【お疲れ様】ソニーのPS Vitaの生産が終了――モバイルゲーム端末の主役はスマホに移行

この度、ソニーはPS Vitaの生産を終了したことをアナウンスした。今後、システムのアップグレード等が行われることもないだろう。2011年の12月にリリースされてからほぼ7年――遂にその役目を終えることになった。

リリース直後の1年半程度はPS Vitaのラインナップは力強いタイトルが並んだ。クオリティもコンソール機並みで、ユーザの支持も高かった。

だが、2013年11月にPS4が発売されてからは、PS4ソフトのリモートプレイのための端末として使われることが多くなった。また、モバイルゲームの主戦場がスマートフォンに移行しはじめたのもこの時期からだろう。

そして2019年現在、ゲームがクロスプレイに対応していればスマホでもコンソールでもおなじアカウントで遊ぶことができるようになった今、スマホと据置コンソール機があれば、どこでもだれとでもゲームを楽しむことができる。スマホの普及にあたり、PS Vitaの強みはどんどん小さくなっていったのは間違いなさそうだ。

ソニーからPS Vitaの後継機にあたるデバイスは発表されていない。


参考URL : https://www.videogamer.com/news/ps-vita-production-has-officially-come-to-an-end