【年代別名作紹介!】1994年~1996年発売の名作パズルゲーム(PS編)の画像

最新のゲーム機がどんどん発売される時代になりました。最近ではスマホでもアプリをインストールすれば外にいてもゲームをプレイする事が可能です。スマホアプリでは最新のゲームから懐かしいゲームが揃っておりとても便利です。しかしやはり時々、懐かしいゲーム機でゲームをしたいと思う事はありませんか?特にプレイステーションが発売された時は世の中に衝撃を与えるものがありました。プレイステーションの人気は高く、ゲーム機自体も最新型が多く出回っています。今回はそんなプレイステーションの名作パズルゲームを、年代別でご紹介していきます。

TAMA

1994年に発売されたTAMAはいわば玉転がしゲームです。主人公という概念はなく、玉をひたすら転がしてゴールに導くゲームです。パズルゲームという地味なジャンルではあるものの、単調なゲームシステム、本格的な3Dでの玉転がしなので、ゲームが苦手な方でも楽しめるとして人気のあった名作です。特にゲームが苦手な方はうまく玉を転がす事ができず混乱するものの、慣れが一番反映されやすいのがパズルゲームです。慣れてくるとうまく転がせるようになり、自身の成長過程が見えるのでついついやりこんでしまう、そんなパズルゲームです。

TAMAのジャケット写真

発売日
1994/12/03
ジャンル
アクション
発売会社
その他メーカー
GEOで購入!

ツインビー対戦ぱずるだま

1994年に発売されたツインビー対戦ぱずるだまも名作パズルゲームです。アーケードゲーム版が最初に登場しており、そちらも一緒に収録されています。ゲームタイトルにもあるように対戦なので、友人との対戦プレイはもちろんコンピュータとの対戦も可能です。逆に言えばソロプレイが不可能で、友人と対戦かコンピュータと対戦の2択しかありません。対戦ぱずるたまに登場するキャラクターはとてもユニークでクセのあるキャラクターが多いです。連鎖消しが起こるたびに派手なアクションがあるのも魅力のひとつです。玉の色によって役割が違うので、最初は役割を覚えるのが大変です。覚えてしまうと操作方法は簡単なので、ついやりこんでしまう。そんな名作パズルゲームです。

ツインビー対戦ぱずるだまのジャケット写真

発売日
1994/12/09
ジャンル
パズル
発売会社
株式会社コナミデジタルエンタテインメント
GEOで購入!

ジグソーワールド

1995年に発売されたジグソーワールドもパズルゲームです。名前の通りジグソーパズルをするソフトです。1人でジグソーパズルを作るふつうにジグソーモードと、2人対戦ができる対戦ジグソーモード、またストーリーに沿ってコンピュータと対戦するジグソーの国のアリスモードの計3つのモードが導入されています。遊べる種類の多さももちろんですが、100枚以上のイラストが収録されているのも魅力のひとつです。全てを完成させるには1日では到底無理ですし、難易度も3段階に分かれており、一番簡単な25ピース、標準的な96ピース、最も数の多い150ピースから選ぶ事ができます。まずは簡単な25ピースから始め、イラストをコンプリートしても次は96ピース、その次は150ピースと、100枚以上のイラストを3回楽しむ事ができます。現実でパズルをするとなると、広げる場所もとりますし、あまりパズルの数が増えると飾る場所にも困りますがゲームだと場所をとらないので、人気がありました。

ジグソーワールドのジャケット写真

発売日
1995/02/03
ジャンル
パズル
発売会社
株式会社日本一ソフトウェア
GEOで購入!

上海 万里の長城

1995年に発売された上海万里の長城もパズルゲームです。積み上げられた麻雀牌の山から、ある一定のルールに従い牌を取り除いていきます。同じ絵柄の牌を2枚選ぶ事によってその牌を取り除く事ができるのですが、牌の数は多く絵柄すべてが見えている牌しか選択する事ができません。ゲーム性はソリティアとよく似ており、全て取り除く事ができればクリア、1つでも残ってしまえばゲームオーバーです。基本的に一人で楽しむ事ができるパズルゲームですが、どちらの方が早く牌を取り除く事ができるか競う、対戦モードも導入されています。プレイヤーの手助けとしてヒントも利用できます。まずはヒントを使いながらゆっくり牌をとり、自信がついてきたら時間制限ありモードをプレイしてもいいでしょう。

上海 万里の長城のジャケット写真

発売日
1995/03/24
ジャンル
パズル
発売会社
株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
GEOで購入!

ぐっすんおよよ

1995年に発売されたぐっすんおよよも名作パズルゲームです。画面内に登場するぐっすんとおよよをゴールまで導くというゲームです。テトリスに似たゲーム性なので、すぐ呑み込めるのも魅力でした。通常のパズルゲームと違うのは、落ちてくるブロックの出現パターンがランダムな事。明確な攻略法が存在しないので、このソフトひとつで長く楽しむ事ができます。プレイヤーができる事は落ちてくるブロックをを操作し、ぐっすんとおよよの足場に積み上げる事、また不要になった足場を破壊する事、また敵も登場するので、ぐっすんとおよよの邪魔をする敵をブロックを使って足止めする事です。単調なゲームですが意外と難易度が高く、ゲーマー向けといえるパズルゲームです。

ぐっすんおよよのジャケット写真

発売日
1995/04/21
ジャンル
パズル
発売会社
株式会社エクシング

まとめの一言

プレイステーションで1994年~1996年に発売された名作パズルゲームを紹介しました。一度ハマってしまうと、つい時間を忘れて遊び続けてしまうそんな中毒性の高いパズルゲーム。暇つぶしにも最適です。今はスマホで手軽に遊ぶことができますが、友達同士で集まって大きな画面で対戦するのもいいですよね。気になる作品があれば、是非チェックしてみてください。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局