【年代別名作紹介!】1998年発売の名作アドベンチャーゲーム(PS編)の画像

この記事では1998年に発売された、プレイステーションの名作アドベンチャーゲームをご紹介します。プレステはハードの性能を生かした3Dアクションやレースゲームなどに名作が多いですが、コマンド選択で文章が主体のアドベンチャーゲームにも名作がたくさんあります。1998年はコアなファンが多い「やるドラ」シリーズがリリースされた年でもあり、面白いアドベンチャーゲームが多く発売されています。ぜひお気に入りを探してみてください。

かまいたちの夜 特別編

文章を読むことがメインのゲーム「サウンドノベル」の初期の名作。スーファミでリリースされた作品のリメイクです。追加シナリオなどもありますが、基本的にはスーファミ版と内容は同じです。小説の中にいくつも選択肢があり、どれを選ぶかでストーリーが分岐していきます。スーファミ版よりグラフィック、BGMも進化し、振動機能も駆使してより臨場感をかき立てます。

かまいたちの夜 特別編のジャケット写真
発売日
1998/12/03
ジャンル
アドベンチャー
発売会社
株式会社チュンソフト
かまいたちの夜 特別編のゲオユーザ評価

評価数:16件
評価 :★★★★☆(4.3/5)

ゲオユーザのかまいたちの夜 特別編の「絶賛」レビュー・評価
  • 超絶ハマった作品です!!あらすじは、吹雪によって他と連絡また脱出ができなくなったコテージで殺人がおこり犯人を探すって物語です。しかし、そんなぬるいものではなくバッドエンドがとにかくトラウマになりそうな衝撃をうけました。本当に怖かったです。自分はあまり推理小説などには興味がなかったのですぐ飽きるんじゃないかと思ってましたが、このゲームはサウンドノベルで自分が選んだ選択肢によって展開が変わるので犯人が全然分からなく熱中してしまって気づいたら朝になってた時もありました。解るまで飽きさせないですね。殺人鬼がすぐちかくにいる恐怖に背筋がこおるような感覚を味わえたいい作品です!!

探偵 神宮寺三郎 夢の終わりに

ファミコン時代から人気の推理アドベンチャー「神宮寺三郎」シリーズのプレステ版。シリーズの中でもストーリーの秀逸さに特に定評がある作品です。今作は神宮寺以外の人物の視点が楽しめるザッピングシステムを採用。物語をより多くの視点から深く味わうことができます。「推理モード」「捜査システム」などシステム面でも進化しており、より遊びやすくなっているのも魅力です。

探偵 神宮寺三郎 夢の終わりにのジャケット写真
発売日
1998/04/23
ジャンル
アドベンチャー
発売会社
データイースト株式会社
GEOで購入!
探偵 神宮寺三郎 夢の終わりにのゲオユーザ評価

評価数:6件
評価 :★★★☆☆(3.5/5)

ゲオユーザの探偵 神宮寺三郎 夢の終わりにの「絶賛」レビュー・評価
  • 神宮寺三郎シリーズ最高傑作ですね。前作からのザッピングシステムは洗練されており、重厚なストーリーや謎の事件簿、いちいち新宿の街並みにツッコミを入れる神宮寺三郎は今作も健在です(笑)

ダブルキャスト

見るだけでなく自分でやるドラマ、「やるドラ」シリーズの記念すべき第1弾。アニメーションとボイスを駆使した演出の良さが魅力のゲームです。何度もプレイすることで徐々に選択肢が増えていくのが特徴で、新しいエンディングを見るためについやり込んでしまいます。バッドエンドが多く意外に難易度は高めですが、ストーリーやBGMなど演出が秀逸なので飽きが来ません。

ダブルキャストのジャケット写真
発売日
1998/06/25
ジャンル
アドベンチャー
発売会社
株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
GEOで購入!
ダブルキャストのゲオユーザ評価

評価数:13件
評価 :★★★☆☆(3.5/5)

ゲオユーザのダブルキャストの「絶賛」レビュー・評価
  • やるドラ最初の作品にして最高の作品です。この作品をプレイする場合は暑い夏休みが最も楽しめるのではと私は思います。100円で買えるので是非!

b.l.u.e. Legend of water

「海洋アドベンチャー」という独特なジャンルの作品。遺跡や沈没船などを探検し、謎を解いてグッドエンドを目指します。自分一人で探索するのではなく、イルカの「ルカ」が協力してくれるシステムが特徴。重要アイテムを探してくれたり敵を追い払ってくれたりと、様々なサポートをしてくれます。海の表現も当時としては秀逸で、海中を自由に泳ぎ回る楽しさを味わえます。

b.l.u.e. Legend of waterのジャケット写真
発売日
1998/07/09
ジャンル
アドベンチャー
発売会社
株式会社ハドソン

夜想曲

「弟切草」や「かまいたちの夜」の流れをくむ王道サウンドノベル。ストーリーは赤川次郎の「殺人を呼んだ本」をベースにしたミステリーものです。エンディングの種類も多く隠しシナリオなどもあり、ボリュームは十分だといえます。プレステ1のシンプルで粗いグラフィックが、今の視点で見るとかえって雰囲気をかき立てる感じがします。DS版もあるので体験してみたい方はぜひ。

夜想曲のジャケット写真
発売日
1998/07/16
ジャンル
アドベンチャー
発売会社
株式会社ビクターインタラクティブソフトウエア
GEOで購入!

アナザー・マインド

実際に俳優や女優による演技を撮影した、実写グラフィックが特徴のアドベンチャーゲーム。ドラマや映画のようなリアル感が楽しめるゲームです。プレイヤーが主語や述語を決めて文章を作る「ダイアローグシステム」も特徴の一つ。単なるコマンド選択式よりも、登場人物とリアルにコミュニケーションをとっている雰囲気が味わえます。

アナザー・マインドのジャケット写真
発売日
1998/11/12
ジャンル
アドベンチャー
発売会社
株式会社スクウェア

スーパーアドベンチャーロックマン

ロックマンが主人公のアドベンチャーゲーム。フルアニメ、フルボイスのアニメーションを鑑賞しながら、選択肢を選んで物語を進めていきます。敵キャラが関西弁や名古屋弁を話したりと、かなりハチャメチャな設定が魅力の作品です。戦闘シーンは疑似3Dのシューティングというのも個性的。ロックマンシリーズに登場した敵キャラが多数登場するので、ファンなら非常に楽しめると思います。

スーパーアドベンチャーロックマンのジャケット写真
発売日
1998/09/23
ジャンル
アドベンチャー
発売会社
株式会社カプコン

季節を抱きしめて

「ダブルキャスト」に続く「やるドラ」シリーズの第2弾。今作も記憶喪失のヒロインが登場し、彼女を中心にストーリーが展開していきます。この作品もバッドエンドが多いですが、キャラクターがヒントをくれてグッドエンドを出しやすくしてくれるので、あきらめずに何度もトライすることができます。アニメチックな見た目で敬遠する方もいるかもしれませんが、やっておいて損はない作品です。

季節を抱きしめてのジャケット写真
発売日
1998/07/23
ジャンル
アドベンチャー
発売会社
株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント

ダークメサイア

「東京メッシュ」という架空の地下迷宮を舞台にしたホラーアドベンチャー。迫ってくる敵から逃げるのが目的のゲームです。プレステ1の粗いグラフィック、人形のように無機質なキャラがかえって恐怖感をかき立てます。難易度は低めなので初心者でもとっつきやすいのが長所です。知名度の低い作品ですが、バイオハザードなどのホラー系が好きな方ならハマるでしょう。

ダークメサイアのジャケット写真
発売日
1998/06/11
ジャンル
アドベンチャー
発売会社
株式会社アトラス

雪割りの花

「ダブルキャスト」から続く「やるドラ」シリーズの第4弾。過去3作とは絵柄が違うので最初は違和感を感じますが、プレイするとストーリー展開に引き込まれていきます。この作品は今まで以上にバッドエンドが多く、暗い結末を何度も経験しながらグッドエンドを目指すことになります。やるドラの中では異色で賛否両論ありますが、ストーリーは秀逸で純粋にゲームとしては良作です。

雪割りの花のジャケット写真
発売日
1998/11/26
ジャンル
アドベンチャー
発売会社
株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
GEOで購入!

まとめの一言

プレイステーションで1998年に発売された名作アドベンチャーゲームを紹介しました。1998年はゲーム史に残る名作ゲームが数多く発売された年です。アドベンチャーゲームも様々なタイトルが出ていて、ノベルゲームは実写取り込みの技術を用いた作品やフルボイスなど、話題性がありました。気になる作品があれば、是非チェックしてみてください。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局