【年代別名作紹介!】2013年~2015年発売の名作RPGゲーム(Xbox 360編)の画像

最新のゲーム機がどんどん発売される時代になりました。最近ではスマホでもアプリをインストールすれば外にいてもゲームをプレイする事が可能です。スマホアプリでは最新のゲームから懐かしいゲームが揃っておりとても便利です。しかしやはり時々、懐かしいゲーム機でゲームをしたいと思う事はありませんか?特にXboxが発売された時は世の中に衝撃を与えるものがありました。Xboxの人気は高く、ゲーム機自体も最新型が多く出回っています。今回はそんなXboxの名作RPGゲームを、年代別でご紹介していきます。

The Elder Scrolls V: Skyrim Legendary Edition

2013年に発売されたThe Elder Scrolls V: Skyrim Legendary Editionは名作RPGゲームです。プレイヤーは馬、または徒歩でスカイリムの地を自由に放浪する事ができます。スカイリムには5つの大都市と小さな町の他に広大な自然が広がっています。ただ放浪するだけではなく両手に装備している剣を使い戦闘も行います。中にはドラゴンも登場するため、モンスターハンターに似たようなソフトとなります。クエストの数が非常に多く、一体全てを制覇するには何十時間必要なのか、少し気が遠くなるソフトです。しかし長い目で見ると自由度が高く、絶対にこれをやらなければいけないという事がないため長くプレイするにはもってこいのボリュームと言えるでしょう。ボリュームの多さからフリーズを心配する声が多かったものの、実際プレイしてみると気にならない程度のフリーズで完成度が非常に高いソフトです。

The Elder Scrolls V: Skyrim Legendary Editionのジャケット写真
発売日
2013/6/27
ジャンル
ロールレイング
発売会社
ベセスダ・ソフトワークス

ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII

2013年に発売されたライトニングリターンズファイナルファンタジー13も名作RPGゲームです。名前の通り有名タイトル、ファイナルファンタジーシリーズです。その中でもファイナルファンタジー史上最も人気があったと言われている13シリーズ、ライトニングの続編として登場した13-2より続くライトニングサーガの最終章として登場したのがこのソフトです。このソフトのタイトルが13-3にならなかった理由は、新しいゲーム体験ができるという事をわかりやすく表示するため、と言われており、またライトニングの物語が完結する事も意味されていると言われています。ファイナルファンタジー13をプレイした方には馴染み深いラストの混沌の浸食が起きてから数百年後のグランパルスが舞台になっており、ライトニング物語の最後を見届ける事ができる、ファイナルファンタジーの最高峰を飾れる名作ソフトです。

ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIIIのジャケット写真
発売日
2013/11/21
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スクウェア・エニックス
ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIIIのゲオユーザ評価

評価数:437件
評価 :★★★☆☆(3.7/5)

ゲオユーザのライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIIIの「絶賛」レビュー・評価
  • シリーズ最後の作品ということで特に神秘的な雰囲気と曲はめちゃくちゃ好きでした。音楽は特に最高。時間制限なくもっとたくさんのストーリーがやりたいなという印象が強いですが面白いです。

Fable Anniversary

2014年に発売されたFable Anniversaryも名作RPGゲームです。ポピュラスやダンジョンキーパーなどで有名なゲームデザイナー、ピーター・モリニューが監督を務めた事で有名です。最大の特徴は行動の自由度が高い点です。主人公がどのような人間として生きていくのかというのは全てプレイヤーに委ねられており、プレイするごとに全く違う人生を歩む事ができます。極端になりますが人助けのために生きるもよし、スリや空き巣をして悪の道に走るもよしというなんでもありなソフトです。ソフト自体にやりこみ要素というものは搭載されていないものの、行動の自由度が高いがゆえデータを消してやり直しても全く違うゲームをプレイしているかのように何から何までプレイヤーが決められるソフトはこれ以外見つからない、という名作ソフトです。

Fable Anniversaryのジャケット写真
発売日
2014/02/06
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
マイクロソフト株式会社

剣の街の異邦人~白の王宮~

2014年に発売された剣の街の異邦人~白の王宮~も名作RPGゲームです。世界観は円卓の生徒と同じですが、同作品とは別の国が舞台となっています。キャラクターの登録は最大16人まで可能という、キャラクター枠の幅が広いものが特徴です。キャラメイクも名前や性別、年齢はもちろんクラスや才能、ボイスまで指定できます。地道に装備集めが好きという方にはおすすめですが、ストーリーに沿って早くクリアを見たいという方にはおすすめできないかも知れません。それくらい装備の入手がシビアで、やり込みゲームとなっています。また死んだときのペナルティもかなりシビアで、安易に難しいボスに挑むと痛いペナルティをくらってしまいます。自身の能力をしっかり把握する必要がありますが、内容のボリュームを考えると名作入りとなるソフトです。

剣の街の異邦人~白の王宮~のジャケット写真
発売日
2014/06/05
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社エクスペリエンス

ドラゴンエイジ:インクイジション

2014年に発売されたドラゴンエイジ:インクイジションも名作RPGゲームです。ドラゴンエイジシリーズの第3作品目となり、瀬田素大陸に現れた裂け目と呼ばれる世界に災いをもたらす危険な魔物の出現する謎の存在を封印するための旅に出ます。ゲーム開始時にプレイヤーは人間、ドワーフ、エルフ、クナリから種族を選択ができます。種族はもちろん性別や外見をカスタマイズできるため、自分だけのキャラクターで旅に出る事ができるのも、このソフトの魅力です。戦術カメラとキャラクター操作の切り替えボタンというものが存在しており、位置関係がわかりやすいため戦闘も難なくこなせます。今までアクションRPGは難しくできなかったという方でも、位置関係がわかりやすい事で操作方法をのみ込む事ができる名作ソフトです。

ドラゴンエイジ:インクイジションのジャケット写真
発売日
2014/11/27
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
エレクトロニック・アーツ株式会社
ドラゴンエイジ:インクイジションのゲオユーザ評価

評価数:318件
評価 :★★★☆☆(3.4/5)

ゲオユーザのドラゴンエイジ:インクイジションの「絶賛」レビュー・評価
  • ドラゴンエイジシリーズはストーリーもさることながら、キャラクターがとても丁寧に作られているところが魅力です。 選択肢次第でロマンス(恋愛)を発生させることも可能で、キャラクターによってはロマンス状態で一緒に冒険することもできます。ロマンス中は仲間同士の雑談の内容が変化するなどの細かい設定があるため、お気に入りのキャラクターを作ると攻略が更に楽しくなります。過去作のキャラクターが多数出てくる為、オリジンズからプレイするのがおすすめです。

まとめの一言

Xbox 360で2013年~2015年に発売された名作ロールプレイングゲームを紹介しました。世界観、キャラクターが魅力的だったり、ストーリーが重厚でボリュームがあったり、今でも十分楽しめる名作がそろっているので、気になる作品があれば、ぜひチェックしてみてください。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局