【年代別名作紹介!】2004年発売の名作パズルゲーム(PS2編)の画像

パズルゲームと言えば、どんなことを思い浮かべるでしょうか。ぷよぷよやテトリス、バブルボブなんかを思い浮かべる人が多いと思います。ちなみにこの3作品特にテトリスは社会現象が起きるほどの名作でしたが皆様はご存知でしたでしょうか。一般にはパズルをコンピューターゲームでプレイできるよう作られたゲームソフトのことを言います。その中には、もちろんボードゲームや、麻雀、カードゲーム等も含まれます。今回は2004年に発売された、名作パズルゲームについて、簡単にまとめさせて頂きましたので、是非ご覧に行ってください。今回ご紹介するのは、名作と言われるシリーズが数本、そしてファンならではの名作も数点ご紹介いたします。

ぷよぷよフィーバー

2004年2月4日にセガより発売された、ぷよぷよフィーバー。今作から、キャラクターが一新して、ゆるキャラちっくになり、初のフィーバー機能を搭載しました。長年のファンからは賛否両論出ましたが、やはりフィーバー機能についての反論を多く見かけました。今までは完全に実力の世界のぷよぷよでしたが、このフィーバー機能のお陰で、初心者でも簡単に強者を倒すことが簡単になりました。俗に言うルールの改変ですね。ガチガチのぷよぷよマスターはからは、こんなのぷよぷよじゃないなどの苦情があったそうですが、新規の参入がこのシステムのお陰で、増えたのも間違い無いと思います。

ぷよぷよフィーバーのジャケット写真
発売日
2004/2/4
ジャンル
パズル
発売会社
株式会社セガゲームス
さらに詳しく見る>

Super lite 2000 パズル ZOOO

2004年2月12日にサクセスより発売されたSuperLite 2000パズル ZOOO。今作品はネットで大流行したパズルゲームをPS2に移植した物になります。内容はそのままで、PS2ならではの新機能として、2人協力プレイが搭載されましたが、この協力プレイが中々の批判の的になってしまいました。駒を一人が動かしているとき、もう一方が動かせなくなる仕様のため、協力プレイというか、お互いに邪魔し合っているみたいになってしまう場面もしばしばありました。ですが、1人でプレイする分には十分に熱中できる依存度の高いパズルゲームに仕上がっています。

Super lite 2000 パズル ZOOOのジャケット写真
発売日
2004/2/12
ジャンル
パズル
発売会社
株式会社サクセス
さらに詳しく見る>

ドカポンDX 〜わたる世界はオニだらけ〜

2004年7月8日にアスミック・エースエンタテインメントより発売された、ドカポンDX 〜わたる世界はオニだらけ〜。家族と一緒に友達と一緒にやったら最高に面白いゲームの中の一つ、人生ゲームとモノポリとRPGを掛け合わせたようなゲーム内容になっています。今作では、CPUターンを飛ばしたり、映像のスキップ機能が搭載され、更に遊びやすくなりました。毎ターン何をするか、何をされるかのドキドキが常にあるので、時間を忘れて遊べるゲームの一つですね。

ドカポンDX 〜わたる世界はオニだらけ〜のジャケット写真
発売日
2004/7/8
ジャンル
テーブル
発売会社
アスミック・エースエンタテインメント株式会社
さらに詳しく見る>

遊☆戯☆王 カプセルモンスターコロシアム

2004年7月29日にコナミより発売された遊☆戯☆王 カプセルモンスターコロシアム。マンガ「遊戯王」の劇中に出てくるカプセルモンスターで対決するゲームで、PSで発売された「ブリード&バトル」の続編に当たります。ただし今作では「ブリード」の要素は完全に削除され購入したり敵から奪ったカプセルを使ってバトルのみを使って行きます。ブリードの要素はなかなか楽しかったが、単調な作業の繰り返しとなる上に時間の掛かる作業であったので無くなったのが必ずしも残念だったとは言い難いです。バトルは前作に比べ戦略性と難易度がかなり上がっています。カプセルモンスターが好きな人には良ゲーだと思います。

遊☆戯☆王 カプセルモンスターコロシアムのジャケット写真
発売日
2004/07/29
ジャンル
テーブル
発売会社
株式会社コナミデジタルエンタテインメント
さらに詳しく見る>

ドカポン・ザ・ワールド

2004年11月3日にアスミック・エースエンタテインメントから発売されたドカポン・ザ・ワールド。ストーリーモードを友達とやりましたが、何日かかっただろうと思うくらい時間がかかりかなり充実した時間を過ごしました。今作のコンピューターがとりあえずチートが激しいです。サイの目は自由自在、攻撃の確率は100%ほぼ必中、物凄く難しかったですが、それを乗り越えた先には凄い充実感が待っています。今作の特徴のワールドはレベルの強さ的に アジア < ヨーロッパ < ロシア < 北米 < 南米 < オセアニア < アフリカ < 北極・南極 の順に強くなっています。是非一度はクリアしてもらいたい作品です。

ドカポン・ザ・ワールドのジャケット写真
発売日
2004/11/03
ジャンル
テーブル
発売会社
アスミック・エースエンタテインメント株式会社
さらに詳しく見る>

桃太郎電鉄 USA

2004年11月18日にハドソンより発売された桃太郎電鉄USA。今作品は幻の名作と言われているくらい、評価が凄く高いです。今作は日本ではなくUSA、アメリカを舞台に行います。桃鉄ならではの、その地方の産地や名産なども覚えられるように、アメリカ旅行に行った気分が味わえるくらいの情報量があります。もちろんルールは桃鉄ですし、言語も日本語なのでご安心してください。上位でもいつどん底までつきおとされるか分からないハラハラするゲーム。従来の同ソフトと比べ、ただ目的地を目指すだけでなくさまざまなイベントに遭遇する回数が増えており、とても楽しいゲームです。

桃太郎電鉄 USAのジャケット写真
発売日
2004/11/18
ジャンル
テーブル
発売会社
株式会社ハドソン
さらに詳しく見る>
桃太郎電鉄 USAのゲオユーザ評価

評価数:33件
評価 :★★★★☆(4.4/5)

ゲオユーザの桃太郎電鉄 USAの「絶賛」レビュー・評価
  • パーティゲームの定番ですね。ゲームが苦手な方もすごくオススメですね。はまってしまうとあっという間に時間が過ぎてとても面白いです。ぜひ一度体感してみてはいかがでしょうか。

NEW人生ゲーム

2004年12月2日にタカラより発売されたNEW人生ゲーム。人生ゲームと言えば、ボードゲームが主流ですが、実はスーパーファミコン時代から人生ゲームは移植されていました。毎回バージョンが変わるごとに、新しいソフトが出てきましたが、今回のNEW人生ゲームもまた歴史を刻んだ作品だと思います。今やっても当時の時事ネタや、流行り等が伺えて、どんな時代だったのかがわかる一品になっています。人生ゲームは家族や友人と一緒にやると本当に盛り上がります。人生ゲームシリーズは家庭に一本合ってもいいソフトだと思います。

NEW人生ゲームのジャケット写真
発売日
2004/12/02
ジャンル
テーブル
発売会社
株式会社アトラス
さらに詳しく見る>

まとめの一言

プレイステーション2で2004年に発売された名作パズルゲームを紹介しました。パズルゲームというと一人で黙々と遊ぶイメージがありますが、この頃PS2で発売されたソフトを見てみると、カードゲームで友達と対戦したり、ボードゲームで家族みんなで遊んだり、色んな楽しみ方ができますね。一人プレイだけでなく、ぜひ複数人で一緒にパズルゲームを楽しんでみてください。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局