【PS4の名作も遊べる!】PS5のPS4互換性は販売台数に大きく影響しそう

先日、プレステ4のリードアーキテクトを務めたMark Cerny氏は、次世代のプレステ(PS5)を開発中であることを明らかにした。気になるのは互換性の機能だ。

情報メディアのWiredのインタビューの中で、Cerny氏はPS5はPS4と互換性があることを明らかにしている。詳細については語られてはいないが、公式にPS4との互換性があることを公式にアナウンスしてくれたのは、エンドユーザにとっては嬉しい情報だ。

互換性という点では、PS4のライバルマシンであるXbox OneがXbox360と互換性を持っている。が、全てのタイトルが対応しているわけではないため、悩ましいところでもある。

ソニーも過去に、PS2でPs1のタイトルを遊ぶことができる時代もあった。だが、その後のPS3とPS4では互換性は搭載されなかった。そのため、魅力的なタイトルが発売されるまでは、PS3・PS4とも販売に苦戦を強いられたはずだ。

もしPS5にPS4の互換性があれば、魅力的なPS5のタイトルが無くてもPS4の名作を楽しむことができる――エンドユーザがPS4を中古で売りに出し、PS5に買い替える動きも期待できそうだ。あとは、どこまで互換性があるか――エンドユーザが完全互換性を望んでいるのは間違いないだろう。

参考URL : https://www.ibtimes.com/why-ps5s-backwards-compatibility-feature-can-beat-xbox-ones-version-2786073?amp=1