【年代別名作紹介!】2000年発売の名作アクションゲーム(PS編)の画像

この記事では2000年に発売された、プレイステーションの名作アクションゲームをご紹介します。2000年はプレステ2が発売された年で、プレステ1の時代が徐々に終わりに向かい始める時期です。この年のアクションゲームは決して豊作な方ではありませんが、プレステ1の集大成ともいえる良作がいくつも発売されています。誰もが知っている定番ゲームよりも、知名度の低い隠れた名作を多くピックアップしました。お気に入りを探してみてください。

トゥームレイダー4:ラストレベレーション

映画も大ヒットした人気アクションアドベンチャーの第4弾。カンボジア、エジプトを始めとする世界の遺跡を冒険します。ヒントが少なくプレイヤーを突き放した感じが、リアルに冒険している雰囲気をかき立てます。難易度は高めで謎解きも難しいので、じっくりと腰を据えて遊びたい方におすすめです。主人公ララ・クロフトが消息不明となるエンディングも話題となった作品です。

トゥームレイダー4:ラストレベレーションのジャケット写真

発売日
2000/07/19
ジャンル
アドベンチャー
発売会社
株式会社カプコン
さらに詳しく見る>

DINO CRISIS2

恐竜の時代へタイムスリップして冒険するアクションアドベンチャー。操作感やゲーム性はバイオハザードに似ており、大ざっぱにいうとゾンビが恐竜に入れ替わったゲームという感じです。前作は恐竜から逃げる要素が強かったのに比べて、今作は恐竜をガンガン倒す爽快感を押し出した作りになっています。ストーリー展開も魅力的で、特にラストはファンの評価も高く必見です。

DINO CRISIS2にのジャケット写真

発売日
2000/09/13
ジャンル
アドベンチャー
発売会社
株式会社カプコン
さらに詳しく見る>

ザ・キング・オブ・ファイターズ’99

「餓狼伝説」「龍虎の拳」など、SNKの人気キャラが登場する2D格闘ゲームの続編。カウンターなど新システムの導入、新たなストーリー「ネスツ編」の開始など、単なる前作のマイナーチェンジにとどまらない意欲作です。ただしチーム戦で相手チームを全滅させると勝利という基本システムは同じなので、前作のファンも違和感を感じることはありません。BGMやグラフィックの良さはシリーズ随一です。

ザ・キング・オブ・ファイターズ’99のジャケット写真

発売日
2000/3/23
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社エス・エヌ・ケイ
さらに詳しく見る>

北斗の拳 世紀末救世主伝説

3Dポリゴンのケンシロウを操作して敵を倒すアクションゲーム。ムービーをふんだんに使ったストーリー重視の作りで、原作ファンにはたまらない作品となっています。原作に相当詳しい人でないと分からないような、マイナーなキャラも多数登場するのが魅力。ファンならニヤリとするシーンが目白押しです。千葉繁氏を始めとするナレーション、声優陣も豪華です。

北斗の拳 世紀末救世主伝説のジャケット写真

発売日
2000/10/26
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社バンダイ
さらに詳しく見る>

クラッシュ・バンディクー カーニバル

人気アクションゲーム「クラッシュ・バンディクー」シリーズのパーティーゲーム。ミニゲームをメインにしたお手軽なゲームです。最大4人まで同時プレイ可能で、2対2の協力プレイもあります。箱を投げつけて敵を倒す「はこスローたいかい」、氷の上で落とし合いをする「ガッチンたいかい」など、シンプルで楽しいゲームが満載。家族や友達同士でプレイするのにピッタリです。

クラッシュ・バンディクー カーニバルのジャケット写真

発売日
2000/12/14
ジャンル
その他
発売会社
株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
さらに詳しく見る>

激突トマラルク TOMARUNNER VS L’Arc~en~Ciel

人気ロックバンド「L’Arc~en~Ciel」のメンバーが登場するアクションレースゲーム。ラルクのメンバーが「激突トマラルク」のファンだったことから実現したコラボゲームです。hydeやkenなどラルクのメンバーが、SDサイズのかわいいキャラになって駆け回ります。キャラがメンバー本人のボイスでしゃべったり、BGMにラルクの楽曲が使われたりと、ファンにはたまらない内容になっています。

激突トマラルク TOMARUNNER VS L'Arc~en~Cielのジャケット写真

発売日
2000/07/19
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
さらに詳しく見る>

マル安シリーズ1 海腹川背・旬 ~セカンドエディション~

独特なシステムと操作性でコアな人気を誇るワイヤーアクションゲーム。隠れた名作として名前が挙がることが多い作品です。伸び縮みするワイヤーを使ってスパイダーマンのように移動したり、敵を倒したりしてステージをクリアしていきます。アクションが独特なので慣れるまではストレスがたまりますが、一旦慣れるとその独特の面白さにハマっていきます。

マル安シリーズ1 海腹川背・旬 ~セカンドエディション~のジャケット写真

発売日
2000/1/26
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社エクシング
さらに詳しく見る>

ワイルドロイド9

オーソドックスな横スクロールタイプのアクションゲーム。背景やグラフィックの奥行きは3D風ですが、ゲーム性は昔ながらの横スクロールタイプとなっています。ファミコンの隠れた名作「バトルトード」のスタッフが手がけた洋ゲーで、日本のゲームとは一味違った世界観が魅力です。「スーパードンキーコング」などの、歯ごたえのある洋ゲー横スクロールアクションが好きな方におすすめ。

ワイルドロイド9のジャケット写真

発売日
2000/02/10
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント

立体忍者活劇 天誅弐

忍者になって3Dのフィールドを駆け巡るアクションアドベンチャー。戦国時代を舞台にしたゲームです。敵に見つからないように身を隠しつつ、隙を見て攻撃しながらミッションをクリアしていきます。ミッション攻略方法の自由度が高く、プレイヤーの腕と発想で自分なりのプレイができるのが魅力。「メタルギアソリッド」や「トゥームレイダー」などが好きな方ならハマると思います。

立体忍者活劇 天誅弐のジャケット写真

発売日
2000/11/30
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社アクワイア
さらに詳しく見る>

ミズパックマン メイズマッドネス

パックマンの妻「ミズ・パックマン」が主人公のアクションパズルゲーム。フィールド上のエサを食べていく昔ながらのルールに加え、ブロックをうまく押してアイテムを回収していく、倉庫番っぽい謎解き要素もあります。敵キャラのパターンの豊富さはボンバーマンに近い雰囲気で、いろいろなアクションゲームの良い所が詰まった感じです。

ミズパックマン メイズマッドネスのジャケット写真

発売日
2000/12/28
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社ナムコ
さらに詳しく見る>

まとめの一言

プレイステーションで2000年に発売された名作アクションゲームを紹介しました。2000年はプレイステーション2が発売された年なので、プレステ2のソフトの方に注目が集まっていたと思いますが、まだまだ初代プレステでも良作ソフトが発売され続けていました。振り返ってみると、こんな作品もあったんだ!と思うかも知れません。是非チェックしてみてください。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局