PUBG(PlayerUnknown’s Battlegrounds)のデベロッパーBlueholeは2018年のロードマップを公表した。来月にも4x4kmの新しい島マップが開放される模様。

新しいマップはまずPUBGのテストサーバーで公開去れることになるだろう。そこで、多くのユーザのフィードバックを得ることができるはずだ。バグフィクスもあわせて行われるだろう。開発チームによると、新しいエリアはプレイヤー密度がより高く、シューティングマッチがたくさん起こるようだ。

また、新しいマップに加えて、BlueholeはPUBG感情システムも修復中でこちらも近日テストサーバーに公開されるようだ。 新しいゲームモードや乗り物も加わる予定だが、まだ詳細は明らかに出来ないレベルだとのこと。

その他、サウンドセキュリティについても改善が入る。BlueholはPUBGをeSportsカテゴリーに加わる意向を明らかにしたが、正式に認定されるまでには幾つかのステップが必要になりそうだ。

ちなみに、PUBGは全世界で3000万本の売上を記録しているが、アクティブユーザは減少傾向にあるようだ。今回のアップグレードでアクティブユーザが増える方向に舵を切れると期待したい。

詳しくはvideogamerもどうぞ!

参考URL
・https://www.videogamer.com/news/pubg-2018-roadmap-confirms-new-4x4km-map-and-emote-system