【本編以上の魅力アリ?!】『ファイナルファンタジー15』は未完だった・・・物語の続きが小説で明らかに!

スクウェア・エニックスは『ファイナルファンタジー15』で複数のDLCエピソードを計画していたが、最終的にはアーデン編のみをリリースすることに決めたのは記憶に新しい。そして、アーデン編以外のエピソードは小説として提供すると述べていた。



この度その小説がリリースされた。小説から明らかになったことは、ゲーム本編は未完成の状態で終了し、小説のエンディングはハッピーエンドたということ――読み終えたファンの満足度はかなり高いようだ。

小説のストーリー展開は納得の出来。当初から小説となったDLCのエピソードを展開する構想はあったのではないだろうかと思ってしまうくらいだ。中途半端な形で終焉を迎えることになったゲームの『ファイナルファンタジー15』に少し勿体なさを感じる人も多いだろう。

今回の轍は次作に活かされると期待したい。

参考URL : https://gearnuke.com/final-fantasy-xv-cancelled-dlc-concept-tells-an-interesting-alternative-bittersweet-ending/