【年代別名作紹介!】1990年~1995年発売の名作RPGゲーム(SFC編)の画像

新しいゲーム機が発売される度、サウンドやグラフィックの進化には目を見張るものがありますよね。そして、1990年に発売されたスーパーファミコンにおいては、ファミコンからの進化に驚いた人が多いのではないでしょうか。ミニスーファミの発売が話題になったのも、当時スーパーファミコンに夢中になった人が多いからでしょう。今回は、独断と偏見ではありますが、1990年から1995年に発売された名作RPGを紹介します。ちょっと懐かしい気持ちにひたりながら読んでみてください。

ドラゴンクエストV 天空の花嫁

1992年にSFCで発売後、何度も様々な機種に移植されている名作中の名作ともいえるRPG。結婚イベントがあることで有名な作品ですが、誰を花嫁に選ぶかで悩んだ人も多いのでは?ちなみに、DSにもドラクエVは移植されていますが、DS版では新たに花嫁候補が一人追加されています。ストーリーの面白さはもちろん、ちいさなメダル集めなどのやりこみ要素もある作品でした。

ドラゴンクエストV 天空の花嫁のジャケット写真
発売日
1992/09/27
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社エニックス
GEOで購入!
ドラゴンクエストV 天空の花嫁の評価

評価数:23件
評価 :★★★★☆(4.7/5)

ゲオユーザのドラゴンクエストV 天空の花嫁の「絶賛」レビュー・評価
  • 仲間に出来るモンスターが豊富なのがいいですね。レアなモンスターは仲間になりにくく、根気よくやる必要があります。ストーリーもドラクエで一番素晴らしいのがⅤだと思います!

クロノ・トリガー

過去、現在、未来を行き来し、世界を破滅に導く存在を倒すストーリーで、1995年に発売されています。クリア後に強いステータスを維持したまま初めからプレイできる「強くてニューゲーム」モードが解放されることや、複数のエンディングが用意されているため、ついつい何度もプレイしたくなってしまうゲームでした。鳥山明氏がデザインしたキャラクターも魅力的です。

クロノ・トリガーのジャケット写真
発売日
1995/03/11
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スクウェア
GEOで購入!
クロノ・トリガーの評価

評価数:118件
評価 :★★★★☆(4.8/5)

ゲオユーザのクロノ・トリガーの「絶賛」レビュー・評価
  • 数々のロープレの中でも上位になる作品ですね。ストーリーはもちろん、ゲーム好きなら誰でも聞いた事のある曲や個性的なキャラクターの数々。 ゲームクリア後の遊びや、エンディングの内容にも楽しめる要素が沢山あります!何度遊んでも楽しめるゲームです。
ゲオユーザのクロノ・トリガーの「辛口」レビュー・評価
  • とても面白く当時のスクウェアの大作と言っていいような作品です。しかし欠点がないわけではありません。当時のRPGとしては余りにも難易度が簡単すぎました。びっくりするくらいのヌルゲーです。

聖剣伝説2

1993年に発売されたRPG。ドラクエやFFのようなコマンド式ではなく、アクションゲームの要素もあるゲームで人気がありましたが、バグの多さも当時話題になりました。ちなみに、聖剣伝説2を含む聖剣伝説コレクションがSwitchから発売されているので、(重大なバグについては修復済み)またプレイしてみたい!という人におすすめです。

聖剣伝説2のジャケット写真
発売日
1993/08/06
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スクウェア
GEOで購入!

天外魔境ZERO

ジパングと呼ばれる日本のような世界を舞台にした作品で、1995年に発売されました。この作品を選んだ理由は、ゲームの世界の中の時間と現実の世界の時間がリンクしている作品だから。設定した誕生日になるとお祝いしてもらえたり、決まった時間しか出会えないイベントがあったり、とプレイする楽しみがあるゲームでした。ドラクエやFFに比べると誰もが知っているRPGではないかもしれませんが、やりごたえのある名作です。

天外魔境ZEROのジャケット写真
発売日
1995/12/22
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社ハドソン
GEOで購入!

トルネコの大冒険 不思議のダンジョン

ドラゴンクエストIVに登場するトルネコを主人公にした作品で、武器屋の店主となったトルネコが不思議なダンジョンを冒険するストーリー。探検する度にダンジョンの地形が変わるという当時では異色なゲームシステムで、何度でも遊べるゲームとして人気を集めました。ダンジョンを探検してアイテムをゲットしても、バトルで死んでしまうとロストしてしまう厳しめの設定です。1993年に発売されました。

トルネコの大冒険 不思議のダンジョンのジャケット写真
発売日
1993/09/19
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社チュンストア
GEOで購入!
トルネコの大冒険 不思議のダンジョンの評価

評価数:5件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

ゲオユーザのドトルネコの大冒険 不思議のダンジョンの「絶賛」レビュー・評価
  • 不思議のダンジョンの原点。シリーズファーストタイトル故の調整不足は、運に左右される場面が多く難易度が高いですが、それを経験で培ったテクニックで乗り越えた時の満足感はその後の続編にはない特徴です。ゲームはビジュアルでは無いとあらためて感じます。1000回遊べるRPGのキャッチコピーに偽りはありません。

ファイナルファンタジーIV

1991年に発表された作品で、ドラクエVと同じく様々な機種に移植されています。アクティブタイムバトルというシステムを採用しており、プレイヤー側が行動を選択している間にも攻撃されるなど、臨場感のあるバトルが特徴的。キャラごとにスキルや装備できる武器なども決められてしまっているため、弱いキャラと強いキャラの差が激しく、きちんと戦闘時の役割を考えないとなかなかボスに勝てない、という特徴もありました。

ファイナルファンタジーIVのジャケット写真
発売日
1991/07/19
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スクウェア
GEOで購入!
ファイナルファンタジーIVの評価

評価数:44件
評価 :★★★★☆(4.4/5)

ゲオユーザのドトルネコの大冒険 不思議のダンジョンの「絶賛」レビュー・評価
  • 個人的にはFF黄金期の中興の祖ともいうべき作品。 王道ストーリー、温かいグラ、親しみやすいキャラ、印象的な敵、綺麗で切ないBGM。全てがものすごく心地良い。

MOTHER2 ギーグの逆襲

1994年に発売された作品で、糸井重里氏がシナリオを担当しています。未来からきた生き物から地球の侵略を企むギーグの存在を知った少年が、仲間と協力してギーグを倒すストーリー。続編は発売されていませんが、独特な世界観のゲームであり、今なお熱狂的なファンがいる名作です。作中には、クスっと笑ってしまうような小ネタも度々でてきます。

MOTHER2 ギーグの逆襲のジャケット写真
発売日
1994/08/27
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
任天堂株式会社
GEOで購入!
ゲオユーザのMOTHER2 ギーグの逆襲の「絶賛」レビュー・評価
  • キャラクターが可愛く、会話もユーモアのあるキャラクターばかりで非常に魅力的。更に音楽、グラフィックもこっています。ストーリーも素晴らしい。主人公の少年はしゃべりませんがストーリーが進むにつれ少年の成長がよく分かります。欠点が見当たりません。

ロマンシング サガ2

フリーシナリオが当時話題だった作品。闇落ちしてしまったかつての英雄たちを皇帝が代々力を継承しながら倒すストーリーで、1993年に発売されました。HPとは別に設定されているキャラのライフポイントがゼロになってしまうと消滅してしまう厳しめの設定や、戦闘中にひらめくことで技を覚えていくゲームシステムが特徴的な作品です。

ロマンシング サガ2のジャケット写真
発売日
1993/12/10
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スクウェア
GEOで購入!
ゲオユーザのロマンシング サガ2の「絶賛」レビュー・評価
  • 王位継承システムが面白い。戦闘中に技を閃くシステムがこれまた最高に面白い。七英雄のデザインも素晴らしい。永遠に色褪せない面白さがあります。

まとめの一言

スーパーファミコンで1990年~1995年発売された名作RPGゲームを紹介しました。1980年後半頃から熱狂的なRPGブームがあり、数多くのRPGソフトが発売されました。移植版やリメイク版が発売されているものもありますので気になるものがあれば、是非チェックしてみてください。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局