【年代別名作紹介!】2006年~2008年発売の名作アクションゲーム(PS3編)の画像

この記事では2006年から2008年に発売された、プレイステーション3の名作RPGゲームをご紹介します。この時期はプレステ3が発売されて間もない頃で、ハードの性能を生かしてどんな作品が作られるか未知数な部分もあった時代です。今回はそんな中でリリースされた、今遊んでも楽しめる良作を8作品ピックアップしました。日本製の王道RPGやシミュレーションRPGが多く、今人気のオープンワールド型はまだ主流になっていない感じです。

The Elder Scrolls IV: オブリビオン

広大なオープンワールドを自由に旅するアクションRPG。世界的大ヒットとなった「The Elder Scrolls V: スカイリム」の前作にあたる作品です。異世界から侵略してくる敵から現実の世界を守るべく戦いを繰り広げます。一本道ではない自由なストーリー展開、人工知能を駆使したリアルなキャラクターなど、スカイリムの原型となるシステムが多く採用されています。

The Elder Scrolls IV: オブリビオンのジャケット写真

発売日
2007/9/27
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スパイク
さらに詳しく見る>

The Elder Scrolls IV: オブリビオンのゲオユーザ評価

評価数:115件
評価 :★★★☆☆(3.2/5)

ゲオユーザのThe Elder Scrolls IV: オブリビオンの「絶賛」レビュー・評価
  • エルダースクロールシリーズで始めて家庭用に日本で発売されたタイトル。正直システムはまだ洗練されていない頃なのでスカイリムやフォールアウトと比べるとまだまだですがスカイリムの世界観などが好きな方なら今でも楽しめます。

戦場のヴァルキュリア

アクション要素のある戦闘システムが特徴のシミュレーションRPG。シミュレーションRPGの戦闘というと、普通はお互い1ターンずつ攻撃して終了といったものが多いですが、このゲームはサードパーソンシューティングのアクションゲームで戦闘が行われます。システムの斬新さだけでなく、アニメ調の独特なグラフィックや、人間ドラマを描いた重厚なストーリーなども魅力です。

戦場のヴァルキュリアのジャケット写真

発売日
2008/04/24
ジャンル
シミュレーション
発売会社
株式会社セガゲームス
さらに詳しく見る>

戦場のヴァルキュリアのゲオユーザ評価

評価数:416件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

ゲオユーザの戦場のヴァルキュリアの「絶賛」レビュー・評価
  • シミュレーションとアクションがうまく融合しているような感じのゲームですが、敵を狙う時は動きが止まるので、FPSみたいに狙いを素早くつける必要もなく、落ち着いて狙うことが出来る所が良かったです。難易度も結構難しく、やりがいがあります。

アガレスト戦記

5世代にわたる壮大なストーリーが魅力のファンタジーRPG。各世代でヒロインを誰に選ぶかによって、次の世代の子供の能力が変化していくシステムが特徴です。グラフィックはアニメ調で、美少女ゲームっぽい雰囲気があります。世界観は好みが分かれるところですが、ギャルゲーや恋愛シミュレーションに抵抗がない方なら楽しめるでしょう。

アガレスト戦記のジャケット写真

発売日
2007/09/27
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社コンパイルハート
さらに詳しく見る>

魔界戦記ディスガイア3

コミカルな世界観が魅力のシミュレーションRPG。悪魔を育てる学校を舞台に、個性豊かなキャラクターたちが活躍します。ゲームはアドベンチャーゲーム風にストーリーが進むイベントパートと、シミュレーションパートに分かれています。クォータービューのオーソドックスなシミュレーションですが、システム面でこのゲームならではのオリジナル要素が多数あるのが魅力です。

魔界戦記ディスガイア3のジャケット写真

発売日
2008/01/31
ジャンル
シミュレーション
発売会社
株式会社日本一ソフトウェア
さらに詳しく見る>

魔界戦記ディスガイア3の秘宝のゲオユーザ評価

評価数:78件
評価 :★★★☆☆(3.6/5)

ゲオユーザの魔界戦記ディスガイア3の「絶賛」レビュー・評価
  • ずっと遊べるゲームです!やり込み要素などがすごくあり終わりなく遊べます! やりこみ派の方長く遊べるかと思います!

ティアーズ・トゥ・ティアラ 花冠の大地

マンガやアニメ化もされ人気を博したシミュレーションRPG。剣と魔法のファンタジーな世界観が魅力の王道RPGです。システムはストーリーを進めるアドベンチャーパートと、バトルを繰り広げるシミュレーションパートを繰り返すタイプ。わりとオーソドックスなので戸惑うことはないと思います。キャラデザイン、声優陣ともに豪華でファンにはたまらない作品です。

ティアーズ・トゥ・ティアラ 花冠の大地のジャケット写真

発売日
2008/07/17
ジャンル
恋愛青春
発売会社
株式会社アクアプラス
さらに詳しく見る>

トラスティベル ~ショパンの夢~ ルプリーズ

Xbox360で発売されて人気を博したRPGの移植。ショパンが見た夢の世界を舞台にしたファンタジーRPGです。暖かみのあるグラフィックや練り込まれた戦闘システムなど、RPGのツボを押さえた作品。基本的にはXbox360版の忠実な移植ですが、PS3版はクエストやダンジョンの追加などボリュームが大幅にアップしています。今遊ぶならこちらのPS3版がおすすめです。

トラスティベル ~ショパンの夢~ ルプリーズのジャケット写真

発売日
2008/9/18
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
さらに詳しく見る>

クロスエッジ

カプコンやバンダイナムコなど人気メーカー5社がコラボしたRPG。「魔界戦記ディスガイア」「マナケミア2」など、各社の人気作品のキャラクターが登場します。原作を知っていればより感情移入できますが、ストーリーはオリジナルなのでこの作品から遊んでももちろん楽しめます。このゲームで気に入ったキャラができたら原作をプレイしてみるのもよいでしょう。

クロスエッジのジャケット写真

発売日
2008/09/25
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社コンパイルハート
さらに詳しく見る>

ENCHANT ARM

2006年にXbox360で発売され人気を博したRPG。プレステ3で初めてリリースされた本格RPGとしても知られています。王道のRPGで、オープンワールドの洋ゲーが合わない方でもとっつきやすい作りです。戦闘はシミュレーション要素がありますが、分かりやすいシステムでテンポよく進みます。ギャグが多いコミカルな世界観は好みが分かれるところですが、そこがハマれば非常に楽しめるゲームです。

ENCHANT ARMのジャケット写真

発売日
2007/1/25
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社フロム・ソフトウェア
さらに詳しく見る>

まとめの一言

PS3で2006年~2008年に発売された名作ロールプレイングゲームを紹介しました。キャラクターとストーリー、世界観が魅力的な作品ばかりです。やりこみ要素が多いので一つのソフトで長く遊ぶことが出来ます。現役でPS3を使っている方も多いと思うので、未プレイの作品があれば、ぜひ遊んでみてください。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局