【年代別名作紹介!】1996年~1998年発売の名作RPGゲーム(N64編)の画像

最新のゲーム機がどんどん発売される時代になりました。最近ではスマホでもアプリをインストールすれば外にいてもゲームをプレイする事が可能です。スマホアプリでは最新のゲームから懐かしいゲームが揃っておりとても便利です。しかしやはり時々、懐かしいゲーム機でゲームをしたいと思う事はありませんか?特にニンテンドー64が発売された時は世の中に衝撃を与えるものがありました。今回はそんなニンテンドー64の名作RPGゲームを、年代別でご紹介していきます。

スーパーマリオ64

1996年に発売されたスーパーマリオ64は名作RPGゲームです。多く出回っているマリオシリーズの1つでありストーリーは、ある日マリオの元へピーチ姫から城への招待状が届き城へ向かうと、クッパに占領されピーち姫やピノキオ達は絵の世界へ閉じ込められてしまうというところから始まります。城を守るパワースターを取り返すため、マリオは絵の世界へ冒険に向かいます。最後のゴール地点へ到達する事だけがクリア条件ではなく、フィールドのどこかに隠されたパワースターを見つけ最終的にはボスを倒す事がステージごとのクリア条件となっているため、今までのマリオシリーズよりは完全クリアに少し時間がかかってしまう傾向にあります。しかしゲームの操作方法は変わらないため、マリオシリーズを長くプレイしている方はすぐにのみこめる名作ソフトです。

スーパーマリオ64のジャケット写真
発売日
1996/06/23
ジャンル
任天堂キャラクター
発売会社
任天堂株式会社
スーパーマリオ64のゲオユーザ評価

評価数:7件
評価 :★★★★☆(4.3/5)

ゲオユーザのスーパーマリオ64の「絶賛」レビュー・評価
  • 誰でも簡単にプレイできるゲームです。攻略ステージが多く、長く楽しめます。簡単操作ですが、攻略にはテクニックが必要だったり、一見見落としがちな、ところもあったりして、楽しいゲームだと思います。

ワンダープロジェクトJ2 コルロの森のジョゼット

1996年に発売されたワンダープロジェクトJ2コルロの森のジョゼットも名作RPGゲームです。ストーリーは博士によってつくられた最新型のロボット、ジョゼットは、博士の古い知り合いのプレイヤーさんにお世話になりなさい、と博士から命じられプレイヤーと共に暮らす事になります。プレイヤーは世間知らずのジョゼットの世話をし、育てて行くいわば育成ゲームです。このソフトではゲーム内でジョゼットに話しかける事でおおまかな事は確認できるものの、ステータス数値というものが存在しません。まるで本当に世話をし、育てているような感覚になるためとても人気があり、名作ソフトとなりました。

ワンダープロジェクトJ2 コルロの森のジョゼットのジャケット写真
発売日
1996/11/22
ジャンル
アドベンチャー
発売会社
株式会社エニックス

ドラえもん のび太と3つの精霊石

1997年に発売されたドラえもんのび太と3つの精霊石も名作RPGゲームです。人気アニメのドラえもんが題材となっており、ひとつの映画のような感覚で楽しめます。妖精かいで長きにわたり精霊石によって封印されていた魔王が復活し、妖精界の3界のうち、大地界と海洋界は魔王の手に落ちてしまいます。そして魔王は残りひとつの天空界の妖精王に、ドラえもんのポケットを奪ってこいと要求し、妖精がドラえもんに助けを求めるストーリーです。まるでドラえもんの映画でありそうなストーリー設定になっており、戦う場面も多くアクションゲームとしても楽しむ事ができます。ステージは天空、大地、海洋と大きく分けて3種類あるため、グラフィックも飽きがこず長く楽しめる名作ソフトです。

ドラえもん のび太と3つの精霊石のジャケット写真
発売日
1997/03/21
ジャンル
マンガアニメ
発売会社
株式会社エポック社

がんばれゴエモン~ネオ桃山幕府のおどり~

1997年に発売されたがんばれゴエモン~ネオ桃山幕府のおどり~も名作RPGゲームです。舞台は大江戸のはぐれ町。主人公のゴエモンたちは飯屋で食事中に悪ふざけをして店を追い出されてしまいます。そんな時突如桃の形をしたUFOが現れ、大江戸城へ向かってビームを発射し、洋風な城に作りかえられてしまいます。殿様から犯人を捕まえるようお願いされたゴエモンたちの旅がストーリーとなっており、風情ある江戸の景色を見ながらプレイを楽しむ事ができます。このソフトの魅力は敵の種類が多い事。敵のキャラクターも手を抜かず作られているため、ひとりひとりに名前や特徴が味方と同じくらいしっかり作られています。この作品は名作中の名作ソフトと言えます。

がんばれゴエモン~ネオ桃山幕府のおどり~のジャケット写真
発売日
1997/08/07
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社コナミデジタルエンタテインメント
ゲオユーザのがんばれゴエモン~ネオ桃山幕府のおどり~の「絶賛」レビュー・評価
  • 64が現役だった頃に何度も繰り返し遊んだ神ゲーです。ゴエモンが3Dで遊べるようになったのはこれが初めてだったと思いますが、2Dの頃と比べても格段に面白くなっています。また、音楽もどれをとっても素晴らしく、夕焼けwant you や、ハートブレイクコロリンはいまだに聞いているほど大好きです。今の時代に64?と思うかたもいるかもしれませんが、今遊んでも間違いなく楽しめるソフトだと思うので是非一度プレイしてみてください。

ボンバーマンヒーロー ミリアン王女を救え!

1998年に発売されたボンバーマンヒーローミリアン王女を救え!も名作RPGゲームです。ボンバーマンシリーズの続編となり爆ボンバーマンに続く2作品目になります。本作では最初から爆弾を投げる事が可能になり、すぐに攻撃する場合はこれを主体としているステージが多いです。また前作と違うのはボンバーマンはジャンプも可能になった事です。前作では爆弾を利用したボムジャンプも可能でしたが、この作品から自立的なジャンプも可能となっています。ストーリーもしっかりしているのですが、道中のアイテムの種類やアクションに力が入った作品です。RPGというよりはアクションゲームという目線からも楽しめる、名作ソフトです。

ボンバーマンヒーロー ミリアン王女を救え!のジャケット写真
発売日
1998/04/30
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社ハドソン

まとめの一言

ニンテンドー64で1996年~1998年に発売された名作RPGゲームを紹介しました。人気シリーズのタイトルが多く発売されていますね。ニンテンドー64で続編が出た作品はグラフィックが3Dポリゴンに切り替わっているので最初は違和感を感じたと思います。ゲームの進化を感じさせられた時代ですね。気になるものがあれば、是非チェックしてみてください。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局