【死にゲー最高難易度!】『Sekiro: Shadows Die Twice』が全世界出荷本数400万本!

カドカワの決算発表によると、子会社であるフロム・ソフトウェアが開発した『Sekiro: Shadows Die Twice』の全世界出荷本数がおおよそ400万本を達成したようだ。

ローンチ後の10日で200万本を売上げたともいわれる本作。その後の4ヵ月で更に200万本程を売り上げたことになる。節目となる出荷本数500万本の達成も現実味を帯びてきた。

Sekiroのディレクターを務めた宮崎英高氏は、過去にダークソウルシリーズも手掛けてきた。今回のsekiroの成功をうけて、死にゲージャンルの勝利の方程式をものにしたのではないだろうか。次はどのような死にゲーを生み出してくれるのか楽しみだ。

※ちなみに、宮崎氏は過去に「バトルロワイヤルに注目している」と語っていた――死にゲーからは少し距離を置いて、バトルロイヤルのゲームにトライすることもあるかもしれない。


参考URL : https://www.videogamer.com/news/sekiro-shadows-die-twice-has-sold-almost-four-million-copies