【歴代ゲームNo.1の難易度!?】『Sekiro: Shadows Dies Twice』にEasyモードは搭載されるのか

『ダークソウル3』『Bloodborne』を送り出してきたフロム・ソフトウェア。非常に難易度の高いタイトルをたくさん送り出してきたことで有名だ。「死にゲー」というジャンルが生まれたのも、フロム・ソフトウェアあってのことだろう。

そして、最新作の『Sekiro: Shadows Dies Twice』もまた、非常に難易度が高い――プレイヤーの中にはフロム・ソフトウェアのタイトルの中でも過去最高の難しさと認める方も多いようだ。そして、フロム・ソフトウェア恒例の“Easyモードは非搭載”ときている。

難しさを求めるハードコアなゲーマーにとって、本作は最高のゲームの一本になるだろう。一方、程ほどの難易度でストーリーを楽しみたいライトなゲーマーにとっては、本作に苦痛を感じてしまうかもしれない。

今後のアップデートでEasyモードを搭載してくれるかは、フロム・ソフトウェア次第。エンドユーザの声に応えるか、自社が持つゲーム哲学を貫くか――これまでのタイトルを振り返ると、Easyモードの搭載はなさそうだが、一抹の期待を抱きたい。


参考URL : https://www.videogamer.com/news/cd-projekt-red-teases-most-important-ever-e3