懐かしの名作『鬼武者』のリマスター版が最新コンソールに帰ってくる!

カプコンは『鬼武者』のリマスター版をPS4、PC、Switch、Xbox Oneで2019年1月15日にリリースすることを発表した。 侍を題材にしたアクションゲームで、当時はPS2で発表されたタイトル。今回のリマスター版ではグラフィックやサウンド、アナログスティックのサポートが加わるようだ。

オリジナル版のリリースは2001年。全世界では200万本の出荷本数を記録した。その後、最新作『新 鬼武者 DAWN OF DREAMS』まで発売されている人気シリーズだ。

参考URL : https://www.videogamer.com/news/onimusha-warlords-remaster-announced

『ドラゴンボールファイターズ』にクーラーが参戦!フリーザ様と夢のタッグも組める!

バンダイナムコエンターテイメントは『ドラゴンボール ファイターズ』のキャラ:クーラーにスポットを当てた動画を公開した。

今回の動画では、クーラーとフリーザ、そしてギニューがチームを組む、ゴクウ、べジータ、ゴハンのチームと対戦している。 ファンにとっては、ノーカットのゲームプレイ動画なのは嬉しい限りだろう。

クーラーは9月の末に投入される見込み。またもう1人追加キャラがいるようだが、まだ詳細は明らかになっていない――噂では17号だとか。

参考URL : https://www.dualshockers.com/dragon-ball-fighterz-cooler-gameplay/

『バイオハザード: RE2』の後にもリメイクは控えているのか?

『バイオハザード2』のリメイクにファンはどう反応しただろうか?さすがに20年近く前のタイトルなだけに、30代前半未満のゲーマーはどんなゲームなのか全く知らないかもしれない。そういった点では、今、リメイクを作ることで新たな層からの支持を集めることもできる可能性はある。

RE2は追加のDLCや新しい敵などは用意していない模様。グラフィックの向上と操作性・カメラ視点を劇的にグレードアップさせたタイトルになるだろう。

また、カプコンが更なるリメイク作を検討していることは驚くことではないだろう。カプコンもこれまでのタイトルをリメイクする可能性は否定してはいなさそうだ。順当に行くと、次のリメイクは「Resident Evil 3: Nemesis」になるだろうか。

『バイオハザード: RE2』は2019年1月25日にPS4、PC、Xbox Oneでリリース予定だ。 参考URL : https://www.gameinformer.com/gamescom-2018/2018/08/24/capcom-it-wouldnt-be-totally-laughable-to-remake-the-re-remake