【年代別名作紹介!】1999年発売の名作RPGゲーム(PS編)の画像

この記事では1999年に発売された、プレイステーションの名作RPGをご紹介します。99年はクロノ・トリガーやファイナルファンタジーⅧを始め、名作RPGが多数発売された年です。この年はプレステ2が発売される前年で、プレステ1の全盛期ともいえる時期。初期に比べグラフィックや演出面も進化し、無駄なロード時間も少ない高品質なゲームが多数リリースされました。今遊んでも楽しめる有名タイトルばかりですので、ぜひお気に入りを見つけてください。

クロノ・トリガー

スーパーファミコンで発売された名作RPGのリメイク。ファイナルファンタジーの坂口博信氏と、ドラゴンクエストの堀井雄二氏がタッグを組んだ夢のRPGです。正統派RPGの最高峰ともいえる作品で、ストーリー、音楽、グラフィック全てが高いクオリティでまとまっています。グラフィックはドラクエの鳥山明氏が手がけていますが、戦闘やアイテムなどシステム面はややFFに近い作りになっています。

クロノ・トリガーのジャケット写真
発売日
1999/11/2
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スクウェア
クロノ・トリガーのゲオユーザ評価

評価数:118件
評価 :★★★★☆(4.8/5)

ゲオユーザのクロノ・トリガーの「絶賛」レビュー・評価
  • 音楽最高、キャラ最高!当時こんなすごいゲームが出るのかと、子供から大人まで夢中になりました。ロボと少女のやり取りが最高です!時空を超えた冒険はゲームならではですね!
  • 数々のロープレの中でも上位になる作品ですね。ストーリーはもちろん、ゲーム好きなら誰でも聞いた事のある曲や個性的なキャラクターの数々。ゲームクリア後の遊びや、エンディングの内容にも楽しめる要素が沢山あります!何度遊んでも楽しめるゲームです。

クロノ・クロス

クロノ・トリガーの続編として発売されたRPG。クロノ・トリガーはスーファミのリメイクでしたが、今作はプレステのオリジナル作品となっています。ただし今作はグラフィックデザインなどスタッフが一部入れ替わっており、FFとドラクエのタッグという色合いは薄れています。クロノ・トリガーと比べるとやや知名度が低く賛否両論のあるゲームですが、RPG好きなら一度は遊んでおきたい作品です。

クロノ・クロスのジャケット写真
発売日
1999/11/18
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スクウェア
クロノ・クロスのゲオユーザ評価

評価数:25件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

ゲオユーザのクロノ・クロスの「絶賛」レビュー・評価
  • 戦闘システムは賛否両論あると思いますがストーリーも良く、リメイクして欲しい作品の一つです。クロノトリガーと合わせて是非。
ゲオユーザのクロノ・クロスの「辛口」レビュー・評価
  • クロノトリガーシリーズとして発売して不評を買ってしまった作品です。あのクロノトリガーのような期待感でプレイした大勢の人は?な状態だったと思います。スクウェアから新しく発売されたRPGとして見ればもう一つ☆つけます。

ファイナルファンタジーⅧ

言わずと知れた人気RPGのシリーズ第8弾。プレステではⅦに続く2作目となります。前作よりさらにパワーアップしたグラフィック、オーケストラによるBGM、当時は珍しい主題歌の使用など、圧倒的にスケールアップした作品です。ジャンクションシステムやレベルに合わせて強くなる敵など、個性的なシステムもこの作品の特徴。設定やストーリーはかなり複雑なので、じっくり物語を楽しみたい方におすすめです。

ファイナルファンタジーⅧのジャケット写真
発売日
1999/02/11
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スクウェア
ファイナルファンタジーⅧのゲオユーザ評価

評価数:71件
評価 :★★★★☆(4.1/5)

ゲオユーザのファイナルファンタジーⅧの「絶賛」レビュー・評価
  • レベリングが必要ないという点では少しマイナスポイントではあるが、ストーリー、難易度、ミニゲームに関してはどれも素晴らしい作品です。ヒロインに関しても賛否両論ではありますが自分はとても良いと思いました。エンディングは感動モノです、今まで3週以上したゲームはこのゲームが初めてなくらいハマればハマるゲームだと思うので是非プレイしてほしいです。
ゲオユーザのクファイナルファンタジーⅧの「辛口」レビュー・評価
  • シリーズで1番やりごたえのない作品でした。映像、ストーリーは良かったのですが、バトルのドローをひたすらやっておけば簡単にクリアできたので苦労した印象がありません。

サガ フロンティア2

前作も好評だったサガフロンティアシリーズの2作目。ゲームボーイやスーファミも含めた「サガシリーズ」としては8作目になります。サガシリーズといえばフリーシナリオシステムが有名ですが、今作ではさらにそれを発展させた「ヒストリーチョイス」というシステムを採用。年代ごとに世界の歴史を辿りながらストーリーが進んでいきます。

サガ フロンティア2のジャケット写真
発売日
1999/04/01
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スクウェア

聖剣伝説 レジェンド オブ マナ

アクションRPGの名作「聖剣伝説」シリーズの外伝的作品。随所に今までのシリーズと違う個性的なシステムが採用されています。中でもプレイヤー自身が世界を作り上げる「ランドメイクシステム」は最大の特徴。冒険の自由度が飛躍的にアップしました。グラフィックはポリゴンではなくドット絵で、あたたかみのある絵がファンタジーな世界感を演出しています。

聖剣伝説 レジェンド オブ マナのジャケット写真
発売日
1999/07/15
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スクウェア
聖剣伝説 レジェンド オブ マナのゲオユーザ評価

評価数:11件
評価 :★★★☆☆(3.4/5)

ゲオユーザの聖剣伝説 レジェンド オブ マナの「絶賛」レビュー・評価
  • これほどまでにどのキャラクターも愛しいゲームがあるだろうかと十余年考えていますが、未だに聖剣伝説LOMを超えるゲームに出会っていません。セリフでは語られないところに奥深さがあり、キャラクターそれぞれの哲学や正義が詰まっていて、悪役を悪と決めつけられない良いゲームです。

ドラゴンクエスト・キャラクターズ トルネコの大冒険2 不思議のダンジョン

ドラクエの人気キャラ「トルネコ」が主人公のローグライクRPG。入るたびにマップが変わるダンジョンを進んでいくゲームです。アイテムの合成や「戦士」「魔法使い」に転職できるシステムなど、やり込み度が高く何度でも遊ぶことができます。シレンなど他のローグライクRPGに比べて難易度は低めなので、このタイプのゲームを初めてプレイする方にもおすすめです。

ドラゴンクエスト・キャラクターズ トルネコの大冒険2 不思議のダンジョンのジャケット写真
発売日
1999/09/15
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社エニックス
ドラゴンクエスト・キャラクターズ トルネコの大冒険2 不思議のダンジョンのゲオユーザ評価

評価数:8件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

ゲオユーザのドラゴンクエスト・キャラクターズ トルネコの大冒険2 不思議のダンジョンの「絶賛」レビュー・評価
  • ドラクエ4の仲間キャラのトルネコを主人公に据えたシリーズ第二段。前作未プレイですが楽しかったです。チュートリアルを兼ねた初心者向けのダンジョンもあるため、不思議のダンジョンシリーズ未プレイでもすんなり入っていけるんじゃないかと思います。不思議のダンジョンシリーズはクリアしてからが本番ということらしいですが今作にも高難度のダンジョンがありますので、コアなファンの方でも楽しめるかと。

ペルソナ2 罪

今も人気が高い定番RPGのシリーズ第2作。1996年に発売された「女神異聞録ペルソナ」の続編になります。2000年に発売された「ペルソナ2 罰」との二部作品です。「女神転生」シリーズは難易度が高いのが特徴でしたが、今作は難易度が低めでかなり遊びやすくなっています。またシリーズの特徴だった3Dダンジョンも廃止され、クォータービューになってとっつきやすくなりました。

ペルソナ2 罪のジャケット写真
発売日
1999/06/24
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社アトラス
ペルソナ2 罪のゲオユーザ評価

評価数:58件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

ゲオユーザのペルソナ2 罪の「絶賛」レビュー・評価
  • 罪でかなりペルソナの名を上げたと思います。長時間プレイでやっとクリア、そして感動のエンディング&エンディング曲は最高でしたね。

デビルサマナー ソウルハッカーズ

97年にセガサターンで発売されたRPGの移植版。「ペルソナ」シリーズと同じ、「女神転生」シリーズの派生作品です。悪魔を「仲魔(なかま)」にして、合体させて新しい悪魔を作っていきます。このあたりはペルソナよりも元々の女神転生に近い作風です。3DダンジョンRPGは難しいイメージがありますが、この作品はどこでもセーブできるアイテムがあったりと、初心者にもかなり配慮されています。

デビルサマナー ソウルハッカーズのジャケット写真
発売日
1999/4/8
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社アトラス

グランディア

王道ファンタジーRPGの名作。97年にセガサターンで発売されたゲームの移植です。目新しさはないものの、ストーリー、演出がしっかり作り込まれています。「LUNAR」シリーズの影響が強い作品で、随所に似ている部分があるのも特徴。戦闘はシミュレーションRPGっぽいシステムで、戦闘中にキャラがボイスでしゃべるのも魅力となっています。ドラクエやFFなどの王道RPGが好きな方ならハマる作品です

グランディアのジャケット写真
発売日
1999/6/24
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社ゲームアーツ
グランディアのゲオユーザ評価

評価数:9件
評価 :★★★★☆(4.2/5)

ゲオユーザのグランディアの「絶賛」レビュー・評価
  • 文句なしに面白いです。キャラクター、ストーリーに引き込まれて行って少年がただ知りたいことがあるからと旅立ち、それが人を、世界を救うことになるというRPGらしいRPG! やって損なし! 終わったあと皆さんがどう思うかもちょっと楽しみになる作品です。

LUNAR2 エターナルブルー

「メガCD」というハードで発売されたRPGの移植作。メガCDでは「LUNAR エターナルブルー」というタイトルで発売され、プレステ版はストーリーに若干の変更を加え「LUNAR2」として発売されました。王道のファンタジーRPGで、ストーリー、演出など細かい作り込みが魅力となっています。グランディアにハマった方ならこちらもきっと気に入るでしょう。

LUNAR2 エターナルブルーのジャケット写真
発売日
1999/05/27
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社角川書店

まとめの一言

プレイステーションで1999年に発売された名作RPGゲームを紹介しました。王道RPGが豊作の年ですね。やはり現代のゲームと比較すると古くささがありますが、ストーリーを楽しむ分には十分だと思います。気になる作品があれば、是非チェックしてみてください。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局