『ロケットリーグ』はローンチ後3年が経過するが、未だに最新作を発表する気配はなさそうだ――開発会社Psyonixにもその意向は見られない。

『ロケットリーグ』のディレクターScott Rudi氏は、スタジオはファーストバージョンのサポートを引き続き続けていくと述べている。『ロケットリーグ』のGame as a Serviceの成功モデルを拡大させる方が優先度が高いということだろう。

ファンを大切にすること、ファンと一緒にゲームを作り上げていくことを第一に考えている彼らにとって、急ぎ足で最新作を出さなくとも今の固定ファンを根付かせた方が収益は上がると考えているのだろう。

クロスプラットフォームのゲームでは、『ロケットリーグ』は大成功をおさめたタイトルだ。2015年7月のリリース以降、コンテンツも着実に拡充してきた。ゲームそのものに対してファンの評価が高い内は、新しいタイトルを引っさげて頑張る必要もない。ユーザファーストの観点で事業を運営するPsyonixの姿勢に習うところは多そうだ。

ロケットリーグ コレクターズ・エディションの商品情報

ロケットリーグ コレクターズ・エディションのジャケット写真
発売日
2018/07/26
発売会社
ワーナー・ブラザース・ジャパン
GEOで購入!

詳しくはvideogamerもどうぞ!

参考URL ・https://www.videogamer.com/news/rocket-league-2-is-probably-not-going-to-happen-anytime-soon