【年代別名作紹介!】2011年発売の名作アクションゲーム(PS3編)の画像

アクションゲームがしたいなんて人はいませんか。アクションゲームは人気が最も高いゲームジャンルの一つで、いろいろな人におすすめできます。特に2011年に販売されたアクションゲームはグラフィックもかなり良い作品が多いことも特徴です。例えば、アサシンクリード3のグラフィックには「この年代のゲームでもここまでできるのか」と驚くことでしょう。ここではそんな2011年に販売されたPS3の名作アクションゲームを紹介しますから、ゲームを探している人はチェックしてみてください。

アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス

冒険家となって世界を舞台に大活躍するのがこちらのゲーム。アンチャーテッドシリーズの第三作になっています。本作では特にネイトとサリーの交流に重点が置かれており、ストーリー重視の人にもお勧めできます。また、かなりグラフィックも良く、細部まで精密に作られたキャラクターを操って冒険できます。前作に比べるとボリューム不足、といった声もありますが、やはりこのシリーズに失敗作はありません。

アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティスのジャケット写真

発売日
2011/11/02
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
さらに詳しく見る>

アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティスのゲオユーザ評価

評価数:359件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

ゲオユーザのアンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティスの「絶賛」レビュー・評価
  • 感嘆したのが、そのグラフィックの美麗さにあります。キャラクターのディテールや、敵キャラクターの動きもさることながら、一番素晴らしいと感じたのは風景や水など、背景のリアルさでしょう。アクション性も、非常に直感性に優れたコマンド入力や、スリル満点の冒険心を擽る謎解き要素はシリーズをしっかり踏襲しています。難易度も人によって選べる親切な仕様ですし、初プレイの感想は正に最高の一言でした。
ゲオユーザのアンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティスの「辛口」レビュー・評価
  • アクションは苦手だけど、なんとかやれる。でも2と比べると敵が強すぎてモヤモヤする。あと前作まであったクリア特典の弾数無限などのお楽しみがない、これはイタイ。

侍道4

侍となって冒険できる侍道の新作がこちらのゲームです。侍道ならではの剣劇にこだわったシステムはしっかり継承されています。また、拷問などのシステムもあるのも面白いところ。新システムである「つま斬り」はボス攻略には欠かせないのでマスターしておきましょう。登場する刀の数も実に豊富です。ちなみにキャラクターメイキングも充実しており、体型なども変えることができます。感情移入できるきゃらを作って冒険に繰り出しましょう。

侍道4のジャケット写真

発売日
2011/03/03
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社スパイク
さらに詳しく見る>

アリス マッドネス リターンズ

こちらは鏡の国のアリスにちなんだ作品です。主人公アリスになって仮想世界を冒険していくこととなりますが、グラフィックがかなり独特になっています。とはいえ、マップはどれも似通ったもので、「単調ですぐに飽きてしまうといった」声も。また、前作から10年近く時間が空いており、「前作と全く違う」といった声もあります。人を選ぶ作品の一つかもしれません。

アリス マッドネス リターンズのジャケット写真

発売日
2011/07/21
ジャンル
アクション
発売会社
エレクトロニック・アーツ株式会社
さらに詳しく見る>

DARK SOULS

DARK SOULSはダークな世界観が心地よい作品です。デーモンズソウルとかなり似たゲームになっており、システムもほとんど同じです。剣戟やソウルと呼ばれるマジックを用いて戦っていきますが、実に難易度も高いのでやりごたえもあります。また、武器の数が実に多くなっており、それぞれでモーションが違うのも面白いところ。いろいろなスタイルで戦闘できるのは本作ならではでしょう。

DARK SOULSのジャケット写真

発売日
2011/09/22
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社フロム・ソフトウェア
さらに詳しく見る>

DARK SOULSのゲオユーザ評価

評価数:275件
評価 :★★★☆☆(3.7/5)

ゲオユーザのDARK SOULSの「絶賛」レビュー・評価
  • 初めてプレイした時は絶望を覚え何度コントローラーを投げた事やらwでも何事にも成長はあるものです!各エリアのボスを倒せた時の喜び、そして次のエリアのボスで泣き、また喜びの超ハイレベルなアクションロールプレイングゲーム!ダークソウル3部作の1作目であり海外でも評価の高いゲーマーに愛されている名作の1つです!
  • やりごたえに溢れたゲーム、いまどきの一本道ゲームに慣れてる人は最初苦痛に感じるかもしれませんが名作であることは間違いありません。いわゆる死にゲー、死んで覚えるゲームですが、最初どうしても勝てなかった敵の隙や動きを覚え、倒せた時の気持ちは圧巻です。アクションゲームはそもそもそういうものかもしれませんが、その部分が強く出ているゲームだと思います。

ICO

ほのぼのとしたアクションゲームがしたいならばICOを選んでみると良いでしょう。ICOはいけにえの少年ととらわれの少女が一緒に旅に出る作品。舞台になる古城で冒険していくこととなります。グラフィックも癒されるものになっています。また、ワンダと巨像に世界観が似ており、こちらのタイトルを気に入った人にもおすすめできます。とはいえ、少しボリューム的に少ないのが欠点かもしれません。

ICOのジャケット写真

発売日
2011/09/22
ジャンル
アドベンチャー
発売会社
株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
さらに詳しく見る>

ICOのゲオユーザ評価

評価数:63件
評価 :★★★★☆(4.4/5)

ゲオユーザのICOの「絶賛」レビュー・評価
  • 最初は正直、え?なにこれ?って感じでしたが、独特の雰囲気と世界観にどんどんのめり込んでしまいます。謎解きとかして、脱出するゲームは全然やったことなかったけど、こんな感覚は初めてでとても新鮮で楽しかったです!
  • 強烈に心に残った作品です。すごくシンプルな画面で音楽も無いのに面白い。ゲームの原点を思いださせてくれました。間違いなく名作です。

ASSASSIN’S CREED REVELATIONS

AC2最終章がこちらのタイトル。リベレーションでは前作の舞台であったイタリアを離れてコンスタンチノープルなどのマップをプレイしていくこととなります。本作は最終章ということもありシステムも洗練されています。また、主人公であるエッツィオのストーリもこの作品で完結するので、エッツィオ好きならば外せない作品です。やりこみ度もほかのアサシンクリード作品のように高いので、時間をかけて楽しみたいゲームです。

ASSASSIN'S CREED REVELATIONSのジャケット写真

発売日
2011/12/01
ジャンル
アクション
発売会社
ユービーアイソフト株式会社
さらに詳しく見る>

ゲオユーザのASSASSIN’S CREED REVELATIONSの「絶賛」レビュー・評価
  • おじいさんエッツィオが暴れまくります。殺陣が作品随一にエグい気がします(笑)今回の新システムはフックブレードと爆弾ですがフックは移動が素早くなり良いですね。爆弾は、調合して色んな効果の物が作れます。状況に応じて使い分けられるので便利でした。
ゲオユーザのASSASSIN’S CREED REVELATIONSの「辛口」レビュー・評価
  • これまでアサシンクリードシリーズをやってきた方ならわかるだろうが基本同じことの繰り返し。安定した作品と、とらえることも出来るがマンネリとした作品とも言える。

まとめの一言

PS3で2011年に発売された名作アクションゲームを紹介しました。この年のアクションゲームは世界観が魅力的な名作が多いですね。誰でも楽しめるような作品ばかりですので、まだプレイしたことがない作品があれば、ぜひ遊んでみてはいかがでしょうか。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局