【年代別名作紹介!】1999年発売の名作アドベンチャーゲーム(PS編)の画像

最新のゲーム機がどんどん発売される時代になりました。最近ではスマホでもアプリをインストールすれば外にいてもゲームをプレイする事が可能です。スマホアプリでは最新のゲームから懐かしいゲームが揃っておりとても便利です。しかしやはり時々、懐かしいゲーム機でゲームをしたいと思う事はありませんか?特にプレイステーションが発売された時は世の中に衝撃を与えるものがありました。プレイステーションの人気は高く、ゲーム機自体も最新型が多く出回っています。今回はそんなプレイステーションの名作アドベンチャーゲームを、年代別でご紹介していきます。

クリック メディック

1999年に発売されたクイックメディックは名作アドベンチャーゲームです。20世紀末に発見された未知の細菌の脅威は人類を襲い、主人公の父親も犠牲者となります。21世紀に入り、患者の体内に入り治療ができるという技術を生み出し、主人公は患者の体内に入って治療をしていく、というストーリーになります。21世紀に入った今でもそんな事は不可能ですが、新感覚のストーリーで開発者の想像力がおもしろくついやりこんでしまうゲームです。体内では表示される移動経路をクリックしながら移動し、患部に寄生する細菌を駆除していきます。種類分けするとアドベンチャーゲームですが、内容が特殊なのでアドベンチャーが苦手な方でも楽しんでプレイする事ができます。

クリック メディックのジャケット写真
発売日
1999/01/28
ジャンル
アドベンチャー
発売会社
株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント

街 ~運命の交差点~

1999年に発売された街 ~運命の交差点~も名作ソフトです。ストーリー要素が強いですがアドベンチャーの部類になります。本編のストーリーの1日を最後まで読み進めると、何日目に続く、と表示され、主人公8人のストーリーを読まないと翌日のストーリーを読めません。少し面倒で、それぞれのシナリオを覚えておく事が難しいです。しかしZAPという機能を使えば、読み終わっている他の主人公のシナリオへワープできます。全ての主人公のストーリーを読み終わった頃には、なぜそこに主人公がいたのか、誰かの何気ない行動が誰かの未来を変えてしまうという、なんとも言えない達成感を感じる事ができます。ミステリー要素もあるため、ゆっくりじっくりプレイしたい方におすすめできるソフトです。

街 ~運命の交差点~のジャケット写真
発売日
1999/1/28
ジャンル
アドベンチャー
発売会社
株式会社チュンソフト
GEOで購入!

SILENT HILL

1999年に発売されたサイレントヒルも名作アドベンチャーゲームです。ホラー要素があり、グラフィックの進化からかなりリアルに描かれています。そのためホラーが苦手な方にはおすすめできません。このサイレントヒルには表世界と裏世界が分かれており、表世界でのサイレントヒルは霧に包まれたゴーストタウン。しかし裏世界はそこかしこを異形の怪物が徘徊するとんでもない闇の世界となってしまいます。ゲームの目的はバイオハザードとよく似ています。恐怖を与えるための要素がかなり巧みで、視界を悪くさせるためにわざとカメラのアングルが傾いていたり、ノイズエフェクトが画面にかかっていたり、怪物が近づいてくるとラジオから不穏なノイズが鳴り出したりと、ゲームと分かっていても恐怖を感じさせる演出は天下一品です。ホラーものが大好きな方には自信を持っておすすめできる名作ソフトです。

SILENT HILLのジャケット写真
発売日
1999/03/04
ジャンル
アドベンチャー
発売会社
株式会社コナミデジタルエンタテインメント
GEOで購入!

キャプテン・ラヴ

1999年に発売されたキャプテン・ラヴは名作恋愛シミュレーションゲームです。一般的な恋愛ゲームと一味違うギャグ要素もあるソフトです。主人公にはゲーム開始時点から恋人がいます。しかしストーリーを進めていくと色んな女性と知り合い、その女性たちを振り、恋人との恋愛を貫くというものです。どれほど魅力的な女性が現れても恋人を一筋に想い続ける、真実の愛について考えさせられる面もあり、論撃バトルという口喧嘩での反論もとてもおもしろいです。もちろん出会っていく女性を選ぶ事も可能ですが、恋人を選び続ける事で素敵なエンドストーリーを迎える事ができる、幸せな気持ちになれる名作ソフトです。

キャプテン・ラヴのジャケット写真
発売日
1999/03/11
ジャンル
アドベンチャー
発売会社
株式会社EMIミュージック・ジャパン
GEOで購入!

ブックオブウォーターマークス

1999年に発売されたブックオブウォーターマークスも名作アドベンチャーゲームです。シェイクスピアのテンペストの設定がベースになっています。舞台は17世紀から18世紀にかけたヨーロッパであり、雰囲気や趣味がとても綺麗です。何よりグラフィックに一番力が入っているので、ゲームとは思えない映像を見れます。大聖堂などの建築物の中を探索し、謎を解いていくシステムなので頭を使う謎解きアドベンチャーゲームになります。このソフトに登場する魔法書は合計13冊で、ストーリーのボリュームも満点です。アドベンチャーと言えど派手さはないため、謎解きやヨーロッパの雰囲気や聖堂が好きな方におすすめしたい名作ソフトです。

ブックオブウォーターマークスのジャケット写真
発売日
1999/07/15
ジャンル
アドベンチャー
発売会社
株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
GEOで購入!

まとめの一言

プレイステーションで1999年に発売された名作アドベンチャーゲームを紹介しました。プレステ全盛期の1999年には数多くのソフトが発売されました。この頃のアドベンチャーゲームは少々、風変わりで個性的なゲームが多いイメージですね。今遊んでもクセになりそうな名作ばかりですので気になる作品があれば、是非チェックしてみてください。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局