どうやらスクウェア・エニックスがFFⅦのリメイクに向けて本格始動し始めたようだ――レベルデザイナーの募集を始めた模様。

FFⅦのリメイクは開発チームによって進められており、グラフィックのハイクオリティ化等については着々と進めているようで、かなり満足のいくレベルになってきている模様。レベルプランナー、バトルプランナー、デザイナー、エンジニアを集めて、一層のクオリティupに取り組みたいようだ。

リメイクはキングダムハーツやFFVersus13の開発をつとめた野村哲也氏らにより行われるとアナウンスされ、スクウェア・エニックスは、コンテンツをカットすることなくタイムリーな作品に仕上げるためには、ゲームそのものを複数のリリースに分けることも必要だと考えているようだ。

昨年の5月には制作クオリティに不満を感じた野村氏らは初期の開発会社と距離を置き、内製体制に切り替えた。その後、プロダクションについての追加情報は得られていなかった。

今回のハイアリングの情報は、プロジェクトが上手く進んでいることの裏づけだと信じたいところだ。

詳しくはgameinformerもどうぞ!

参考URL
・http://www.gameinformer.com/b/news/archive/2018/03/12/square-enix-hiring-for-core-members-of-final-fantasy-vii-remake-team.aspx