メタルギアソリッドシリーズの生みの親:小島秀夫氏が手がける最新ゲーム『Death Stranding』の開発に加わっている俳優のMads Mikkelsenは、ゲームについて世界中のプレイヤーとコラボレーションできるようにすべきだろうと述べている。

出演している最新映画「Arctic」のプレス向けイベントをこなす中で、Mikkelsenに質問を投げたときに上記のような返答があったようだ。

ちなみに、『Death Stranding』の主役は海外ドラマ「ウォーキング・デッド」シリーズで一躍有名になったノーマン・リーダスがつとめる(もちろん、CGでだ)。映画差ながらの豪華なゲームに仕上げてくるのは間違いないだろう。

2017年12月の「The Game Awards」でトレーラーが公開されて以降、情報提供がほとんどない本作・・・だが、間もなく開催となるE3で最新情報が発表されるのは間違いない――2018年のE3にてソニーがプレスカンファレンスで発表する4つのゲームタイトルのうちの1つとして『Death Stranding』がアナウンスされている。
どのような発表があるのか待ち遠しいばかりだ。

詳しくはgameinformerもどうぞ!

参考URL
・http://www.gameinformer.com/b/news/archive/2018/05/24/death-stranding-will-need-global-player-cooperation-says-mads-mikkelsen.aspx