【年代別名作紹介!】1990年~1994年発売の名作レースゲーム(FC編)の画像

ファミコンのレースゲームは疑似3Dやトップビューが中心で、今のゲームと比べるとかなり古臭さを感じます。しかも90年代はハードがスーファミに移行する時代で、リリースされるファミコンソフトも少なくなっていきます。今回はそんな1990年から1994年に発売された、ファミコンの名作レースゲームをご紹介。任天堂の「F1レース」や「ジッピーレース」などから始まった、ファミコンレースゲームの集大成ともいえる作品たちを見ていきましょう。

F1サーカス

トップビューのF1レースゲームの良作。非常にスピード感のあるレース展開が特徴となっています。慣れないうちはコースアウトばかりしてしまいますが、慣れてきてうまくコース取りできるようになると、緊張感と爽快感で非常に楽しくなってきます。タイヤやウイングなど、パーツを細かくカスタマイズできるのも魅力。集中力と反射神経が問われる、かなり上級者向けの作品です。

F1サーカスのジャケット写真

発売日
1992/02/07
ジャンル
スポーツ
発売会社
日本物産株式会社

ファミリーサーキット’91

ナムコの人気レースゲームの91年バージョン。遊びやすいトップビューのF1レースゲームです。スピード感がありカーブが急に迫ってくるので、コースを覚えるまではコースアウトの連続になってしまいます。何度も走ってコースを覚え、コース取りを修正していく覚えゲーの要素も強い作品です。他の車とぶつかってもすり抜けてクラッシュしないので、その点は初心者向けだといえます。

ファミリーサーキット'91のジャケット写真

発売日
1991/12/20
ジャンル
スポーツ
発売会社
株式会社ナムコ

F-1 SENSATION

疑似3DタイプのF1レースゲームの良作。コナミ最後のファミコンソフトです。チーム名やサーキット名、選手名などが全て実名で登場するのも当時はうれしい点でした。コースのタイプによってマシンのセッティングを変えたり、レース中にピットインしてパーツを交換したりと、リアルさを追求した作りになっています。ファミコン初期の任天堂「F1レース」と比べると随分と進化を感じます。

F-1 SENSATIONのジャケット写真

発売日
1993/01/29
ジャンル
スポーツ
発売会社
株式会社コナミデジタルエンタテインメント

フェラーリ Grand Prix Challenge

知名度はあまり高くありませんが、ファミコン後期の良作レースゲームの一つです。オーソドックスな疑似3DのF1レースゲーム。スピード感がありカーブをうまく曲がるには反射神経がいります。コース中にオイルが落ちていて踏むとスリップしたりと、リアルさよりもゲームとしての面白さを重視しています。BGMがカッコいいのも高評価です。

フェラーリ Grand Prix Challengeのジャケット写真

発売日
1992/11/13
ジャンル
スポーツ
発売会社
株式会社ココナッツジャパンエンターテイメント

中島悟監修F1ヒーロー2

F1レーサー中島悟が監修したF1レースゲーム。疑似3Dのオーソドックスなタイプです。本物のF1同様、16コースを戦ってシーズン優勝を目指します。ABボタン同時押しによる「スピード維持」が特徴。コーナーをうまく走る時に重要なテクニックです。レース中のBGMがないのはさびしいですが、エンジンやタイヤ音だけが響くのがかえってリアル感をかき立てます。

中島悟監修F1ヒーロー2のジャケット写真

発売日
1991/09/27
ジャンル
スポーツ
発売会社
株式会社バリエ

スーパースプリント

レトロ感満載の固定画面のレースゲーム。トップビューのレースゲームといえば、この時代でもすでにスピーディーにスクロールするタイプが主流です。しかしこのゲームはさらに一昔前の感じの、ミニチュア感のある固定画面となっています。ミニカーが走り回っているような、ちまちました画面が楽しいゲームです。コース中を竜巻がうろうろするトラップも懐かしさを感じさせます。

スーパースプリントのジャケット写真

発売日
1991/08/03
ジャンル
スポーツ
発売会社
株式会社アルトロン

ダッシュ野郎

懐かしい雰囲気のトップビューのバイクレースゲーム。1990年発売のゲームですが、80年代前半くらいの雰囲気がただよう作品です。アーケードの移植作ですが、アーケード版とはかなり違った内容になっています。今遊ぶとさすがに古くさいですが、「ジッピーレース」のような雰囲気が好きな方なら、一度プレイしてみると楽しいかもしれません。

ダッシュ野郎のジャケット写真

発売日
1990/06/15
ジャンル
スポーツ
発売会社
株式会社ビスコ

アストロ・ファング

ミサイルで敵の車をガンガン壊す、独特な世界観の疑似3Dレースゲーム。ファミコン初期に「マッハライダー」という、同じくミサイルで敵を倒すレースゲームがありましたが、それに近い雰囲気のゲームです。コース後半にはボスキャラまで登場し、もはやレースなのかシューティングなのか分からなくなります。いわゆる「バカゲー」が好きな方なら一度プレイしておきたい作品です。

アストロ・ファングのジャケット写真

発売日
1990/10/26
ジャンル
スポーツ
発売会社

エキサイティング・ラリー

ラリーをモチーフにしたトップビューのレースゲーム。レース当日の天気によって、車をうまくカスタマイズするのが攻略のコツです。コースは急カーブが多い作りで、ある程度覚えてないとうまく走行できないようになっています。F1サーカスのような、何度もやられながら上達していくタイプが好きな方ならハマるかもしれません。

エキサイティング・ラリーのジャケット写真

発売日
1992/04/24
ジャンル
スポーツ
発売会社
株式会社科研

まとめの一言

ファミコンで1990年~1994年に発売された名作レースゲームを紹介しました。ファミコン後期のソフトはクオリティも上がって、独特の世界観があったり、今プレイしても楽しめそうですね。レースゲームに慣れていないと、つい、力が入って顔や体まで動いてしまいますよね。気になる作品があれば、是非チェックしてみてください。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局