『フォートナイト』、2018年に比べると2019年の収益は下落?ライバルのPUBGは?

圧倒的認知度を誇る『フォートナイト』の収益が着実に減ってきている――データアナリスト会社:Edison Techが発表したところによると、2019年のQ2は2018年のQ2に比べて、プレイヤーの課金額が52%も下落したようだ。

これまではバットマンやアベンジャーズ、ボーダーランズ等のクロスオーバーイベントを通じて限定スキンなどで収益を確保してきた――Edison Techによると、2017年11月から2018年5月にかけてプレイヤーのゲーム内課金が110%も増加、その後2018年12月にピークに達したが、今現在、その熱はかなり冷めてきたとのこと。

ちなみに、バトロワの競合:PUBGは認知度こそフォートナイトに劣るが、売り上げは2018年のQ2と2019年のQ2で2%しか下落していない――とはいえ、フォートナイトの売上には及ばないわけではあるが。

2018年のフォートナイトの盛り上がりが異常だったとも考えられそうだ。2018年から続くバトロワ人気は2020年も続くのか、今後の展開にも注目したい。


参考URL : https://www.videogamer.com/news/fortnites-revenue-is-down-by-52-per-cent-in-comparison-to-last-years-earnings