【2大巨塔】2019年のゲーム業界をリードするのはPS4?それともSwitch?

日本のコンソール市場で覇権を握る二大巨塔:PS4とSwitch――これから購入を考えている方も多いのでは?となると、各コンソールで今後発売となるタイトルは気になるはず。そこで、今回は任天堂(Switch)とソニー(PS4)の2019年発売予定のラインナップを並べてみた。

任天堂:Switchのラインナップ

<Switch:2019年ラインナップの一例>
– New スーパーマリオブラザーズ U デラックス
– フィットボクシング
– ヨッシークラフトワールド
– ファイアーエムブレム 風花雪月
– Marvel Ultimate Alliance 3: The Black Order
– Daemon X Machina
– ルイージマンション3
– どうぶつの森(タイトル未定)
– ポケモン(タイトル未定)
– ベヨネッタ3(タイトル未定)
– メトロイドプライム4

2019年の任天堂のラインナップは、ビッグタイトルが揃っている。年初にリリースとなる「New スーパーマリオブラザーズ U デラックス」を初め、「ファイアーエンブレム」シリーズの新作、「ポケモン」の新作もリリース予定だ。それぞれのシリーズのファンはリリースを待ちわびていることだろう。
こう並べてみると、任天堂のラインナップはアクション(マリオブラザーズ)からRPG(ポケモン)、シミュレーション(ファイアーエンブレム)まで幅広いジャンルをシリーズタイトルがカバーしていることが分かる。今年はSwitchの“当たり年”かもしれない。

ソニー:PS4のラインナップ

<PS4:2019年ラインナップの一例>
– みんなのゴルフVR
– Dreams
– MLB The Show 19
– Days Gone
– Concrete Genie(タイトル未定)
– MediEvil Remake
– The Last of Us Part II
– Death Stranding
– Ghost of Tsushima
– Monkey King
– Blood & Truth
– Erika
– Patapon 2 Remastered
– Wild


2019年のPS4のラインナップは、ちょっと物足りないかもしれない――2018年が豪華すぎた反動もあるだろう。とはいえ、シリーズ続編となる「The Last of Us Part II」や新規IPの「Death Stranding」など魅力的なラインナップも揃っている。それぞれどれほどの売り上げを達成するのか、期待したい。

参考URL : http://www.nextgenplayer.com/2019/01/nintendo-has-best-confirmed-lineup-of.html