【クラウドゲーム戦争】xCloud vs. Stadia、マイクロソフトが一枚上手?

ソニーとマイクロソフトのハードウェア戦争はxboxとプレステ2がリリースされた2001年に始まり、2019年現在、ソニーに軍配があがったとみてよいだろう。そして、次はクラウドゲームでの戦争が起きそうだ。現時点ではマイクロソフト(xCloud)とグーグル(Stadia)の戦争になるだろう。
もちろんソニーも一角に入ってくる可能性は高い。

StadiaもxCloudもリリース日はまだ不明だ。だが、両者ともゲームの世界を大きく変えようとしているのは間違いない。Stadiaはネット環境とディスプレイ、コントローラーさえあれば気軽にゲームをできるサービスを目指す。一方のxCloudは今までと同じく筐体があり、インターネットからゲームをダウンロードするサービスになりそうだ。

ちなみに、クラウドゲームの市場は今後拡大が見込まれ、2026年までに69億ドルに達すると予想しているアナリストもいる模様。また、アナリストは最有力候補としてマイクロソフトを挙げている。理由として、ゲーム制作スタジオを保有していること、長年の経験値があることを挙げている。テクノロジーとコンテンツの両輪が揃うことが重要だ。


参考URL : https://www.inverse.com/amp/article/55486-stadia-xcloud-google-microsoft-cloud-gaming