2018年のE3の開催がせまってきた。今後のゲーム業界の動きがどうなるのかを見通すことができる最高のイベントだ。ゲーマーにとってE3は最高の時間を提供してくれるだろう。

目玉はビッグスリー(ソニー、マイクロソフト、任天堂)の動向だろう。ソニー(PS4の新規タイトルを多数発表)と任天堂(2018念に発売するタイトルを発表)については概ね情報は出つつあるが、マイクロソフトについては未だに不明な点が多く、隠し玉を持っていそうな感じもある。何せ“過去最高のE3になる”とマイクロソフト自身が語っている――シアターを丸ごと1つ借り切っていることからも、その規模の大きさは伺えそうだ。

マイクロソフトへの期待が高まる2つのポイントをまとめてみよう。

1.新しいIP

これまでにもマイクロソフトはIP開拓に尽力してきた。その結果、InsomniacやArmatureといったスタジオ協業し、様々なタイトルを送り出してきたのも間違いない。もちろん、インハウスのタイトルにも力を入れている。今後、マイクロソフトは一層新規IPの獲得・スタジオとの協業に力を入れていくだろう。

マイクロソフトが保持するビッグタイトル(『HALO』や『Gears of War』)の最新作についてはいまだ公式の発表はない。それぞれ最新のタイトルが発売されてから数年が立つ。今回のE3で何らかの発表があってもおかしくはないだろう。ビッグイベントにふさわしいお披露目になることを期待したい。

2.ゲーマ障壁の撤去

ここ数ヶ月で、マイクロソフトは多大な活動を行ってきたのは事実だろう。Xbox Liveゴールドメンバーがプレイできるタイトルを拡張したり、クロスプラットフォームを推進してきたり、バックワードシステムを提供したりとかなり活発な活動を行っている。

とはいえ、PlaystationNetworkに比べると依然として「支払」を行わなければいけない状態で、ライトゲーマーにはマイクロソフトの障壁が高いのは変わらないだろう。今回のE3で、プラットフォームに大きな変化があるのではと期待している。

クロスプラットフォーム、バックワードシステムetc。マイクロソフトにかなり大きな動きが起こっているのは間違いない。
今はPS4とNintendo Switchに押されているかもしれないが、マイクロソフトが今後もプラットフォームを改善・進化し続ければ、パイを手に入れることも出来るかもしれない。そうなることを期待している。

Gears of War 4の商品情報

Gears of War 4のジャケット写真

発売日
2017/05/25
発売会社
マイクロソフト
GEOで割安に購入!

詳しくはgamingboltもどうぞ!

参考URL
・https://gamingbolt.com/5-announcements-xbox-can-make-this-e3-to-win-favor-with-its-fans