2015年に発売された『レインボーシックスシージ』は、未だにアップデートが行われるほど人気が高い作品だ。 ただ、マナーの悪いユーザによって、善良なプレイヤーに悪い印象を与えてしまっていることは間違いないだろう。

開発元のユービーアイソフトも「ネガティブなプレイヤーの行動を監視することは重要だし、しっかりと取り締まることでその他のユーザも態度を改めてくれることだろう」と述べている。

まずはチャットの改善から取り掛かる模様で、プレイヤーはミュートモードにすることもできる(相手のプレイ環境の音が入ってくるのが嫌なユーザもいる)。その他、攻撃的なワードを使っていることについてユーザに警告を出す仕組みを取り入れるようだ。

加えて、あまりにもひどいユーザはアカウントバンの対象にする。程度に応じて、2日、7日、15日の長さがある模様。

また、ユービーアイソフトはチームメンバーを殺すことも問題だとしており、これに対しても対策を考えているとのこと。 ※チームメンバーは攻撃できないなどだろうか。

レインボーシックス シージの作品情報

レインボーシックス シージのジャケット写真
発売日
2015/12/10
発売会社
ユービーアイソフト
ジャンル
シューティング/ファーストパーソン
GEOで中古を割安に購入!

詳しくはgameinformerもどうぞ!

参考URL
・http://www.gameinformer.com/b/news/archive/2018/04/04/rainbow-six-siege-implementing-new-ways-to-combat-toxcity.aspx