【年代別名作紹介!】2009年~2010年発売の名作RPGゲーム(Xbox 360編)の画像

この記事では2009年から2010年に発売された、Xbox360の名作RPGゲームをご紹介します。海外を中心に大ヒットした「Mass Effect」や「Fallout 3」、スカイリムの前の作品である「オブリビオン」など、主に洋ゲーから10作品をピックアップしました。オープンワールド型やストーリーが複雑に分岐するものなど、ハードの性能を生かした壮大な作品が多く登場します。ぜひお気に入りゲームを探してみてください。

Mass Effect

宇宙旅行が可能になった22世紀の世界を舞台にしたアクションRPG。日本ではやや知名度が低いですが、海外では非常に高い評価を得ている作品です。サードパーソンシューティングの要素が強いゲーム性で、三人称視点で敵と戦い、レベルを上げてストーリーを進めていきます。フルボイスと美麗なグラフィックによる演出が素晴らしく、まるでSF映画を観ている感覚でストーリーに入り込めます。

Mass Effectのジャケット写真
発売日
2009/05/21
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
マイクロソフト株式会社

Fallout 3:Game of the Year Edition

核戦争後の荒れ果てた世界が舞台のRPG。放射能の影響で生まれた不気味な敵たちと戦いながら、失踪した父の行方を捜します。広大なマップを自由に探索できるオープンワールド型のゲームで、綿密に作り込まれた世界を臨場感たっぷりに冒険できます。見た目はFPSっぽいですが、戦闘はコマンド選択式に近いシステムを採用しているのも特徴。アクションが苦手な方でもゆっくり落ち着いてプレイすることができます。

Fallout 3:Game of the Year Editionのジャケット写真
発売日
2009/12/03
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
ベセスダ・ソフトワークス

End of Eternity

荒れ果てた未来の世界を舞台にしたセガの名作RPG。シナリオは非常にシリアスですが、随所にギャグなどのコメディ要素がちりばめられているのが特徴のゲームです。重いストーリーは暗い気持ちになるから苦手という方でも、この作品なら楽しめるかもしれません。何回かクリアすることで徐々に伏線が回収されていくストーリー展開が特徴で、やり込み度の高さも魅力となっています。

End of Eternityのジャケット写真
発売日
2010/01/28
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社セガゲームス
End of Eternityのゲオユーザ評価

評価数:296件
評価 :★★★☆☆(3.5/5)

ゲオユーザのEnd of Eternityの「絶賛」レビュー・評価
  • ストーリーはやや洋画のようなクセがありますが、キャラクターが魅力的で楽しめます。なんと言っても醍醐味はスタイリッシュなアクション!アクションと言っても、プレイヤー自身がアクション苦手でも十分操作できるので、ストレスもありません。慣れが必要な部分もある反面、慣れればハマること間違いなしです。

The Elder Scrolls IV :オブリビオン Game of the Year Edition

オープンワールドで自由に世界を旅するアクションRPG。大ヒットした「The Elder Scrolls V: Skyrim」の前の作品です。ストーリーに制約されずどこを冒険してもいいシステム、人工知能を使ったNPCのリアルな振る舞いなど、スカイリムの原型となるアイデアがいくつも採用されています。スカイリムにハマった方はこちらもプレイしてみるとよいでしょう。

The Elder Scrolls IV :オブリビオン Game of the Year Editionのジャケット写真
発売日
2010/04/22
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
ベセスダ・ソフトワークス

NieR Gestalt

未来の荒れ果てた東京を舞台に、「ニーア」と「ヨナ」の親子の物語を描いたアクションRPG。プレステ3で「ニーア レプリカント」という姉妹編が発売されており、こちらはニーアとヨナが兄妹という設定になっています。敵が落とした「言葉」を使ってパワーアップしていく「ワードエディット」など独自のシステムが特徴。エンディングは4種類あるので全エンディングを観てみるのがおすすめです。

NieR Gestaltのジャケット写真
発売日
2010/04/22
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スクウェア・エニックス
NieR Gestaltのゲオユーザ評価

評価数:5件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

ゲオユーザのNieR Gestaltの「絶賛」レビュー・評価
  • ゲームスピードを速くしたゼルダのようなゲームです。なによりも評価できるのはBGMとシナリオです。とにかく感動して驚きました。レプリカントと内容は一緒でグラフィックはそこまでですが、ぜひやってみて欲しいです。

セイクリッド2

広大なマップを自由に冒険するオープンワールド型のRPG。クエストやダンジョンの数が膨大で、ただマップが広いだけではない魅力があります。メインのストーリーを遊び終えた後が本番といえるくらいやり込み度が高い作品。キャラクターのレベルは最大200まで上げることができ、自分好みに育てられるのも楽しい点です。

セイクリッド2のジャケット写真
発売日
2010/02/10
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スパイク

FableⅢ

王様となり国を導いていくアクションRPG。兄を倒して革命を起こす物語と、革命後に王となり国を統治する物語の二部構成になっています。プレイヤーの行動一つ一つがストーリーに影響していくのがこのゲームの特徴。善行を行うか悪行を働くかなどによって、国や人々の姿が変わっていきます。システム面はわりと親切なので初心者でも遊びやすいでしょう。

FableⅢのジャケット写真
発売日
2010/10/28
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
マイクロソフト株式会社

ファイナルファンタジーXIII アルティメットヒッツインターナショナル

2009年に発売された「ファイナルファンタジーXIII」の廉価版。アクティブタイムバトルや召喚獣など、ファイナルファンタジーの世界観をしっかり受け継いだナンバリングタイトルです。難易度はシリーズの中ではわりと高めで、モンスターは状況によって多彩な攻撃を仕掛けてきます。グラフィックの美しさやストーリー展開など、今遊んでも楽しめる作品です。

ファイナルファンタジーXIII アルティメットヒッツインターナショナルのジャケット写真
発売日
2010/12/16
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スクウェア・エニックス

アガレスト戦記ZERO Dawn of War

光と闇に分断された世界「アガレスト」を舞台に、主人公と少女の運命を描いたRPG。ヒロインたちとの交流に重きを置いた作品です。ギャルゲーっぽいアニメ調のグラフィックのゲームで、オープンワールドなどのリアル派ゲームとは全く違う世界観です。ヒロインの選択により主人公の能力が変化する「ソウルブリード」など、独自のシステムも魅力の一つとなっています。

アガレスト戦記ZERO Dawn of Warのジャケット写真
発売日
2010/7/29
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社コンパイルハート

Fallout: New Vegas

核戦争後の荒れ果てたアメリカを舞台にしたRPG。前作をベースに操作性やシステムを改善し、より遊びやすく進化しました。圧倒的な自由度の高さが特徴で、何度もクリアしてやり込める奥深さが魅力となっています。個性豊かなキャラ育成ができる「TRAITS」など、パソコン版で好評だったシステムはちゃんと継承。荒廃した世界を描いたグラフィックも緻密で美しいです。

Fallout: New Vegasのジャケット写真
発売日
2010/11/04
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
ベセスダ・ソフトワークス

まとめの一言

Xbox 360で2009年~2010年に発売された名作ロールプレイングゲームを紹介しました。この頃も完成度の高い名作が数多く発売されています。RPGは一つのソフトで長く遊べる作品がばかりなので、やり込めるゲームをお探しの方におすすめです。気になる作品があれば、ぜひチェックしてみてください。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局