お待ちかね!『バイオハザード RE:2』のプレイ動画が公開!

カプコンはリメイクとなる『バイオハザード RE:2』のゲームプレイ動画を公開した。

公開された動画では、クレアが“G”と呼ばれるモンスターと戦っている様子が伺える。描画の美しさはさすがの一言。銃を打ち込む動作・弾薬カートリッジを入れ替える動作も非常にリアルだ。

今回公開された動画のシーンは、オリジナル版で言うところの「B シナリオ」に当たるだろう。気になるのは、”G”の動きが非常に遅いことだ。推測になってしまうが、難易度によって敵が俊敏に動くようになるのかもしれない。

また、カプコンによると、今回のリメイク作はオリジナルのストーリーをまるっと移植したものではないとのこと。新たなマップが追加され、カメラパースペクティブ等も格段に向上しているようだ。

『バイオハザード RE:2』のリリースは2019年1月25日。対象マシンはPS4・Xbox One・PCを予定している。



参考URL : https://www.videogamer.com/news/resident-evil-2-gameplay-shows-off-an-epic-boss-fight

『コール・オブ・デューティ:WW2』第4弾となるDLCのネーミングが決定!間もなくリリース!

Activisionは『コール・オブ・デューティ:WW2』の第4弾DLCのネーミングが「Shadow War」になることを発表した。

「Shadow War」では、3つの新しいマルチプレイマップが追加される。それぞれ「Airship」「Chancellery」「Excavation」だ。

また、オペレーション「Arcane」という新しいWarモードが追加される――オーストラリアの山に潜む敵の研究施設に潜入するミッションのようだ。おなじみナチ・ゾンビの大群が押し寄せてくるが、新しい武器を使って蹴散らしてしまおう。



ちなみに、開発元のSledghammer Gamesによるとまだ公開されていないマップが幾つかあるようだ。ただし、現時点ではどのタイミングで公開されるのかは不明。DLC「Shadow War」はPS4で8月28日にリリース予定。PCとXbox Oneについてはもう少し先になる見通しだ。

参考URL : https://www.videogamer.com/news/call-of-duty-wwiis-next-dlc-is-called-shadow-war

アサシンクリードシリーズ、今後はリリースのサイクルを長めに変更か?

アサシン・クリードは、大成功をおさめたゲームシリーズの1つであることは間違いない。そして、これまでに1年のサイクルで新作を送り出してきた。最新作の『アサシン クリード オデッセイ』もこの10月にリリースされる予定だ。

だが、ユービーアイソフトとファンは、1年毎のリリース頻度のためにゲームクオリティが望むものに達していない恐れがあると感じ始めているようだ。 さかのぼること2015年、ユービーアイソフトは『Assassin’s Creed: Syndicate』をリリースしたが、売上は期待するほどには伸びなかった。

その後、『アサシン クリード オリジンズ』でシリーズのリブートを行うと共にシリーズの陳腐化から脱出したように思う。ユービーアイソフトのCEO:Yves Guillmot氏によると、アサシンクリードシリーズは2020年まで新作を出さない予定だとのこと。

また、Guillmot氏は「アサシン クリード オデッセイ」はかなりのコンテンツ量を備えており、数年は遊べるはずだ」と語っている模様。「アサシン クリード オデッセイ」の後2020年までシリーズ新作を出さないことを考慮すると、「オデッセイ」では相当量のDLCを用意してくれているかもしれない。リリースを楽しみに待とう!



参考URL : https://www.dualshockers.com/ace-combat-7-gameplay-gamescom-2018/