敬老の日!シニアでも楽しめるゲーム レトロゲーム編の画像

ファミコンやスーパーファミコン世代の方にとって、最近のゲームは複雑だとか、3D酔いするなんて人もいるのではないでしょうか。そんな人におすすめなのが、スーパーファミコンなどのレトロゲーム。昔のゲームの中にも逆に最近のゲームよりも難しいものは多数ありますが、なによりもわかりやすいというのがおすすめです。ゲーム好きのシニアの方も、今までゲームに触れたことがないという人にもおすすめのレトロゲームをここでは紹介させていただきます。

MOTHER1・2(FC・SFC・GBA)

コピーライターの糸井重里氏が手掛けたロールプレイングゲーム。「エンディングまで泣くんじゃない」というコピーの通り、胸がキュンとなるようなストーリーと、「大人も子供もお姉さんも」といったコピーの通り、老若男女誰でも楽しめるどことなく懐かしいような雰囲気で大人気を博しました。主人公や仲間の少年少女が固い絆を武器に敵と戦っていく姿は、なぜか昔友達と遊んでいたころを思い出してしまうとうい人も多いのではないでしょうか。敵を倒した時も命を奪うのではなく「~はおとなしくなった」という表現をしているのもこのゲームの世界感ならでは。昔遊んだことがあるという人は久しぶりにプレイしてみるのもいいでしょうし、遊んだことがないという人も新鮮で何故か懐かしい気持ちで楽しめるロールプレイングゲームになっています。

MOTHER1・2のジャケット写真
発売日
2003/06/20
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
任天堂株式会社
GEOで購入!
MOTHER1・2の評価

評価数:9件
評価 :★★★★☆(4.3/5)

ゲオユーザのMOTHER1・2の「絶賛」レビュー・評価
  • キャラクターが可愛く、会話もユーモアのあるキャラクターばかりで非常に魅力的。更に音楽、グラフィックも凝っています。ストーリーも素晴らしい。主人公の少年はしゃべりませんがストーリーが進むにつれ少年の成長がよく分かります。欠点が見当たりません。

太閤立志伝(SFC・MD)

戦国時代を舞台にした人気歴史シミュレーションシリーズ「太閤立志伝」の第一作。プレイヤーは豊臣秀吉(木下藤吉郎)となり、戦国時代を舞台に立身出世を目指します。史実通りに、主君・織田信長の命をこなして出世を目指すのもよし、また歴史とは違う人生を歩むことも可能です。また、出世して立場が変わることでできることも変わってきますので、それによって飽きがこないのもこのゲームのいいところ。歴史的にも有名なイベントも数多く用意されているため、歴史好きの方は楽しめることは間違いありません。このゲーム以降も数多くの続編が発売されてきましたが、織田信長を配下にしたり、裏切ったり、大名や武将を暗殺したりとさまざまな歴史とは違う楽しみ方ができるのはこの初代太閤立志伝が一番と言っても過言ではありません。

太閤立志伝のジャケット写真
発売日
1993/04/07
ジャンル
シミュレーション
発売会社
株式会社コーエー
GEOで購入!

大爆笑 人生劇場 ドキドキ青春編(SFC)

中学1年生から高校3年生までの人生を楽しむことができるボードゲーム。プレイヤーは名前や性別、血液型や顔、性格などを選んで自分の分身を作成し、他の3人のキャラクターとボードゲームを楽しみます。ボードゲームですので、止まったマスによってさまざまなイベントが起こります。さらにはキャラクターにはそれぞれ知力や力、かっこよさなどのステータスがあり、それによってイベントの結果が左右されたりも。イベントも運動会や修学旅行、卒業式などの学生ならではのイベントや、バレンタインデーなどのイベントまで用意されています。さまざまなイベントや恋愛、クラブ活動など、学生時代を思い出しながら楽しめるボードゲームになっています。

大爆笑 人生劇場 ドキドキ青春編のジャケット写真
発売日
1993/07/30
ジャンル
テーブル
発売会社
株式会社タイトー
GEOで購入!

かまいたちの夜(SFC)

そのシーンにあったグラフィックの上に文章が表示され、プレイヤーは時折でてくる選択肢を選んでゲームを進めていくサウンドノベルゲーム。大まかなストーリーは、ガールフレンドと一緒にスキー旅行で訪れたペンションで起こる殺人事件に巻き込まれてしまうというものになっています。このゲームの一番の面白さは、やはりさまざまな選択肢の選び方によって物語の流れや結末がどんどん変わっていくということでしょう。登場人物は基本的には変わりませんが、選択肢の選び方によって、その未来はもちろん、立ち位置までも変わっていくのは面白いところ。本筋の「ミステリー編」以外にも、シリアスなものからクスっと笑ってしまうようなものまで、さまざまな物語を楽しむこともできます。ひとつの物語としてもかなり楽しめるものになっていますので、特に小説を読むのが好きな方やミステリー好きの方にはおすすめのゲームです。

かまいたちの夜のジャケット写真
発売日
1994/11/25
ジャンル
アドベンチャー
発売会社
株式会社チュンソフト
GEOで購入!
ゲオユーザのかまいたちの夜の「絶賛」レビュー・評価
  • 弟切草に続く第二弾。スーファミで友達に借りて楽しみました。シルエットが動いて、音楽がかかって、小説を読む。ルートによって内容も変わる当時は楽しかったなぁ〜

シムシティ(SFC)

世界中で大人気を博した街づくりリアルタイムシミュレーションゲーム。プレイヤーは都市の市長となり、自分の町を発展させながら、人口50万人を超える「メガロポリス」を目指します。基本的には「シム」と呼ばれる住民が住む「住宅地」、そのシムが働いたり買いものしたりと経済的に影響の大きい「商業地」、「工業地」などをバランスよく配置していきます。ただし、工業地は公害を発生させたり、人口が増えることによって渋滞や犯罪、災害などが増加するため、それにたいしてさまざまな建築物や町の配置を考えていかなければいけません。自分の都市が発展していく様子を眺めるのはもちろん、春には桜、冬には雪景色と四季折々の景観も楽しめます。さまざまな地形や問題を抱えたシナリオが複数用意されていますので、何度でも自分の都市作りを楽しめるゲームになっています。

シムシティのジャケット写真
発売日
1991/04/26
ジャンル
シミュレーション
発売会社
任天堂株式会社
GEOで購入!

まとめの一言

今回ご紹介させていただいたタイトルは激しいアクションゲーム系ではなく、ロールプレイングやシミュレーション系のタイトルが中心となっていますので、普段ゲームに馴染みが薄い方や初心者の方でも入りやすいジャンルとなっています。また、当時名作と呼ばれたタイトルばかりのため、内容にも満足できることでしょう。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局