マイクロソフトのデベロッパーカンファレンスの場で、なかなか凄い発表をしてくれた。

今までは70%のレベニューシェアだったところを95%まで引き上げるとのことだ。ただし、Windows10 PC、Surface、Mixed Reality デバイスだけが対象となる。Xboxについては、現状の70%割合のまま。また、windowsストアのゲームについても対象外とのことだ。

現状はSteamのプラットフォームに比類する程魅力的な内容ではないが、今後変更される可能性は高い。

今回の変更を受けてMicrosoftのプラットフォームで開発するインセンティブはかなり高いものになるだろう。もし、ゲームデベロッパーにも同じ割合で提供することになれば、かなり大きな動きが置きそうだ。

高解像度・高フィルムレートを実現するハイスペックマシンを組み立てるには依然としてPC(特にwindowsは扱いやすい)が強い。今後の動きに注目だ

詳しくはgameinformerもどうぞ!

参考URL
・http://www.gameinformer.com/b/news/archive/2018/05/08/microsoft-offering-95-percent-revenue-share-in-windows-store-but-not-for-games.aspx