された名作パズルゲームを紹介しました。シンプルな操作で地味にはまってしまうのがパズルゲーム。シンプルだからこそ何年経っても変わらず楽しめると思います。気になる作品があれば、是非チェックしてみてください。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局