【ディレクター語る】話題の新作『The Outer Worlds』、100時間では遊びつくせない?

Obsidian Entertainmentが開発を務めた『The Outer Worlds』のリリースが目前に迫ってきた。ディレクター:Leonard Boyarsky氏とTim Cain氏が海外メディアのインタビューに答えたところでは、本作はダークでシニカルなRPGに仕上がっているようだ。

ゲームは『Fallout』の開発を共に進めてきた二つの開発者のチームが手掛け、Boyarsky氏は「できる限りのことはやりつくした」と語っており、自信をのぞかせている。一方、Cain氏は2年物間は遊びつくすことができると述べており、彼自身少なくとも15回は遊んだと語る。また、二人はゲーム開発に与えられた時間と予算が、モチベーションの源になっていたという。

プレイヤーの思い通りにゲームを遊ぶことができ、また、行動の一つ一つがゲームに影響してくる作りは非常に興味深い――今後のゲーム開発の主流になっていく可能性もゼロではないだろう。『The Outer Worlds』はPS4、Xbox One、PCで2019年10月25日にリリース予定。


参考URL : https://www.videogamer.com/news/the-outer-worlds-wont-be-a-100-hour-epic-says-co-director