『バイオハザード7』が遂にXbox One Xにやってくる。しかも4Kディスプレイをサポートしているようだ。 カプコンは従来のコンソールでは1080pをターゲットにおいていたが、Xbox Oneにおいてはゲームを快適にプレイできる60FPSを安定して出すことが出来なかったようだ。

バイオハザード7は、グラフィックの深度が深くピクセル描写を行うにはかなりのパワーが必要となる。PS4 proバージョンについて、カプコンは「2240 x 1260」でレンダリングを行うと述べていた。

だが、実態はどうもそのような数字ではないようだ。Youtbe に投稿された映像からは3200 x 1800の解像度でレンダリングしていることが確認されている。

そして、Xbox One Xではさらに解像度が上がり、3840 x 2160になる見込みで、PS4proに比して、Xbox One Xはより繊細な描写を実現できるだろう。ただ、アンチエイリアスの効き具合についてはPS4 Proの方が一枚上手のようだ。

ただし、その差はほとんどないと言っても良い程度にとどまっていることも付しておきたい。

Xbox One Xユーザは是非4Kプレイを体験して欲しいところだ!

バイオハザード7 レジデント イービルの商品情報

バイオハザード7 レジデント イービルのジャケット写真
発売日
2017/01/26
発売会社
カプコン
GEOで中古品を割安に購入!

詳しくはeurogamerもどうぞ!

参考URL
・https://www.eurogamer.net/articles/digitalfoundry-2018-resident-evil-7-xbox-one-x-offers-a-big-leap-over-standard-console