【年代別名作紹介!】2004年発売の名作RPGゲーム(PS2編)の画像

2004年のRPGゲームは、良ゲーと糞ゲーが綺麗に別れた時代になりました。あの名作シリーズも期待を裏切り、糞ゲー認定を受けたものも多くありました。逆に聞いたことのない会社から出ているゲームが良ゲーとされたりと、それほど沢山のRPGが出た時代でもあります。特に期待を裏切ったのが、RPGツクールではないでしょうか。RPGツクール5でかなりの評価を得ていたにも関わらず6作品目のRPGツクールで、一気に糞ゲー認定されてしまいました。そんな賛否両論な時代にも良ゲーとして残っている作品を今回は紹介したいと思います。

スターオーシャン3 Till the End of Time ディレクターズカット

2004年1月22日にスクウェア・エニックスから発売された、スターオーシャン3ディレクターカット版。ディレクターカットで一番の追加要素は仲間キャラの増加です。一人目はサブキャラとしても人気のミラージュ。戦闘能力は使いやすいの一言です。次に完全新キャラのアドレー。SO系では珍しく親父キャラです。性格も豪快の一言で、個性的な雰囲気もあり、いい味をだしています。オリジナルでは6人までしか仲間は増えませんでしたが、ディレクターカット版では8人までになりました。ストーリー、システムに大きな変更は見られませんが、オリジナルに比べて完成度は高く、RPGが好きと言う方には、お勧めします。

スターオーシャン3 Till the End of Time ディレクターズカットのジャケット写真
発売日
2004/01/22
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スクウェア・エニックス
さらに詳しく見る>

真・女神転生III-NOCTURNE マニアクス

2004年1月29日にアトラスより発売された、真・女神転生III-NOCTURNE マニアクス。マニアクスでは、ストーリー本筋はノクターンのままアマラ深界と魔人という新しい要素がプラスされています。アマラ深階を攻略していく中で、ノクターンでは謎だった登場人物のプロフィール、ボルテクス界の謎が解き明かされていきます。EDも1つ追加されています。悪魔、スキルも追加されていてやり込み要素満載のゲームです。神話好きにはたまらないネタのオンパレードです。他のゲームには無い独特な雰囲気、簡単にはクリア出来ない難易度、特に雰囲気は独特で神話の出来事の中に居るような感じが味わえます。

真・女神転生III-NOCTURNE マニアクスのジャケット写真
発売日
2004/01/29
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社アトラス
さらに詳しく見る>
真・女神転生III-NOCTURNE マニアクスのゲオユーザ評価

評価数:5件
評価 :★★★★☆(4.6/5)

ゲオユーザの真・女神転生III-NOCTURNE マニアクスの「絶賛」レビュー・評価
  • 人生で最も面白いRPGで3本の指に入るほど面白い。ストーリーや悪魔を使役するシステムはは歴代のメガテンですが、戦闘システムや成長システムが斬新で新しい。アマラしんかい等のダンジョンもより深くストーリーを知ることができめっちゃ面白かった。

シャドウハーツII

2004年2月19日にアルゼより発売されたシャドウハーツⅡ。良作のRPGと評価も高いゲームです。ストーリーも笑いあり、涙ありの素晴らしい出来だと思います。バトルには飽きが来ないよう、ジャッチメントリングシステムを採用していて、ずっとプレイしていても空きません。キャラも個性的で良かったです。バトルは簡単なので初心者の方でも大丈夫ですよ。エンディングは2種類のマルチエンディングですが、両方感動ものです。ゲームの歴史に名を残す名作です。

シャドウハーツIIのジャケット写真
発売日
2004/02/19
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
アルゼ株式会社
さらに詳しく見る>
シャドウハーツIIのゲオユーザ評価

評価数:34件
評価 :★★★★☆(4.7/5)

ゲオユーザのシャドウハーツIIの「絶賛」レビュー・評価
  • 某大手RPGソフトより、断然文句無しの作品。今なお評価が高いのになかなか浸透しないのが残念です。世界観はダーク。ゴキブリ出てきたり、ゾンビみたいな敵が出てきたり…でも、各キャラがとにかく個性が強い。そして、ダークな世界観に合わないコメディ。そのギャップがたまんないです。サブイベもたくさんあり、ヴォリュームは満点。戦闘でのリングシステムも斬新で、中だれなど無く飽きないです。エンディングも1種類ではないのでやり込みもあり、リメイクをずっと待ち望んでいます。作成会社がもう無いという事で難しいかと思いますが、いつの日かまたウルに会える日を心待ちにしています‼︎

ドラゴンクエストV 天空の花嫁

2004年3月25日にスクウェア・エニックスより発売されたドラゴンクエストV 天空の花嫁。スーパーファミコン版のリメイク作品としてPS2に登場しました。シナリオ的にドラクエシリーズで最高作品だと思います。世代を超え、悪の大王を倒すという設定。クリア後のエクストラダンジョンもかなり面白かったです。キャラクターは一貫して、鳥山あきら氏が担当しているので見ていて飽きません。今作の最大の山場、花嫁を選ぶシーンはみなさんもとても悩んだと思います。まさに世代を超えて生まれ変わった神作品と言っても、過言ではないでしょう。

ドラゴンクエストV 天空の花嫁のジャケット写真
発売日
2004/03/25
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スクウェア・エニックス
さらに詳しく見る>
ドラゴンクエストV 天空の花嫁のゲオユーザ評価

評価数:145件
評価 :★★★★☆(4.6/5)

ゲオユーザのドラゴンクエストV 天空の花嫁の「絶賛」レビュー・評価
  • まさに、最高のロールプレイングゲームです、最初から最後までストーリーに目が離せない作品。又、ゲームシステムも、モンスターを仲間にできたりとやり込み要素も沢山ある。

ツヴァイ!!

2004年8月26日にタイトーから発売されたツヴァイ!!雰囲気的にはSFC時代の聖剣伝説を彷彿とさせます。キャラやグラフックがやたらとメルヘンチック過ぎて、子供向けの印象もありますが、実は結構難度が高いゲームだったりします。ダンジョンの謎解きや探し物とか、ヒントがとにかく少ない。操作もシンプルなようで、キャラの移動とかの操作性も複雑です。あえて最新技術に捉われなくても、アイデアとシステムさえしっかりしてれば、2Dでも面白いゲームは作れると言う事を再認識させられた作品になっています。

ツヴァイ!!のジャケット写真
発売日
2004/08/26
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社タイトー
さらに詳しく見る>

テイルズ オブ シンフォニア

2004年9月22日にナムコより発売された、テイルズオブシンフォニア。テイルズシリーズの中でもキャラが引き立つようデザインされていてキャラへの評価はとても良い印象です。敵キャラですら設定が良くできています。ダンジョン、シナリオも及第点以上はしっかり捉えている作品に仕上がっています。サブイベントも多く、好感度システムや戦闘のGRADEシステム、アイテム収集などやりこみ要素満載で何周もしたくなるゲームに仕上がっていると思います。

テイルズ オブ シンフォニアのジャケット写真
発売日
2004/9/22
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社ナムコ
さらに詳しく見る>
テイルズ オブ シンフォニアのゲオユーザ評価

評価数:49件
評価 :★★★★☆(4.1/5)

ゲオユーザのテイルズ オブ シンフォニアの「絶賛」レビュー・評価
  • テイルズシリーズの中でも、最も好きな作品の1つ。ストーリーに暗い部分もあるが、本当に良い世界とは何かを考えさせられた。バトルは操作性も難しくなく、爽快で楽しめる。

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君

2004年11月27日にスクウェア・エニックスより発売されたドラゴンクエストVIII 。知らない人がいないドラゴンクエストシリーズの第8作目。ストーリーの筋立て、布石の打ち方の絶妙さもさることながら、メインキャラ、サブキャラの性格付けが明快なので素直に感情移入できる作品になっています。また、イベントごとに訪れるダンジョン攻略も多様で飽きがこないように工夫されています。前作までと大きく異なるのはフィールドの広さ。視界が全方向にひろがるため最初はかなり戸惑いますが慣れれば楽しくなってきます。

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君のジャケット写真
発売日
2004/11/27
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スクウェア・エニックス
さらに詳しく見る>
ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君のゲオユーザ評価

評価数:283件
評価 :★★★★☆(4.1/5)

ゲオユーザのドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君の「絶賛」レビュー・評価
  • フィールドに出ると遠くの景色などが見え、色々想像しワクワクします! このゲームは大分昔のですが、今やってもとても面白く今のゲームと遜色ないと思います。 やり込み要素もあり、たっぷり遊べるので是非遊んでみてください!!

RPGツクール

最後に迷作を紹介させてください。2004年12月16日にエンターブレインより発売されたRPGツクール。このソフトはRPGエディターとして必要なものがことごとく欠落しているRPGツクールです。10個までの所持アイテム、出せるのは100人までと、RPGにはあるまじきクソ仕様。あと無慈悲な戦闘システム。ちなみにブサイクしかいないキャラクターエディターで皆さん意識を喪失したことは間違えないのではないでしょうか。普段ならワクワクしながらキャラクターに何をさせるかを考えると思いますが、このキャラデザでは、出るものも出ないと言わざる得ない状況になります。アイテムはイベント用だけのおつかいアドベンチャー等ならば作ることができます。なぜこんなゲームにしてしまったのかと思おうほどの迷作です。

RPGツクールのジャケット写真
発売日
2004/12/16
ジャンル
その他
発売会社
株式会社エンターブレイン
さらに詳しく見る>

まとめの一言

プレイステーション2で2004年に発売された名作RPGを紹介しました。PS2のソフトはRPGもたくさん発売されていて、ドラクエなどの名作が数多くあります。しかし、中には賛否の分かれる作品があるのも事実。この年はそれが際立っていたようですね。ご紹介したタイトルの中にはあまり知られていないけれど良質なゲームもありますので気になった方はぜひプレイしてみてください。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局