『Red Dead Redemption 2』ロックスターゲームの開発チームは100時間/週で稼働中?!

ロックスターゲームのコファウンダー:Dan Houser氏は、『Red Dead Redemption 2』の開発チームが「100時間/週」で働いていることを明らかにした。 Houser氏によると、過去のロックスターのタイトルに比べて、『Red Dead Redemption 2』は“最も開発がハード”なタイトルとのことだ。

『Red Dead Redemption 2』は10月26日にPS4、Xbox Oneでリリースされる。前作が発売されたのが2011年――実に7年もの歳月をかけて開発してきた本作にかける期待は相当高いはずだ。もちろん、プレイヤーの期待値も高いだろう。

参考URL : https://www.videogamer.com/news/rockstar-has-put-in-100-hour-weeks-working-on-red-dead-redemption-2

『Call of Duty: ブラックオプス4』が好調なスタート!デジタル版はシリーズ最高の数字を記録!

Activisionによると、『Call of Duty: ブラックオプス4』のデジタル版の初日売上が過去最高を記録したと報じた。直近の『Call of Duty: WWII』の記録を打ち破り、順調なスタートを切ったようだ。また、初日のプレイヤーの数も『Call of Duty: WWII』を上回った。

Call of Dutyシリーズのマネージャを務めるRob Kostich氏によると、「コミュニティのユーザはマルチプレイヤーモードを楽しんでいる点は、今作でとても重要なことだ」と報じている。バトルロイヤルの色を前面に打ち出した本作が受け入れられていることの証とも受け取れるだろう。

好調なスタートを切った『Call of Duty: ブラックオプス4』、今後の展開が楽しみだ。

参考URL : http://gamingtarget.com/article.php?artid=18050

セガ、『シェンムー』のリマスター版の開発を断念・・・

『シェンムー』のリマスター版を計画していたと報じられたセガ。往年のファンにとっては嬉しいニュースだった。開発会社d3tにより、『シェンムー1・2』のHD版をPS4、PC、Xbox Oneで提供するという情報だったと記憶している。

ただ、ファンが期待する昨今のゲームのグラフィックレベルにまでは到達していないようだった――そして、とうとうセガは開発を断念した。理由は予算が追いつかなかったことによるらしい。Gamecube時代に比べ、最新コンソールに対応するとなるとジオメトリーなどが大幅に増えるのは想像できる――改修コストも相当なものになったのかもしれない。

参考URL : https://www.videogamer.com/news/sega-cancelled-a-full-fledged-shenmue-hd-remake