歴代FFシリーズ【最強ランキング】の画像

大人気のRPG、FF。シリーズ物でファンも多く、魅力的なキャラクターがたくさんいます。そんなFFはすでに最新作でシリーズ15まで発売されています。現在ではプレイステーションだけではなくスマホアプリでも多くのFFがあり、ドラゴンクエスト派とファイナルファンタジー派という派閥ができるほど有名なゲームになってします。数多くあるFFでどのシリーズが一番面白いのかを独自の視点でランキング形式にご紹介します。

ファイナルファンタジーⅦ(PS)

第1位。Ⅶの主人公はクラウド・ストライフです。FFをプレイした事がない方でも一度は目にした事があるだろう、というくらい人気のキャラクターが主人公となっている作品です。物語は神羅カンパニーの専属戦闘員、ソルジャーの青年クラウドが次第に自分の過去について疑問を抱いていきます。そこから宿敵となるセフィロスを追う旅に出るのですが、歴代のFFシリーズの中でもトップクラスにプレイヤー側が強い設定になっています。そのため道中で行き詰まる事も少なく、FFをプレイした事がない方にもストーリーを気持ちよく楽しんでもらえる作品です。Ⅶシリーズはこれまで2Dだった世界を3D化したという節目の作品でもあり、FF側もかなり力を入れています。アフター作品も多数出ているので不動の人気作と言えるでしょう。

ファイナルファンタジーⅦのジャケット写真
発売日
1997/01/31
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スクウェア・エニックス

評価数:77件
評価 :★★★★☆(4.6/5)

ゲオユーザのファイナルファンタジーⅦの「絶賛」レビュー・評価
  • これ以上の作品に出会ったことはない。これを越えられるRPGが生まれるとは思えない。ストーリー、キャラクター、音楽。どれを取っても最高傑作。PS4への移植なんかしなくても、PSのままで十分のめり込める。グラフィックなどに頼らなくても、至高のゲーム。語り出したら終われない。それがFF7だ。
  • ファイナルファンタジーシリーズ屈指の名作と言われるのが納得できる内容でした。 初代PS時代の作品であるのに、やりごたえのある内容や先の見えないストーリー展開、画期的なバトルシステムとシリーズ初プレイの方にもオススメできる内容です。

ファイナルファンタジーⅨ(PS)

第2位。Ⅸの主人公はジタン・トライバルです。猫のような尻尾を持つ金髪のキャラクターです。シリーズの6、7、8では近未来的な世界観が多かったFFが原点回帰した、と言われている作品で今でも不動の人気を誇っています。主人公のジタンが特殊な外見を持つ事からもわかるように、登場するキャラクターも個性的です。そしてその個性的な仲間たちが生きる意味を探す、ファンタジーな世界観が楽しめます。ストーリーを進めて行くとジタン以外にも操作が可能になり、飽きがこない作品として上位にランキングインしています。

ファイナルファンタジーⅨのジャケット写真
発売日
2000/07/07
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スクウェア
ファイナルファンタジーⅨのゲオユーザ評価

評価数:76件
評価 :★★★★☆(4.3/5)

ゲオユーザのファイナルファンタジーⅨの「絶賛」レビュー・評価
  • キャラクターの頭身など、前作までと大きく路線変更してますが、キャラクターも個性がしっかりしていて可愛い。ストーリーもテーマが重いところもあり大人になった今でも楽しめます。ロードが長いなど、システム的な不満はありますが、ラストシーンではおもわず泣いてしまいました。ゲームで泣いたのは後にも先にもこの作品だけです。
  • ファイナルファンタジーシリーズの中でもベスト5に入る作品です。バトルも楽しくてやりがいがあるが、何といっても、色々なドラマがあるのがファイナルファンタジーらしくて最高だと思います。色んなやりこみ要素やゲームが有るのも◎いつもラスボス戦がとても楽しみです。

ファイナルファンタジーⅩ(PSV・PS2)

第3位。Ⅹの主人公はティーダです。かなり大々的に告知されていた作品なので知っている方も多いと思いますが、初めてキャラクターボイス機能が搭載された作品です。キャラクターはレベルではなくスフィア盤で成長する新システムで、当時のレベル成長という概念を覆す新鮮味のあるシリーズです。とりあえずストーリーを進めればいい、ではなくスフィア盤で育成をする事で他人とは違った自分だけの性能キャラクターを作る事ができます。現代でも通用するきれいなグラフィック、戦闘中の手の込んだアクションも人気のひとつです。映像ストーリーが多い分単調で自由性がないという声もありましたが、一本道のストーリーゆえ迷う事はなくRPGをプレイした事がない方でもラスボスまでたどり着く事ができるかと思います。

ファイナルファンタジーⅩのジャケット写真
発売日
2001/07/19
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スクウェア
ファイナルファンタジーⅩのゲオユーザ評価

評価数:366件
評価 :★★★★☆(4.1/5)

ゲオユーザのファイナルファンタジーⅩの「絶賛」レビュー・評価
  • RPG好きなら、一度はプレイすべき作品。あくまで主人公視点で、旅の合間に語りが入るのだが、これも物語を引き立てる重要な役割を果たしている。これほど感動できるRPGは今後出てくるのだろうか。序盤におけるユウナの旅立ちのシーンは、2周目にプレイすると…涙腺崩壊。
  • 名作です。バトルシステムは誰でも楽しめるもので有りながら単調ではなく、奥深いシステムになっています。ストーリーも良く、グラフィックも、とても綺麗で、ゲームの世界に引き込まれそうになります。やり込み要素もあり、長く楽しめるゲームだと思います。

ファイナルファンタジーⅩⅢ(PS3・X360)

第4位。ⅩⅢの主人公はライトニングです。クラウドと肩を並べるほど知名度の高い女性キャラクターが主人公になっている作品です。ストーリーは全13章で構成されており、10章までは一方通行で自由性がないため、10章まではチュートリアルと呼ばれています。ゲームとしての評価は高くないもののストーリーには力が入っている作品です。主人公、ライトニングの知名度の高さからもストーリー性の評価の高さは分かるでしょう。チュートリアルと呼ばれがちな10章までですがストーリーをしっかり読めばそれまでも楽しむ事ができます。また一方通行なので攻略本を購入しなくてもつまづく事なく進める事ができるので、RPG初心者でも楽しむ事ができると思います。

ファイナルファンタジーⅩⅢのジャケット写真
発売日
2009/12/17
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スクウェア・エニックス
ファイナルファンタジーⅩⅢのゲオユーザ評価

評価数:1277件
評価 :★★★☆☆(3.6/5)

ゲオユーザのファイナルファンタジーⅩⅢの「絶賛」レビュー・評価
  • とにかく、映像!グラフィック!映画を見ているかのような感覚でゲームしてる感じなりました!ストーリーは満点!FFシリーズの中でもかなりハマった方でした。操作もある程度覚えちゃうとあとは特にむずかしいことないです。やり込めるのでおすすめ!

ファイナルファンタジーⅩⅤ(PS4・XO)

第5位。現時点でのFFシリーズの最新作で、初のオープンワールド採用になり世界観が広く鮮明になっています。印象的なのは移動手段が車な事です。世界がかなり広く作られているので車じゃないと移動に時間がかかりすぎる、という点から車移動があるようですが、現実世界との親密性も感じられ楽しめます。最新作なのでグラフィックが綺麗でまるでひとつの映画を見ているような感覚にもなります。ストーリーはやや一方通行寄りなので迷う事なくプレイできますし、ミニゲームがたくさんあるので自由な冒険をする事も可能です。

ファイナルファンタジーⅩⅤのジャケット写真
発売日
2016/11/29
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スクウェア・エニックス
ファイナルファンタジーⅩⅤのゲオユーザ評価

評価数:3739件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

ゲオユーザのファイナルファンタジーⅩⅤの「絶賛」レビュー・評価
  • 戦闘は昔と違ってしまい最初は残念に感じましたが、やって行くうちにやはり楽しいと思い。どんどんハマっていきました。4人とも個性豊かでとてもかっこいいです。ストーリーも私は何度か感動して泣きました。

まとめの一言

FFシリーズは作品ごとに主人公、物語、世界が違うので、人それぞれ好きな作品があるかと思います。自分の中でのランキングと比べてみていかがでしたでしょうか。まだシリーズをやったことがなく、FFに興味があるという方はぜひ、この記事を参考にしてみてください。きっとお好みの作品が見つかると思います。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局