【絶好調!】Switchの米国販売台数が1500万台を突破!

2019年、米国で最も売れたコンソールはPS4でもXbox Oneでもなく、Switchとなりそうだ――既に1500万台を売上げたと言われている。

2019年9月に発売されたSwitch Lightも1500万台到達に大きく貢献したのは間違いないだろう。2017年の発売後、順調に販売台数を伸ばしてきている。

ちなみに、任天堂のレポートによると、販売台数は前年に比べると20%の伸びを記録しているという。背景にはビッグタイトルが立て続けにリリースされたことがあるだろう――2019年はファイアーエンブレムの新作、マリオメーカー2、ポケットモンスターの新作がローンチされる。

また、『マリオカート8 デラックス』『ゼルダの伝説:ブレス・オブ・ザ・ワイルド』『スーパーマリオ オデッセィ』『大乱闘スマッシュブラザーズ スペシャル』に至っては米国だけで600万本の出荷本数を超えており、高い人気を誇っている。

来年も引き続き好調な販売台数を積み上げてくるのか、注目したい。


参考URL : https://twistedvoxel.com/nintendo-switch-north-america-15-million/