【今がチャンス!】Ubisoft、新IP・新ジャンルに挑む!【背景には大企業の株式売却アリ】

海外のインタビューの中で、Ubisoftのエグゼクティブディレクター:Alain Corre氏は、新しゲームフランチャイズをもって、新しいプラットフォームで新しいテクノロジーを試したいと答えたようだ。

この度、フランスのコングロマリット:VivendiがUbisoftの株式を売却したことで、同社はゲームタイトルについての決定権を掌握することができるようになったとのこと。新しいジャンル、新しいIPにも積極的にチャレンジしていく体制が整ったということだろう。

2020年2月にリリース予定の『Gods & Monsters』はギリシャ神話を題材にした新IPの一つだ――Corre氏は同タイトルのゲーム化にかなりの自信を見せているようだ。



ちなみに、Ubisoftが控えるリリースタイトルには大作が並ぶ――『ウォッチドッグス Legion』『ゴーストリコン Breakpoint』『レインボーシックス Quarantine』。これらと比較して『Godsが & Monsters』がどれほどの売り上げを達成できるか。Ubisoftとしても期待は大きそうだ。

参考URL : https://www.videogamer.com/news/ubisoft-executive-director-says-its-the-right-time-to-create-new-genres-and-new-ips