OCTOPATH TRAVELERのジャケット写真

「伝統と革新の融合」をテーマに掲げたスクエニの意欲作『OCTOPATH TRAVELER』。プレイスタイルの異なる8人の主人公による「ロールプレイ」「コマンドブースト」「ブレイク」による戦略性をもたせたバトルはワクワクに溢れ、2Dにして美麗なドット絵調グラフィックが懐かしさをそそります。今回はそんな『OCTOPATH TRAVELER』について初心者の方向けに知っておきたいことをまとめてみました。

ジャンル:ロールプレイング、発売日:2018/07/13、発売会社:株式会社スクウェア・エニックス

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

その1:主人公は誰が良いの?

8人のキャラクターの中から好きなキャラクターを選んで主人公にしましょう。主人公に選ばなかったキャラクターも全員仲間になりますし、ストーリーも読むことができますので、気に入ったキャラクターを選ぶと良いでしょう。

主人公に選んだキャラクターは外すことができないので、汎用性の高いキャラクターを主人公にした方が攻略は楽になります。味方にバフをかけることができるプリムロゼは、獲得できる経験値を増やすことのできるアビリティも取得しますので序盤は特に重宝します。

サイラスは敵の弱点を見抜くことができるアビリティを取得し、属性のついた全体攻撃も複数覚えるので雑魚敵の処理に役立ちます。オフィーリアは回復魔法が使える為、序盤から終盤にかけてパーティに必要になります。ハンイットは攻撃回数が多く、ブレイクを取り易い為使いやすいキャラクターになっています。

他にも、オルベリクは高いHPと防御力でタンク役がこなせますし、トレサは移動だけでお金が稼げます。また、宝箱を開錠するのにテリオンは必須ですし、回復だけでなく攻撃にも参加できるアーフェンも魅力的です。 基本的に不要なキャラクターは誰一人いませんので、誰を主人公に選んでも攻略に詰まることはありません。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=_5pweox1Io8

その2:オススメのジョブ

オルベリクは攻撃力が高いのでベースジョブでは狩人と組み合わせ、ダメージ限界突破を装備すると良いでしょう。上級ジョブでは高い攻撃力を活かした武芸家が良さそうです。同様にハンイットは剣士・武芸家にしてオルベリクと同じような使い方をするのがオススメです。

プリムロゼは薬師にすることで支援のプロになれます。上級ジョブでは攻撃型にするなら魔術師、支援型にするなら星詠人がいいでしょう。同様にテリオンも踊子・魔術師といった後方型で育成するといいでしょう。サイラスも同様に後方支援型ですが、攻撃性能が高いので光属性も使えるように神官にし、上級で魔術師にするのがいいでしょう。

トレサは薬師か踊子にして支援系の能力を高めれば傭兵よびなどを有用に使えます。上級でルーンマスターにすることで商人の力は最大限に活かせます。 アーフェンは剣士にすることで前衛で使うことができるのでオススメです。上級ジョブは何でもこなせるので、アーフェンに関しては必要だと思ったジョブにしてみましょう。

その3:4章クリア後に手に入る物

オルベリク4章クリア後にはウェルスプリングのエアハルトから84000リーフで歴戦の剣を買取ることができます。また、ヴィクターホロウの剣闘士ネッドから歴戦の斧、マルサリムのグリーヴから歴戦の盾を買取ることができます。アーフェン4章クリア後には波隠れの岩窟のヴァネッサから歴戦の短剣を買い取れます。

トレサ4章クリア後には商船船長レオンから歴戦の槍が買取れます。ハンイット4章クリア後にはシ・ワルキのザンターから歴戦の弓を買取ることができます。オフィーリア4章クリア後にはセントブリッジにいるバルトロ司教から歴戦の杖を買取れます。ちなみに、剣以外は盗むこともできます。

プリムロゼ4章クリア後にはノーブルコートのジャンからヒュプノクラウンが手に入ります。テリオン4章クリア後にはボルダーフォールのヒースコートからヒースコートの短剣が、サイラス4章クリア後にはアトラスダムのテレーズとグスタフからエレメントブースター、グスタフの盾が手に入ります。

その4:クリア後もストーリーは続く?!

各キャラクターの4章をクリアすることで物語はいったん終わりになりますが、回収しきられない伏線がいくつか残ります。ボルダーフォールの屋敷前で受けられる「運命の人」とノーブルコートの「父を捜す旅人クリス」のサブストーリーをクリアし、西シ・ワルキ森道で「座長とアルファス、その後」をクリアしましょう。そうすると「ホルンブルク合戦場跡」へ行くことができます。

その先に「フィニスの門」はあるのです。フィニスの門ではボス10連戦になり、途中で抜け出すことができませんが、攻略することですべての謎が解ける手記を読むことができるようになるのです。

OCTOPATH TRAVELERの作品情報

OCTOPATH TRAVELERのジャケット写真
発売日
2018/07/13
ジャンル
ロールプレイング
開発会社
株式会社スクウェア・エニックス
GEOで購入!
OCTOPATH TRAVELERのユーザ評価

評価数:56件
評価 :★★★★☆(4.3/5)

クチコユーザのOCTOPATH TRAVELERの評価
  • ゲームシステムはかなり、やり込みがあります とりあえずプレイ時間の大半を盗むについましてましたがその価値はありました!戦闘は楽しいし、みなさんのいう古きよきRPGという感じ。不満点は仲間同士のからみがほとんどないこと。そのためそれぞれのキャラクターの物語は基本的にサブキャラとの関係性しか描かれません。せっかく8人そろっても一人で旅してる気分。正直それはちょっともったいなかったなーと
  • 思っていたのと若干違いましたが、ドット絵なのに、画面が綺麗。そして、昔感じた、このキャラはどんな声になるのかってのも、このゲームはボイス付きなので、その点はかなり評価できます。ただ、フィールドと呼ぶには違うが、ややこしいです。バトルも、敵は倒しがいがあると言えばそうだけど、サクサク感は皆無です。じっくり、ゆっくりやりたい方にはいいのかな。
  • 全体的に良い。ドット絵もストーリーも良い。しいて言えば8人中4人が戦闘で戦うが経験値は入らない、なので一人ひとりストーリーが有るためレベル上げを毎回しなければならない。ただ一人づつキャラの個性が立ってるのでやりごたえ有る。

参考URL
・youtube.com