小島秀夫氏、『Death Stranding』の役に本当はあの俳優を起用したかった?!

小島秀夫氏はComic-conのパネルで『Death Stranding』について語った。
どうやら、小島氏はクリント役にキアヌ・リーブスではなくマッツ・ミケルソンを抜擢したかったようだ。

また、『Death Stranding』が他のビデオゲームと異なる点についても熱く語っている――ハリウッド映画のような現実世界とは全く異なる世界を作り上げ、異次元ともいえる体験を提供することを目指したようだ。

小島氏は映画の「ブレードランナー」や「2001年宇宙の旅」のように、長年にわたって語り継がれるゲームになると期待している模様。

『Death Stranding』はPS4独占で2019年11月にリリース予定だ。


参考URL : https://www.videogamer.com/news/hideo-kojima-chose-mads-mikkelsen-over-keanu-reeves-for-death-stranding-role